2018年05月11日

■修理のお椀です。

今日は、修理でお預かりしたお椀をご紹介したいとおもいます。
とても懐かしいお品なんですよ〜〜。
(*´∀`*)


↓1年前くらいから、お預かりしていました…。
2018_8241.jpg

もうお客様のところへ戻っていますが…
これらのお椀、今はもう制作していないので、今でも写真をみると懐かしい気持になります。

左の端反椀、工房がスタートした初期の2001〜2005年ごろに制作したものと思います。
…なんとなくぎこちない、当時の絵付けが新鮮!!(笑)
塗り込みに使っている漆もレアもの!!

駆け出しのころの緊張感を思い出します。

2018_8248.jpg



↓こちらは木地溜の孫椀ちゃんですね。
2018_8251.jpg
少しすぼまった感じの小さめのお椀です。これも古いですよ!!
こちらも現在、制作が終了しています。

2018_8250.jpg
いつもご愛用下さっているそうで…(ありがとうございます)
経年により、いろいろ傷みがあったのですが;;

それをぜんぜん感じさせないくらい、リフレッシュしてお渡しすることができました。
とても喜んでいただき、有り難かったです。
(時間かかってゴメンナサイ…)

こうして、ときたまやってくる以前の作は、私どもにとってタイムカプセルのようなもので…。
いろいろ当時のことを思い出させてくれます。

今はこうしたお椀はもう作れなくなってきていますが、
またお嫁に出すような新しい心持ちになれました。


DSC_0398.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

松本と娘のコレクション
カブトムシさんの幼虫です。
…それがいっぱいいるんです!!(;´Д`)
保育園のバザーでさばけないか、考え中です;;

タグ:修理
posted by 宮崎佐和子 at 16:25| Comment(0) | 修理

2017年05月30日

■修理のめんぱのお弁当箱です。

6月を控えて、ものすごーく暑くなりましたね!!
漆がよく乾く季節になりました。この時期は温度湿度とも高いので、かぶれ指数もアップしています☆
今までは、乾くかな〜〜と気にしながら仕事をしていましたが、これからの時期は「早く乾き過ぎ」にも注意が必要です。
工房でよく使う、生うるしはそうでもないんですが(←日本気質…気難しくて温度湿度をうんとアップしないと乾かない子が多い〜〜) 黒漆は鉄を入れたりしているせいか、乾きが早い子ばかりのような気がします。(;-_-)

…早い方がいい、と思われがちですが… 刷毛目が残ったり、角に溜まった漆が縮みやすくなるので、あまりありがたくないんですよね〜〜。
これから暑くなる一方なので、うんと注意していこうと思います。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
修理でお預かりした、めんぱのお弁当箱です。


↓この子…。メンテナンスのために戻ってきました。
2017_1023.jpg
舟弁当箱と呼んでいた、大きなサイズのお弁当箱です。
スッキリ細長めんぱ弁当箱よりも太く、男性的な感じ。容量も多く人気がありました。(現在は制作中止;;)
かれこれ8年近く使ってくださったお弁当箱ですが… とてもよい感じでしょう?


2017_1027.jpg
スッキリ細長めんぱ弁当箱 と同じく、はめこみ式のおかず入れが付いています。

作業前に、全体を洗浄にかけたので、とてもキレイになっていますよ。
一見、何の問題もなさそうですが…


↓身のめんぱのフチにちょっと欠けがあります。
2017_1033.jpg
ほか、経年の傷や凹みが少々…。

フチ欠けと目立つ傷はつくろって、小さな傷や凹みはそのまま、1度塗りを入れて目立たなくする方向です。
それにしても、とても丁寧に上手に使ってくださって、びっくりしました!
蓋は特に難がなく、蓋だけは洗浄のみですみました〜〜。
メンテナンスはちょっと早めの方が作業もうまく行きます。
ちょっと時間がかかりますが、また生まれ変わらせておうちへ戻ってもらいたいなあと思いました。(^^)



2017_1022.jpg
さて、今日のおまけ写真は… うり坊です。

可愛く寝転がっていたので、シャッターを切ったんですが…
ムクッと起きていそいそとこっちにいらっしゃるじゃあ〜りませんか。
タグ:修理 弁当箱
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | 修理