2020年05月10日

■めんぱ弁当箱の試作(3)麦漆で接着。

下記や本ブログの右バナーにも入っていますが…。

LINE公式アカウントを作りました!

LINEをすでにお使いの方、ぜひご登録してくださいね。(´∀`*)
主に、めんぱ弁当箱試作の様子とショップ和×和のお知らせが主流になります。
ブログから、他のSNSへとツールを変えていく方も多くなってきたとおもいますので、導入しました。
タイムラグがあると思いますが… こまめにブログチェックしなくても、進み具合が分かるように!

漆の作業は、なかなかできなくなってしまった、わたし宮崎ですが…;;
こうした発信なら、一時的に気力復活した時にできますものね。


↓さて、くだんのめんぱのお弁当箱試作の様子。
2020_5_menpa_3.jpg
天然素材の接着材、麦漆 を作ります。
小麦粉と漆を混ぜて、ペースト状にしたものです。
接着部分の乾燥にはかな〜り時間がかかりますが… その接着力は相当な物です。
漆が、縄文時代から接着剤としても、使われていたということも納得できます。


↓うまく麦漆が固着すると、このような感じになるはず…。
2020_menpa_5.jpg

あっ!!
めんぱの形になっている〜〜〜!(((( ;゚д゚))))


さてさて、かんじんの曲げ木地です。
いくつかロスした個体もありましたが…(涙)(天然素材だし、仕方がない;;)
それなりにまとまった数になったようです。




曲げ木地の重なりの部分に、麦漆を塗ります。 
2020_5_menpa_1.jpg


2020_5_menpa_2.jpg
2020_5_menpa_4.jpg
これから、しっかりと固定して圧着!

麦漆の硬化は、とにかく時間。温度と湿度が加わると、それが加速します。
今は初夏に向けて暖かく(暑く?)なっていくシーズンですので、これからが楽しみです。



2020_5_0405.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
シロツメクサの白い花輪です☆
休校中の娘が、松本といっしょに作りました。
花の命はわずかですが… すぐに枯れないように、洗面器に入れています。(´∀`*)


※公式LINE作りました。いずれかでご登録くださいネ。
 ブログチェックをあまりしない方にもおススメ。
 めんぱの制作の様子やショップのお知らせをお届けします。

 IDアカウント @534cqjqt
534cqjqt_2.jpg


posted by 宮崎佐和子 at 08:55| Comment(0) | めんぱのお弁当箱作り

2020年05月06日

■めんぱ弁当箱の試作(2)薄板曲げ。

樺(カバ)材の薄板を使った、松本のめんぱお弁当箱の試作が進んできています…。
3年前に少し仕入れていた、同じく樺材の薄板で先行して試作を作りました。


↓水に付けている様子。
2020_2_menpa_1.jpg
十分水を吸わせて、材を柔らかくします。

ちなみに、この緑色のケース、大きいのでいつも置き場所に困っていたんですが…
やっと役立ちました。(;´Д`)

さて、めんぱ・曲げわっぱは、などの曲げ物は、檜、杉などの針葉樹の薄板を曲げて作られます。
針葉樹はやわらかく、曲げ物に適しているのですが…。
しかし、堅い広葉樹である、この樺材の薄板ちゃん。
うまく曲がるのでしょうか??? (ドキドキ)

…このあと、いろいろ松本が工夫をこらし、用意していた図案の型に巻きつけ成形。


DJI_20200430_152106_641.jpg

やった〜〜!
うまく曲がっていますよ!!!(≧▽≦)


ここまでたどり着くのに、いくつか山がありましたが…;;
松本ががんばりました。
これはさい先が良さそう… とても嬉しいです☆
とりあえず松本は、以前の在庫の薄板で、複数個のサンプルを作ってみようと言っております。



さて、今日のおまけ写真は…
DSC_0250.jpg
某ため池で、娘と散歩中に見つけました…。
これって、たぶんダメなお花ですよね?
コロナで忙しい保健所さんですが、休み明けたら連絡しないと…と思いました。(;><)



※公式LINE作りました。いずれかでご登録くださいネ。
 めんぱの制作の様子やショップのお知らせをお届けします。
 IDアカウント @534cqjqt
534cqjqt_2.jpg



posted by 宮崎佐和子 at 12:36| Comment(0) | めんぱのお弁当箱作り

2020年05月03日

■めんぱ弁当箱の試作(1)始まりました。

例のコロナのおかげで、工房の作品展の予定がはっきりしなくなってます;;
とりあえず、松本の東京滞在はなくなりました…。(;´Д`)
他の作家さんもお困りでしょう… 大事な期間ですから、しかたないですね。

しかし!!!
困ったことだけではありません。



3年以上、進まなかった新めんぱお弁当箱の
試作計画が始まっています。



↓ざっくりとですが…。松本の描いたラフ案です。
menpa_DSC_0210.jpg
上記は、横幅が約21cm、奥行9cm とかなり細長いお弁当箱。
以前、好評だった「スッキリ細長めんぱ弁当箱」よりも、やや細長くなりそうですね。
サイズは3種を考えており、上記は一番大きいものです。



2015年、諸事情により、産地からめんぱ木地の仕入れができなくなった時は、すごくショックでした。
お客様からもたいへん残念がられて、申し訳なかったです。(;´Д`)

※めんぱ木地の仕入れができなくなりました。


でも、その時に「工房オリジナルのめんぱ木地を作ろう!」
と、決心。少しずつ準備を始めていたんです…。


↓そして、先日、素材の薄板(国産樺材)が届きました!
DJI_20200430_151949_637.jpg

DJI_20200430_151830_636.jpg
そのままだと納まりが悪いので重しをかけて、薄板をまっすぐに伸ばしています…。
この薄板ちゃんが、きれいな形にうまく曲がりますように!!(;>o<)


2020IMG_4406.jpg
上は、以前の「スッキリ細長めんぱ弁当箱」の白木地ちゃんです。(なつかしい!!)
…こんな感じになるのかなあ〜
桜皮の留めを入れるかは、まだ未定ですが、麦漆糊を使ったオール植物性のお弁当箱…。

すごくワクワクしてきますね♪♪ (≧▽≦)

例のコロナ騒動で、仕事の予定が立たない方、お困りの方はたくさんおいでだと思います。
もちろん、うちの工房もそうです。
でも、そのおかげで?なかなか手がつけられなかった、めんぱのサンプル作りにやっとやっと着手できました。
そして、お待たせしているオーダーのお品も松本が頑張って、だんだん進んできています…。

私の不安定な体調は、あいかわらずなんですが…。(´∀`;)
皆さんたいくつなGW中に、できるだけ工房の様子をお知らせしたいなって思っています。


※公式LINE作りました。いずれかでご登録くださいネ。
 IDアカウント @534cqjqt
534cqjqt_2.jpg


posted by 宮崎佐和子 at 12:14| Comment(0) | めんぱのお弁当箱作り

2020年04月28日

■ウルシの木の箸箱(17cmのお箸入り、箸袋入り)をアップしました。

久しぶりに、お箸入り箸箱をショップに出しました。(*´∀`*)


↓いつもの保多織の箸袋入りです☆
hasibako_17_0372.jpg
箸箱の材は、珍しいウルシの木。
中にはお箸がぴったりサイズで入っております。

hasibako_17_0370.jpg
hasibako_17_0379.jpg
お箸に会わせてフィットしていますので、動いてもお箸が中でカタカタしません。


↓中のお箸です。
hasibako_17_0388.jpg
かなり繊細に作ったお箸で、材はミズメザクラ。
長さは17cmとかなり短めですが、箸袋で巻いた状態でも長さ20cm程度ですので、場所を取りません。
(箸袋なしで、箸箱のみだと18cm程度)
携帯用、またはお弁当箱用にもなかなか持ち運びやすいサイズと思います☆

このシリーズも、数年前に作った限りで、もうほとんど在庫がありません。
こういった短めサイズなら多少ありますが…。
なかなか制作が大変なので、もう一度、作るかどうか、悩むところです;;(;´д`)

よろしかったら、またページをのぞいて詳しくごらんになってくださいね。


さて、今日のおまけ写真は…
DJI_20200427_153511_609.jpg
松本が近写!!ミルミルのお友だちのぶち猫です。
勝手に工房の食客?となり、一日の多くを敷地内で過ごし、ミルミルと遊びに行ったりします。
コワイ顔ですが、気のいいやつなので「ブッチャー」と名付けております…。

微妙にオッドアイなんですよねー。
以前はナワバリに進入されて怒っていたうり坊も、最近はあきらめ顔です…。


posted by 宮崎佐和子 at 23:23| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年04月26日

■工房に『吹子(コークス炉)』が届きました。

松本に、また道具を買わされました…。( ;∀;)




先日、中古品ですが…

↓コークス炉が届きました。いわゆる(吹子)ともいいます。
DSC_0223.jpgDSC_0228.jpg
これって、マイナスドライバーがいるんか〜〜!!(汗 と、組み立てる松本…。

鍛冶に使う道具ですね。
自分で刃物を作るのに、必須のアイテムなんです…。


2020_4_0360.jpg
鋳物の受け皿に鋳物三つ足が付き、ブロアーがつながっている構造になっています。
松本が、数年前から気にはしていたらしいんですが…。
頭数が少ないのか、なかなか見当たりませんでした。
が、オークションに出品されていたのを、松本が見つけました!!!



↓ブロアー部分。
2020_4_0361.jpg

それにしても、珍しいなあ〜〜。
某名誉会長のコレクションから回ってきたんかな?とつぶやく松本…。(内輪ネタ)


うちの工房は、わりと敷地は広い方なのですが、鍛冶の場所までのスペースが取れず…。
木工場が火事になりそう?で、火床を耐火煉瓦を用いた据え付けは断念しておりました。
(耐火煉瓦死蔵…) このでかくて重いレンガの山、どうしよう(;´Д`)

でも、この新顔が、たまたま偶然手にはいったので、今から捗ります☆
…コークス送ってもらおうっと。


2020_4_0365.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
どんどん出てくる、ウルシのつぼみたちです。

この子たちは女の子、雌花が咲きます♪♪





posted by 宮崎佐和子 at 19:57| Comment(2) | 木工旋盤

2020年04月25日

■修理のお椀です。

小学校の休校が延長となりましたね…。
せまりくるゴールデンウィークですが、いったいどう過ごしましょう。(^^;)
小学校からも、「さすがにご家庭で、教科書の勉強をはじめてほしい」と、新担任の先生に言われ〜〜
新たな宿題を、たくさんいただいてしまいました;;

勉強そっちのけで、遊ぶ気マンマンの娘… 見ていると腹が立ちます。笑
皆さんどうされてらっしゃるのでしょうか。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓修理のお椀です。
2020_4_0355.jpg
朱溜の端反椀です。
ふちにごく軽い欠けが2カ所程入っていました。

2020_4_0357.jpg

欠けのつくろいのみでよいとのことで、全体を軽くすり漆してからフィニッシュしています。

この端反椀じゃ、ミズメザクラ材なのですが、やっぱりミズメザクラ木地は強いですね。
これが割れに発展すると、修理もたいへんになって費用もかかります。

新しい和×和のお椀を5月ごろに発表予定ですが、大きく変わった仕様は、材の変更なんです。
(旧/トチ材 → 新/ミズメザクラ材)
こちらも、続けて準備したいと思います。(*´∀`*)




DSC_0198.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

デッカくなりました!育てているカブトムシの幼虫です。
いったい何十匹いるんだか…。
おしりを見ると、雄雌がわかると娘のお友だちが言っていましたが…。
(わたしは分かりません;;)

とりあえず、カブトムシ用のゼリーは、ダイソーで大量に買っておかねば〜〜
と思いました。(((( ;゚д゚))))



posted by 宮崎佐和子 at 14:44| Comment(0) | 修理

2020年04月21日

■菓子切りの木地を製作中です。

かの大陸からやってきた見えない敵のため、5月27日から開催予定だった銀座松屋さんの作品展、とうぜんのことながら、雲行きがあやしくなっています…。(;´д`)ゞ
また、経過を見ている途中ですが、後日お知らせしますね。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓ずら〜り並んだ木地たち。
1587445981767.jpg
これ、菓子切りになる予定の木地たちなんです。
木地はトチ、長さは11cmくらいです。

菓子切りって、なかなか使い勝手がよいもの、シンプルでステキなものって少ないですよね…;;
この菓子切りは長いおつきあいのお客様のご要望で制作しています。
せっかく作るので、多めに作って展示会でもごらんいただこうと思います。(*´∀`*)


DSC_0206.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
ウルシの苗木ちゃんです。
植栽用に工房の庭で育てているのですが…。

あれま!! 
小さい子だと思っていたのに、今年はお花を咲かせる気まんまんらしいです。

葉っぱの根本の小さなつぶつぶたちが、つぼみです☆

posted by 宮崎佐和子 at 15:12| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2020年04月11日

■オーダーの銀彩ぐいのみです。

先日、始業式で小学校の一学期が始まったばかりなのに、もうお休み…(;´Д`)
(娘は二年生になりました!)
自主的に最初から子供を休ませているご家庭もあるようで、
比較的のんびりした県民性の香川県も、さすがに緊張感がただよってきています。
私どもは、もともとひきこもり系?でふだんからなるべく外出は控えて

早く世の中が落ち着いてほしいと願う今日このごろです。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいと思います。
2020_3_0087.jpg

2020_3_0089.jpg2020_3_0090.jpg
お客様のオーダー品、銀彩ぐいのみ4客です。
材はケヤキ、木地溜に四季の草花を松本が描きました。
ぐいのみですが、小さめのカップとして使っても楽しそうですね☆

おうちで楽しく過ごす工夫を考えて、「たいくつな期間」にならないようにしたいものです。



さて、今日のおまけ写真は…
DSC_0159.jpg
通りがかりの桜の花に、しばし癒されました…♪♪
もう明日の雨で散りそうなかんじです。





posted by 宮崎佐和子 at 22:24| Comment(0) | オーダー品