2018年12月09日

■銀彩つばき尽くしの細長角弁当箱 をアップしました。

一気に冷え込みましたね!!
いつもはクールなむぎ君(キジトラ雄)が、やたら最近は私にひっつきたがり…
寝る時は、おふとんのなかにめり込んできます!(寝苦しい)(;´Д`)

さてさて…
先月は繁忙期のためお休みしていましたが;;
ショップに、新作のお弁当箱をアップしましたので、ごらんくださるとうれしいです。
(*´∀`*)


↓銀彩つばき尽くしの細長角弁当箱。
tubaki_0825.jpg
細長タイプの長方形のお弁当箱です♪♪

tubaki_0795.jpg
手に取るとこのようなサイズ感です。
幅 21.5cm、奥行 11cm、 高さ10.2cm(二段重ねて、蓋をした全体のサイズ)

tubaki_0756.jpg
松本の絵付けによる、渋めのつばきの銀彩が外側全体に描かれています。
材はトチ材、トチらしい美しい杢目がところどころに見られます。

2018_0697.jpg
角のお弁当箱は、おかずを詰めるのがラクなことが多いですよね〜。
(モデルのお弁当箱は別の木地のものです)



↓木地溜の二段重ね丸弁当箱もアップしていますよ。
kiji_E_0760.jpg

これらのお弁当箱は、ネットショップのみでの取り扱いとなります。
詳しくは各ページをごらん下さるとうれしいです。(*´∀`*)


2018_0829.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

真っ赤に紅葉した、工房の庭のウルシの葉っぱです☆
もうほとんど落葉していますので、
色味の少なくなったお庭でひときわ目立ちます。


posted by 宮崎佐和子 at 16:08| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2018年12月06日

■新宿での作品展開始と、枇杷(びわ)材の酒器2

昨日から、作品展が始まっています。
お近くまで来られましたら、ぜひお寄りくださいませ。(*´∀`*)

DSC_0619.jpg

DSC_0622.jpg

和うるしの器展
12月5日(水)〜11日(火)
会場/新宿高島屋店10階 特設会場
(中央エスカレーター前)

※会場では松本がお待ちしております。


↓前回に引き続き、枇杷(びわ)材の酒器のご紹介です☆
2018_9962.jpg
径7cm前後のぐいのみたちです。
枇杷材の素朴な木目が楽しめるような仕上がりになっていますよ〜。

2018_9967.jpg
口縁の仕上がりにも注目です☆

このほか、いろいろ新作をご用意しています。
ぜひ、手に取ってごらんくださいませ。

posted by 宮崎佐和子 at 13:47| Comment(0) | 作品展

2018年12月04日

■新宿高島屋さんでの作品展のお知らせ。

今年最後の作品展です。
明日からの開催となります。(*´∀`*)

sinjuku_9912_2.jpg

和うるしの器展
12月5日(水)〜11日(火)
会場/新宿高島屋店10階 特設会場
(中央エスカレーター前)

※会場では松本がお待ちしております。




****************************************

イメージ写真は、径10cmも見たないような、可愛らしいミニサイズのお弁当箱です♪♪
2018_0639.jpg
9.5cm栃銀彩二段弁当箱「さくら」

二段と三段があります。
ぜひ、会場でごらんくださいますと嬉しいです。(*´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 16:50| Comment(2) | お知らせ

2018年11月30日

■枇杷(びわ)材の酒器、いろいろ。1

横浜の作品展がぶじ終わりました。
多くのご来場、本当にありがとうございました。(*´∀`*)
ご遠方からもいらしてくださって、誠に有り難いことだなあと思いました。
来週は引き続き、新宿で作品展がありますので、こちらもよろしくお願い申し上げます。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
新作の一つの酒器です。


↓軸付きの酒器、松本の挽いたこだわりの形です☆
2018_9920.jpg
枇杷冷酒杯。
径は6cmほど、高さは15cmのスッキリしたスタイルです。
材は、ちょっと珍しい枇杷(ビワ)材です。
あまり大きな木ではないので、小ぶりな酒器を多く作りました。

2018_9924.jpg


↓枇杷ぐいのみ。
2018_9931.jpg
こちらも、軸付きのぐいのみです。
径は6cm強ですが、高さは9cmほどです。
かわいらしい感じですね。

↓手に取るとこのようなサイズ感です☆
2018_9935.jpg

枇杷は、たまたま手に入った材で、独特の木目を持っています。
果樹として有名ですが…こんな器になると思うと、ちょっとたのしいですね♪♪


2018_0620.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
お昼寝中のむぎ君です。

ホント、うとうと眠りたくなるような日だまりですね!!
もう明日から12月ですが、例年より暖かいような気がします。


posted by 宮崎佐和子 at 10:01| Comment(2) | 作品(松本和明)

2018年11月22日

■横浜高島屋での作品展、始まりました。

横浜高島屋さんでの作品展、ぶじ始まりました。(*´∀`*)
さっそくご来場下さいまして、本当にありがとうございます。


DSC_0608.jpg
11月21日(水)〜27日(火)
会場/横浜高島屋7階 特選漆器売場


会場では、作務衣姿の漆のおじさんが、実演しています。
気軽に声をかけてくださいね!


↓さて、こちらは…
2018_9988.jpg
新作のデミタスカップです。
サイズはほぼ同じですが、いろんなフォルムがありますよ〜。
2018_9997.jpg

↓横並び。
2018_9998.jpg
手に取って、いちばんしっくりする形を選んで下さいね♪♪


2018_0067.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
いよいよ落葉に向かって進んでいるウルシの木ですが、
こちらは秋になってから芽生えた葉です。

小春日和の中で、このライトグリーンがよく映えます☆


posted by 宮崎佐和子 at 11:08| Comment(0) | 作品展

2018年11月16日

■横浜での作品展のお知らせ。

さてさて、いよいよ来週から横浜で工房の作品展が始まります。
今日はそのお知らせをいたします。(*´∀`*)

yokohama_DM_2.jpg

11月21日(水)〜27日(火)
会場/横浜高島屋7階 特選漆器売場


※会場では松本がお待ちしております。

椀、カップ、皿や鉢、酒器、重箱、スプーン等、工房で長期熟成した国産漆100%で制作したうつわや装身具などが並びます。
国内でもごく少量しか流通していない、国産うるし。
その国産漆の中でも、工房がよりすぐって仕入れた上質の漆(主に岩手県浄法寺産、茨城県産)のみを使った、こだわりの器ばかりです。
どうぞ、お気軽にごらんくださいますとありがたく思います。

****************************************


大きな地図で見る



2018_0252.jpg

さて、今日のおまけですが… 
ぶじ七五三が終わりました!!
…ほんとうにホッとしました。
お天気に恵まれて、うれしく思います。
私の着た着物も、ン十年の歳月を経て、ひさびさに太陽の光を浴びました。
(保存してくれた母、ほんとうにありがとう)

あとは、年内の作品展に向けて、ダッシュしますね!!


posted by 宮崎佐和子 at 23:24| Comment(0) | お知らせ

2018年11月15日

■栗の木の新作れんげです。

今日は15日、いよいよ娘の七五三です。
お天気がよくて、ほんとうに良かった!!!
この記事をアップしたら、出かけます。(*´∀`*)

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓栗の木の新作れんげちゃんです。
2018_0051.jpg
長さが20cm強、スプーンの頭の幅が3.4mmほどあります。

以前、お客様からのお問合せがあり…
出汁をかけた鯛茶漬けとか、ひつまぶつのあとのお茶漬けなど、少しの汁気と一緒に口に運べる匙があったらなあ〜とのこと。
以前、制作したお子さん用のれんげの画像をお見せしたら、
「これで大人向きがあったら…」
…とおっしゃっていたのを思い出して、松本が作りました。

2018_0061.jpg

れんげって、便利ですけど、使いやすいものって少ないですよね;;
(;><)
来週の11月21日(水)〜27日(火)高島屋横浜店 さんの作品展に出品する予定です☆


2018_0076.jpg
今日、娘が七五三に使う髪飾りです。
着物の色に合わせて選びました… が、似合うかな〜(;´Д`)

着物は、私が七才の時に着たいわゆる「ママ振り袖」を娘が着ます。
(ン十年の間、母が大事に置いていたのです…)

それでは、行ってきます!!


posted by 宮崎佐和子 at 11:19| Comment(2) | スプーン

2018年11月10日

■お客様のお椀のメンテナンス。

子供の成長と息災を願う行事、七五三。
通常、11月15日かその前後の土日に行われることが多いそうです。
…しかし。
毎年11月は、1年で工房がいちばん忙しい時なのです。(;´Д`)
10月に6才になったばかりの娘。
数え年齢で行うか、満年齢で行うか…。
悩みに悩みましたが、来年は小学生になるし、仕事もスケジュール的にもっと忙しいということで、今年行うことにしました!!
(だいじょうぶかなあ〜〜)

7才の七五三といえば、3才の時に比べてすっかりお姉さんらしくなって、着物の着付けもバッチリ、成長を感じる可愛らしい姿が醍醐味の一つですが…。
集中力に欠け、すぐにぐにゃぐにゃダラダラしてしまうような、うちの6才娘が長時間の着付けや行事に耐えられるのか。
(;´д`)ゞ
決めてしまったものの、今から不安でいっぱいです…。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓お客様から、お椀のメンテナンスを依頼されています。
2018_9937.jpg
いま、行っているのは、なんと漂白剤洗浄 なんですよ!
(弊工房の漆の器以外は、ゼッタイにしないでください)

長年のご使用で、水垢や油膜が表面にまとわりついているので、キッチンハイターなどの漂白剤を使って、キッチリと汚れを落とします。
こうした作業が出来るのも、国産うるし100%で無溶剤、お椀の作りがしっかりしているからです。


↓お風呂に入ってスッキリ。
2018_9942.jpg
かれこれ10年以上ご愛用いただいていると思われる、お椀ちゃんたちです。
(こうしてみると、そんな古いお椀にはぜんぜん見えませんネ)

昔の作風なので、受け取ったわたしたちも懐かしい!!
タイムカプセルをひらいたようでもあります♪♪

長く使われたので、高台などに傷んだ箇所がいくつかあり、それをメンテナンスしたいとのことでした。
漂白剤の洗浄により、その部分がよりはっきりとわかります。


↓こんなところですね〜〜。
2018_9944.jpg

2018_9946.jpg

すごく丁寧に扱ってくださっているなあ〜とよく分かるお椀たち。
高台やお椀の縁などは、長年の使用で先にダメージが出てくる場所ですね。
塗膜が摩耗したり、小さな欠けなどは、漆をさすことでつくろうことができます。
比較的、簡単な修理なんですよ。

こうした部分がスッキリとすることで、手持ちもなめらかになり、また気持よく使うことが出来ますね。

しばらくお預かりしてご不便をおかけしますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。


タグ:修理
posted by 宮崎佐和子 at 08:09| Comment(2) | 修理