2018年10月04日

■2018年の漆掻き(15辺目)

週末ごとに台風が接近して、ほんとうに土日のイベントが台無しになって、お困りの方も多いと思います。
(台風、台風でもうおなかいっぱい…;;)(;´д`)ゞ

先週になりますが、台風が来る直前の28日に、ひさびさの漆掻きに行きました。
途中、京都での作品展がありました。
出張前日に、松本が14辺目を掻きに行ったのですが、10日も間を開けていたことになります;;

今回は、撮影隊として、わたしも漆掻きに同行しました!!


↓工房のウルシ畑。葉っぱの色がもう秋色になっています。
2018_9540.jpg

↓ウルシの木さん!!久しぶりに仕事するからね〜。
2058_9525.jpg
2018_9555.jpg
黙々と仕事をする松本です…。


↓根本近くの掻き傷です。ここにも傷を付けます。
2018_9523.jpg
2018_9569.jpg
根本近くは、圧力が高いので、漆を採っても採っても長い間ジュワジュワと樹液がにじみ出ます…。

2018_9570.jpg

今回は資料用に動画もいくつか撮りました。
画像だけでは分かりにくい躍動感、樹液がしたたり落ちるさま、木の葉のざわめきなど…。
また、ここにもアップしたいなあと思います。(*´∀`*)


↓ウルシの実もたくさん落ちていました。
2018_9532.jpg

そして、危険生物も…!!!(;´Д`)


↓以前、仕掛けたススメバチの罠※
2018_9526.jpg
オソロシイ形相で、スズメバチさんがたくさん落ち込んでいました!!
(こわ!!)

茨城の漆関係者さんから「新女王も採れるから春からしかけると良いですよ!」
とのありがたい情報が…。(来年はそうしよう)

そういえば、お盆で親戚で集まった時に「スズメバチがひたすらコワイ」
…という話をしたとき、親戚のお姉さんから、戦闘スズメバチが主人公の小説「風の中のマリア(百田尚樹)」を教えてもらいました。
そもそも、働き蜂はすべてメスなんですが…
結婚や産卵をせずひたすら任務遂行する「マリア」の壮絶な人生(蜂生)

このペットボトルで終わらせてしまって、申し訳ない…と心から思いました。(;><)


IMG_20180928_113341_1.jpg
いわずもがなのムカデちゃん。

マムシも時々出没するそうなので、山の仕事って、人間が異種のように感じることさえあります。

漆掻きは、まだまだ続くので、気を付けてすすめたいなと思います。



posted by 宮崎佐和子 at 22:45| Comment(0) | 2018年漆掻き

2018年08月20日

■2018年の漆掻き(10辺目)

8月19日には、もう10辺目に行きました!

2018_KYOTO_2.jpg

↓松本のInstagramより(動画)
失敗#漆かき #10回目 #160cc #lacquer #lacquertree #sap #和うるし工房あい #和うるし工房あいの漆畑 #松本和明#うるしかき#和うるし#和漆#国産漆#日本産漆

自分で撮りながら掻いたので、最後の刃物の流し方がうまくいかなかったそうで…
(;´д`)ゞ
また撮影に行かないといけませんね。


↓160CC採れました!!
#漆かき #10回目 #160cc #lacquer #lacquertree #sap #和うるし工房あい#松本和明#和うるし工房あいの漆畑#うるしかき#和うるし#和漆#国産漆#日本産漆

もうお盆過ぎましたが、それなりに出ました。(*´∀`*)
暑さもあるし、もっと出るのでは… と私は個人的に思っていますが;;
15年以上かけて育てた、木の命の一部をいただくのは本当に尊いことですね。
最終的にどのくらい、今年の香川県産の漆が採れるのか、楽しみです。


2018_9379.jpg

さて、今日のおまけ写真は…
ダラ寝のむぎ君です。

お気に入りの場所は、多々あるのですが…。
こういったところに、もたれかかってダラダラするのも大好きです!

(わかるような…;;)

posted by 宮崎佐和子 at 11:25| Comment(0) | 2018年漆掻き

2018年07月19日

■2018年の漆掻き(3辺目)

もうなんとも言えない暑さで…(;´Д`)
ちょっとお買い物に出るのも勇気がいりますね;;
ほんとにひと雨ほしいところです。

そんななか、松本は今日も漆掻きへ行きました。3辺目になります。

DSC_0243.jpg
DSC_0246.jpg

↓15cc採れました。(Instagramより)
#うるしかき #3 回目#約 #15cc
https://www.instagram.com/p/BlZBRyqgJZc/

辺数を重ねるごとに、採れる量も増えていきますよ!!

暑いからウルシの木もたいへんですね〜〜。
幸いなことに、この工房のウルシ畑は、午後から日陰になる地形なんです。
西日を長く受けないのは、ありがたいですね。


2018_9162.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
むぎ君です。ダレています。



posted by 宮崎佐和子 at 16:03| Comment(0) | 2018年漆掻き

2018年07月10日

■2018年の漆掻き(1辺目)

今年は、本格的に工房の五色台のウルシ畑の漆掻きをします!
(*´∀`*)


昨年も漆掻きを少しだけしましたが… ※2017年の漆掻き
2017年は、工房の庭のウルシの木が伸びたので、切り倒す前に気軽にした漆掻きでした。


工房のウルシ畑は、香川県高松市の五色台(香川県の高松市と坂出市にまたがる瀬戸内海に張り出した山塊の総称/ウィキより)の中にあります。
約3反ほどある畑で、五色台のもとミカン畑です。
2002年から植栽を始めて、今年でもう17年目になりますね。
工房を立ち上げて、間もなく作った思い出深いウルシ畑なので… 感慨深いですよ〜。

IMG_20180419_131923.jpg
IMG_20180419_131942.jpg
新緑!瀬戸内海も見えます。今年の4月に撮った、畑の写真です。


2001年
 工房をひらく
2002年
 五色台の工房のウルシ畑に植栽はじめる
   ↓   ↓
(この間、公開植栽などのイベントも開催)
   ↓   ↓
2017年 五色台の工房のウルシ畑、漆掻き開始
(試験的に1本のみ掻く)※工房のウルシ畑で、初めての漆掻きを開始しました。
   ↓   ↓
2018年7月 本格的に漆掻き開始!!



この間、松本もわたしもいろいろありました。
思わぬ病気になって仕事が思うようにできなかったり〜〜〜
当時は、国産漆の認知度があまりにも低く… いろいろ試行錯誤しました。

そうそうわたしは出産もありましたね。ほんとうにあっという間でした。

先月6月から、松本は漆掻きの準備のためウルシ畑に通っていました…。
写真撮影をお願いしていたんですが、畑でスマホをカチ割ってしまい;;
残念ながら画像がありません〜〜〜〜(;><)


2018年7月9日に、目立て(初鎌、初の傷、1辺目ともいいます。
DSC_0136.JPG

…ほんとうは7月入ってすぐ行くつもりだったのですが;;
ご存知の豪雨のために伸びていました。
香川県は、しばらく天候がよいそうなのでホッとしていますよ。

いよいよスタートしたなあ。

DSC_0137.jpg

DSC_0139.jpg

この最初の傷つけは、ウルシの木へのごあいさつです。
(ウルシの木にとっては迷惑な話ですが…)
それぞれの樹形、生えている地形の条件、などを考慮して、この年の漆掻きの計画をすでに決めています。
この木にはこういうアプローチを…と個々に松本は決めているんですね。
今年は10本ほどの木を掻きます。

行け!!漆おたく!!(笑)

また、私も同行して、漆掻きの様子の映像を撮りたいなと思います。


2018_9093.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

松本実家で捕れたカブトムシ幼虫さん※ が成虫になりました。
一部、保育園のバザーに寄付をしました。

posted by 宮崎佐和子 at 13:58| Comment(0) | 2018年漆掻き