2020年03月15日

■工房のウルシ畑の手入れに行ってきました。

作品制作も大事な工房の仕事ですが…。
工房のウルシ畑の管理も、欠かせません;;

工房は香川県善通寺というところにありますが、ウルシ畑は同じ県内でも高松市内の五色台という山塊の中にあります。
車で工房から1時間弱くらいのところです。
もう草木が動きはじめていますから、これからは草刈りが大変になりますね〜(^^;)
(同年代の漆掻き友人も、おなじような愚痴が…)


↓工房のウルシ畑の一部。
DSC_2020_0008.jpg
畑は上二段、少し離れて下に一段に別れており、こちらは上の段の畑です。
一番最初に、苗木植栽をした場所で、順調にウルシ畑ができ、ここで漆掻きをしています☆
(漆掻きのあと、松本が伐採したウルシの木が奥に見えますね〜手前の細いのはひこばえです)


上の段の畑の植栽のあと、下の段の畑も同様に、苗木を植えていましたが…。
こちらはなぜか、うまく根付く苗木が少ないのが悩みどころです;;(;><)
(なぜだろう…)


↓下の段の畑のウルシの木ちゃん。
DSC_2020_0004.jpg
かな〜り前に植えた苗だけど、思ったように根付かないようです。
上の畑が順調なので、よけいにその落差に「???」となります。


下の畑は、ウルシの木がまばらなので、先日、松本が補植してきました。


↓補植した苗木ちゃんたち。
DSC_2020_0006.jpg
この赤い目印の棒は、とっても大事なものです!
しばらく目を離したスキに、あっという間に畑は雑草雑木だらけになります;;

雑草に埋もれてしまうと、苗木に十分な日光が当たらずうまく育ちません。
また、草刈りの時に目印がないとうっかり刈り取ってしまう…ということもあるのですね。

漆掻きのあと伐採→再生
新たなウルシの木を植えて育てる。

そのサイクルを続け、理想の漆樹液を追い求めようと思います。(^^)


DSC_2020_0048.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

まるでひなたぼっこしているような、「猫地蔵」ちゃんです。
高知県の彫刻家さんの作品で、工房の入り口に置いています。
ミルミルがうり坊も、この子の近くでのんびりしていたりするんですよ〜。

見るたびに、ちょっと表情が変わって見えるような…。
そんな不思議な石の猫ちゃんです☆



2020年03月12日

■オーダー品の欅の木地溜湯飲みです。

今日も、先日納品したお客様のお品をご紹介したいと思います。
(*´∀`*)


↓欅の木地溜湯飲みです。
2020_3_9975.jpg
ご夫婦でお使いになるそうです☆
お客様のご希望でつや消し仕上げにしました。
2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるしを使い、このような表情になりました。(^^)
10年以上、工房で熟成させた、こだわりの漆です。

2020_3_9979.jpg


IMG_2145-thumbnail2.jpg
別のお品ですが… ヒノキの湯飲み。
この湯飲みは別のお客様のオーダー品サンプルだったのですが…。
今回のお客様は、これを気に入られてケヤキ材で木地を挽きました。

漆と木地、同じ日本産と言えども〜〜〜〜
こんなに雰囲気の異なる仕上がりになるのですね!

あっ、国産漆の表情の違いは、松本の長年のオタク研究で出せたものです☆
国産漆の中でも選りすぐりのものをコレクションしています。
国産漆でありさえすれば…というわけではないのですヨ。


それでも、しみじみ比べてみて…。
私も改めて漆の器っておもしろいなあ、楽しい世界だなあ…とつくづく思いました。



2020_3_0059.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
いよいよ春の萌芽を思わせる、ウルシの木ちゃんです。
また、あの炎のようなみずみずしい新葉を見るのが楽しみです!!


posted by 宮崎佐和子 at 20:25| Comment(0) | オーダー品

2020年03月10日

■オーダー中・修理品をお待ちのお客様へのお知らせ。

タイトルの通りですが、弊工房にお品をご注文中のお客様に、大事なお知らせがあります。
オーダー品の完成をお待ちの方、ぜひごらんくださると、有り難くおもいます。


matu_line.jpg 

●LINE(ライン)という、コミュニケーションアプリをお使いの方へ。
上記は 松本和明 のQRコードです。
ぜひ、ご登録をしてお問い合わせにご利用下さい。写真貼付、無料通話などで詳細をお知らせしたいと思います。
(ハンドルネームとご実名が異なる場合は、お名前もご一緒にお知らせください)



2020_3_0070.jpg

ただいま、弊工房ではたくさんのオーダー品、修理品をいただいております。
早いもので数ヶ月〜1年くらいでお渡しできるのですが、中には予想以上に時間がかかるものが多々あり、
(漆が思うように乾かず作業が進まない、製作中に木地に問題が出てきた等)

お客様にはたいへんご迷惑をおかけしています;;(;><)


●オーダー品・修理品の作業の進行について
オーダー品・修理品の作業は、年に数回行う作品展の作品制作の合間のすき間に作業を入れ、近い作業のお品と一緒に進めることが多いです。
なので、年間でオーダー中・修理品の作業の時間は限られているのです…。
また、繁忙期(8〜12月上旬)にご依頼を受けたものは年明けより、基本的には依頼順に進めております。


「依頼してあるお品の様子を知りたい」と思われている方もたいへん多くいらっしゃることでしょう。
わたしも常々気にかけています…;;


本来でしたら、こちらからこまめに詳細を定期的にお客様にお伝えすべきとことなのですが…。
が、二人だけの小さな工房のうえ、ここ数年、わたし宮崎の体調もすぐれず、なかなか思うように体力が回復しません。娘も小学校に上がり、昨今細かな雑事も増えてまいりました。
もともとマイペースの工房ですが;; 
最近は特に、全体として、作業の進行は遅れ気味になっております。


そこで、上記のツールをご利用できる方はご遠慮なく、お気軽にお使いいただけますと幸いです。
(ハンドルネームとご実名が異なる場合は、お名前もご一緒にお知らせください)

いつもお客様にご迷惑をおかけしており、申し訳ありません。
心からお詫び申しあげます。
ご不明点等ございましたらお気軽にお知らせ下さい。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


posted by 宮崎佐和子 at 14:07| Comment(0) | オーダー品

2020年03月07日

■イケメン猫ちゃんのめんぱお弁当箱です。

続けて、先日お客様に納品したオーダーのお弁当箱をご紹介したいと思います。
(*´∀`*)


2020_3_9956.jpg
ツヤツヤ外黒のぜいたくなお弁当箱…!!((( ;゚д゚))
うるうるしたみずみずしい塗り肌が魅力的です。
制作に使用した技法も、かなり手の込んだものなんですよ。
でも、このうるつや感、磨いて仕上げたものではなく、工房にあるレア国産漆の一つを使ってしあげたものです。
工房のストックしてある数ある国産漆の一つの表情なんですよ☆
(うちの工房のこだわりです)
今回は、お名前入りのウルシの木の箸箱&お箸もセットでご注文いただきました。
このお箸箱には保多織(香川県の伝統的工芸品織物)がありますよ〜〜。
お弁当箱も、同色の袋をお付けしました。


↓内側は、お客様の愛猫のハチワレ美形君がてんこもり!!笑
2020_3_9959.jpg
※前回の作業の様子

お客様からいただいた猫ちゃんの写真でいろんな姿態を松本が描きました。
(こういう絵付けは、松本はとっても得意なのです…!)
ただ、線描では、白黒ハチワレの魅力が出にくいので、黒漆で水墨画のようにぼかしこみ、濃淡色を入れてみました。(おっと、これはわたしの仕事〜〜)

2016年にお受けしたオーダー品なので、いったいどれだけお待たせしたか…(;><)
このうるつや塗りが、工房の秘伝??でして、いっそう時間がかかってしまいました;;
しんぼう強く待って下さったオーダー主さんには本当に感謝です。

---------------------------------------------------------
このめんぱ(曲げワッパ)のお弁当箱は、木地師さんのご都合で、木地の仕入れができなくなり、2016年頃でオーダーの受付をお休みしています。
また、めんぱ(曲げワッパ)のお弁当箱は工房独自で開発したいと思っています。
(↑が、時間が足りずなかなか進まない 涙)
何とぞよろしくお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------

2016年にお受けしたお弁当箱、まだお二人分ほど残っています。(すみません)
がんばらばければ〜〜〜。


さて、今日のおまけ写真は…2020_3_0057.jpg
最近の陽気で、工房の庭のモクレンちゃんが一気に開き始めました!
野にやってくる鳥たちもだんだん種類が入れ替わってきてますね…。

例の憎いウィルスも、春になれば落ち着くのでは…?
と訪問に来られた置き薬の担当者さんもおっしゃっていました。
ほんとうに本格的な春が待ち遠しいです。(*´∀`*)



posted by 宮崎佐和子 at 16:23| Comment(0) | オーダー品

2020年03月05日

■オーダー品のバターナイフです。

もう少しで確定申告が終わりそう…。たぶんですが。(;´Д`)
明日は税理士さんのところへ行きます。

そして先月は、更新がぜんぜん出来ていなかったので;;3月は取り戻したいと思います。


↓こちらオーダー品のバターナイフです。
2020_9967.jpg
2020_3_2_9970.jpg
使いやすくてお洒落なバターナイフって、あるようで見かけないものです。

このバターナイフは、水目桜で松本が削り上げて木地を作りました。
濃いめの木地溜ですが、刃の部分は錫で蒔絵をしてあります。
磨いて仕上げたので、しっとりとした質感です。

2020_3_9973.jpg
スカッとバターが切り分けられますよ!
ご注文のお客様にも、喜んでいただけてホッとしています。


2020_DSC_0025.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
お昼寝中のミルミルです。
猫の平均寿命を越え、そして闘病中(慢性腎不全)ですが…。
食う・寝る・遊ぶ、で元気いっぱいです。
…しかも、新たなボーイフレンドもできたり… ((( ;゚д゚))

羨ましいかぎりです!!


posted by 宮崎佐和子 at 21:45| Comment(0) | オーダー品

2020年03月03日

■虎杢入りのサラダボールです。

久しぶりに買い物に出たら、話題のマスクだけでなく、トイレットペーパー・ティッシュ・キッチンペーパー、そして生理用品までゴッソリと商品棚が空っぽになっていて、びっくりしました…。(((( ;゚д゚))))
もちろん、多くのお客さんはカートにこんもりとそれらの商品を乗せている方でいっぱい;;
ニュースで見た光景が、まさか地元香川県でも起きているなんて驚きです。

幸い、松本家ではマスクは数年前にダンボール買い、トイレットペーパーその他も騒動前に普通に買ったばかりだったので、「うわーー」で済んでいますが…。
困っている方、多いでしょうね。

小学一年生の娘の三学期も強制終了しましたし;;
なんだか前代未聞の年度末となってしまい、はやく落ち着いてほしいものですね。(;><)


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
IMG_9910.JPG
栃材、たくさんの虎杢入りのサラダボールです。
松本和明が2018年に採取した、五色台にある工房のウルシ畑の漆、香川県産100%で仕上げています。
杢の美しさをより活かすために、うちの工房では珍しく?呂色仕上げとなってますよ〜。

透明感あふれる器となっています☆


2020_0019.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
最近の暖かさのおかげか、前回のサナギからモンシロチョウちゃんが羽化しました!
…幼虫60匹の中で残った、貴重な一匹…!!!!!
しばらくしたらいなくなりましたが、無事に野原を飛んでいるのでしょうか。
(*´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 15:59| Comment(2) | 作品(松本和明)

2020年02月15日

■ウルシの木のひこ生えたちです。

暖かくなったり、寒くなったり…。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。(*´∀`*)

寒い時期は、保温のため作業部屋はいつも漆が喜ぶような暖かい温度にしておかなくてはなりません;;
今年度の冬は暖冬だったので、燃料代はあまりかかりませんでしたが…。

松本は漆のイベントに出席したり、ほかいろいろ用事があって出たり入ったりしています。
なので、いま、漆の作業はちょっとお休み中です…。
(わたしは確定申告の準備中)(;´Д`)


↓松本が、植栽用のひこ生えを用意しています。
2020_0007.jpg
もう、20本以上はあつまったかな…?
もうすこし用意する予定なんです。
(今日もウルシ畑に行きました…)

2020_0011.jpg
まだ2月中旬ですが…。
4月になると、若葉が萌え出てきますよ!
鉛筆以下の小さなチビッコ苗木ちゃんは、感受が高いので3月でももう葉が伸びてきたりします。

もう近くまでやってきた春…。
先月からやってきた、たくさんのツグミたちが工房の周りを歩いたり飛んだりしています。
このツグミたちがなんとなくいなくなる頃にいつも「春」が景色を包んでいいるんですよ。
毎年、確実におどずれる「春」ですが、本当に待ち遠しいですねえ…☆



さて、今日のおまけ写真は…
2020_0014.jpg
これは… ゴルゴダの丘?
いえいえ、越冬中のモンシロチョウのさなぎたちです。笑
晩秋の花キャベツについていた青虫を、ご近所さんが駆虫していたので、お願いしてもらってきました。
その数、なんと60匹以上!!!(((( ;゚д゚))))
しかし、寄生虫にやられていたり成長しなかったりで、
こうしてサナギになったのはたった12匹でした…。涙

チョウチョになるところを早く見たいものです。 (*´∀`*)




posted by 宮崎佐和子 at 13:12| Comment(0) | ウルシの植栽

2020年01月29日

■内金箔のお吸い物椀。

先日、工房で身内のお祝いの集まりをしました。(*´∀`*)
いろんなお料理をケータリングして、楽しみましたよ〜。


↓その日のお吸い物。
IMG_20200126_130904_1.jpg
内金のお吸い物椀、もちろん工房作です☆
松本が出汁を取り椀種を作りました。椀種は、ささみ団子とミツバです。
ささみ団子は柚子を効かせ、周囲に薄く片栗粉をまとわせて、しっとりとさせていました。

おめでたい雰囲気が一気に漂うひとときです。

  



2020_9991.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

うり坊に新ライバルの登場です!!(((( ;゚д゚))))
うり坊の小さなナワバリを荒らしに来た、デッカイぶち猫くん…。
やばいです、うり坊絶対負けます、致命傷うけます!!

この日は、にらみ合いでぶち猫は去っていきましたが…。
また工房の敷地近辺が尖閣諸島化しそうな予感です。(;´Д`)


posted by 宮崎佐和子 at 17:06| Comment(0) | 金箔の仕事