2020年08月25日

■松本が製作中の器たちです。

残暑お見舞い申し上げます。
来週9月2日からの作品展の準備で、ちょっとばたばたしている工房です。
小二の娘の二学期が20日から始まって、正直助かります〜。
もう夏休みは、毎年このくらいでいいのでは?とさえ思います。(´∀`;;)

さて、久しぶりに松本の作品制作の様子をちょっとお見せしますね。
少し前の様子ですが、なかなかアップすることができなかったものです〜。


↓カップ?類。中塗りしたあと研磨また塗り込みに入る前だと思います☆
2020_0697.jpg
ケヤキ材かな? わたしが好きなフォルムの器たちです!


そして、これも気に入りました〜♪♪


↓まだ制作途中ですが…。
2020_7_0710.jpg
2020_7_0712.jpg
はつり入りの器です。これもおそらくケヤキ材ですね。
口当たりが良いように、ふっくらとした軽い端反になっています。

中塗りの最中のようですが、そろそろ研磨して上塗りが近いのでしょうねー。
いっそう奥行きのある仕上がりになると思います。(*´∀`*)



さて、まだまだ暑さ引かない日が続きますが…。
マスクも欠かせませんけど、皆さん体調管理に気を付けて下さいね!
もちろん私どもも気を付けます。


さて、今日のおまけ写真は…
nin.jpg
なつかしい!!!
先日、工房を去った、ミルミルのお兄さん猫のにん太郎の写真です。
2004〜2005年ごろに撮った、写メ(ガラケー写真)が残っていました。
かのJR福知山線脱線事故の当日に、交通事故にあって短い生涯でしたが…。
代わりに妹猫がうんと長生きしてくれました。




posted by 宮崎佐和子 at 08:52| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2020年08月06日

■松本が挽いた、トールサイズのグラスの白木地たちです。

オリンピックに沸いていたはずのこの夏…。
しかし諸事情で、静かな夏になってしまいましたね。
工房も、予想以上に長ーい梅雨や、仕事が込んでいることもあり、今年の漆掻きは工房の庭のウルシの木で行うことになりました。( ̄△ ̄;)

来月は阪神百貨店さんの作品展です!
できるだけたくさん新作を見ていただきたいなあ…と思ってます。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓松本の挽いた白木地発見。
2020_8_0815.jpg
背の高い、上品なフォルムのグラスたち。
材は香川県産、工房の近くから仕入れたものです。
かなり薄挽きなので、日常使いではなく、特別な日に使ってほしいグラスですね☆


↓かなり大きめサイズです〜。
2020_8_0822.jpg
このチューリップのような形は、挽くのも塗るのも研磨するのも、神経を使い時間もかかります;;
しかも繊細な薄め仕上げ、トールサイズ。
作り手さんの中には「あまりしたくない形」に入ると思います。笑
(ここまで仕上がるのに、ロス多数のはず…)
つまり、ここにいるのは狭き門?を乗り越えた子たちなのです!!


↓そこで、松本はこんなものを作っていました…。
1596446169154.jpg
先端についているのは砥石。
おそらく、この精鋭たちの内側を研磨するために用意したと思われます。
(; ・`д・´)
オタク松本は行きます、どこまでも!!!

…どうか、塗りも脱落なく仕上がりますように、わたしは願うばかりです。



さて、今日のおまけ写真は…
2020_8_0777.jpg
うちで生まれた、カブトムシちゃんです。
名前は黒丸、小さめですが黒光りするのでこの名前になりました。
一番お気に入りの子です!

今年はたくさんの幼虫を育て、うんざりするほどカブトムシが成虫になりました…。
※幼虫時代 4月
黒丸君と少数の子を残して、あとは工房のウルシ畑の近くにリリースしました。
8月になってコオロギの音色も聞こえるようになりましたが、
夏、もっと楽しみたいですね!




posted by 宮崎佐和子 at 20:38| Comment(4) | 制作風景(松本和明)

2020年07月20日

■杢入り栃材の重箱を制作しています。

今日はこれをご紹介します!


↓杢入り栃材の重箱です。
2020_7_0715.jpg
径は21cm、高さ18cmの三段重箱です。
松本が木工旋盤で挽きました…。

パッと見、ほとんど完成しているようですが、まだまだ途中の作品です。
旋盤で、重ねの木地を挽くのは、かなりしんどいものなのですか。
(合わせの部分など、かなり難しい〜)

松本が、たいへん気に入っている作のようで…。
何度も微調整しながら、少しずつ制作を進めています。



さて、今日のおまけ写真は…
2020_7_0738.jpg
今年もぞくぞくと飛来中!!
セミさんたちが、ウルシの木パーラーに多数お越しです。
(コロナも関係ないものね;;)

わたしの向ける、カメラを気にしつつも〜〜
ウルシの木に口吻が突き刺し、美味しいジュースをチュウチュウしている最中のせいか、
なかなか動こうとしませんでした☆


タグ:重箱
posted by 宮崎佐和子 at 17:55| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2020年04月21日

■菓子切りの木地を製作中です。

かの大陸からやってきた見えない敵のため、5月27日から開催予定だった銀座松屋さんの作品展、とうぜんのことながら、雲行きがあやしくなっています…。(;´д`)ゞ
また、経過を見ている途中ですが、後日お知らせしますね。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓ずら〜り並んだ木地たち。
1587445981767.jpg
これ、菓子切りになる予定の木地たちなんです。
木地はトチ、長さは11cmくらいです。

菓子切りって、なかなか使い勝手がよいもの、シンプルでステキなものって少ないですよね…;;
この菓子切りは長いおつきあいのお客様のご要望で制作しています。
せっかく作るので、多めに作って展示会でもごらんいただこうと思います。(*´∀`*)


DSC_0206.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
ウルシの苗木ちゃんです。
植栽用に工房の庭で育てているのですが…。

あれま!! 
小さい子だと思っていたのに、今年はお花を咲かせる気まんまんらしいです。

葉っぱの根本の小さなつぶつぶたちが、つぼみです☆

posted by 宮崎佐和子 at 15:12| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2018年05月19日

■ブローチの木地を仕込み中です。

今月末から、松屋銀座本店さんで作品展がはじまります。
また、くわしくお知らせいたしますね。(*´∀`*)

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓たくさんの円盤状の木地がズラリ〜〜〜。
2018_8608.jpg
これ、ブローチ用の木地なんです!

木工旋盤で木地を挽いている時、杢入りの材を外して残しておいていました。
それをまとめて装身具用にしたのですね。


↓焼き菓子みたい♪♪
2018_8610.jpg
漆で仕立てると、グッと杢が立体的に浮き上がります。

材は主にトチ材です。
こんな虎杢を含むものがけっこう混じっているんですよ〜〜。
同じ景色のものは二つとないので、みていて楽しいです。

こうした杢の景色を生かした仕上がりにしたいなあと思います。


IMG_8628.jpg

さて、今日のおまけ写真は…
ウルシのお花です。15〜16日頃から一気に咲きました!!
この子は雄花ちゃんです。

ミツバチの大群が押し寄せていますよ〜〜 (* ̄∇ ̄*)


posted by 宮崎佐和子 at 18:14| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2018年02月25日

■ケヤキの丸弁当箱の木地を挽きました。

こころなしか、だんだん寒さがゆるんできましたね♪♪
日も少しずつ長くなり… もう春の面影を景色の中に探してみたくなります。
(´∀`*)

さてさて、日記を更新しよう〜と思って、いろいろ写真を撮りためているんですが;;
寝落ちしてしまい、なかなかすすみません。(;´Д`)
チェックしてくださっている方、申し訳ありません。

なにかと話をためこんでいるのですが;;
今日はこれをご紹介したいとおもいます!


↓松本が、新作のお弁当箱の木地を挽きました。
2018_6813.jpg
うわっカワイイ!!
松本の手が大きすぎて、スケール感が分かりにくいですが…。( ・o・)
径15cmくらい、ほどよいやさしい大きさです。

ナチュラルなケヤキの木目がいいですね。
内側の角は、角丸にしていますので、マイルドな雰囲気です☆
よごれが残らず、洗いやすいですよ〜〜。


↓蓋をかぶせた様子。
2018_6810.jpg

かぶせ蓋ではないので、すっきりとした姿です。
蓋の内側も多めに刳っているので、身の器より高い、立体感のある盛りつけが可能ですよ☆

このお弁当箱、材がいくらかありますので、もういくつか制作することができそうです。


2018_6791.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

これは… なんでしょうか?
山菜の一種??
いえいえウルシの根っこちゃんなんです。(*´∀`*)
分根用に、松本が採りました。
また、様子をみてポットに植えていく予定です。


posted by 宮崎佐和子 at 23:01| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2018年02月05日

■松本の挽いたケヤキの椀木地です。

更新が少なくなって、申し訳ありません;;
うう…寒波っていつまで続くんでしょうか。(;´Д`)
温暖で平和な香川県も、冷えきっていますよ!!
先日は雪も積もりましたし。
わたしの思考も手先も冷え冷えしています〜〜〜〜(←寒さによわい) 

工房では、アラジンストーブが2台、頑張って24時間稼働しております。
寒波が来るまでは1台でしたが、さすがに足りなくなりました。

仕事を始める前に、仕事場はもちろん、漆の入ったお茶碗も十分な室温で事前にあたためておかないと、冷えてしまって使えません。

乾きも時間がかかるし…
…真冬って、漆の仕事がほんとうにしにくいなと思います。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
少し前の仕事ですが…。アップしようと写真を撮っていました!!


↓松本が、男前なケヤキのお椀を挽きました。
2018_6635.jpg
近いサイズで数個挽いたようです☆


↓木地固めの様子。
2018_6611.jpg
木地固め、とは白木地に最初に漆を吸わせる作業の事です。
一番たくさん漆を使います。お椀の塗りの土台になる、大事な作業なんですよ〜〜。


↓白木地の時にも写真を撮っていました。
2018_6605.jpg
径14cm近くの、かなり大きめのお椀です。
存在感のあるお椀になりそうですね〜〜。

仕上がるのが楽しみです☆


2018_6618.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

今年から復活した、バードレストランのスズメちゃんです。
2階の窓際に設営しているのですが…
マジックミラー処理をしているので、至近距離で観察出来ます。

寒いので、この子たちもひもじかろう…と
多めにゴハンをあげてますので、繁盛しています。
(*´∀`*)

posted by 宮崎佐和子 at 16:03| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2017年06月14日

■コーヒーカップに朱漆を塗っています。

昨年から、娘の保育園の保護者会の役員をしていますが…。
今まで知らなかった世界で、とても勉強になります。(´・ω・`)
一番驚いたのは、園のチャリティバザーにいらっしゃる、「特殊な?お客様」です。
バザーの日を数ヶ月前からチェックされており、バザー開始の1時間前に入り口に詰めかけ、スキを見て展示商品の内容をうかがい…
目当ての品をゲットするばかりではなく、キープしてレジを素通りしようとしたり(エエッ)!値切ったり!と、ベテラン役員さんとすごい攻防が繰り広げられたりしたようです。(←わたし全く気づかず;;)
しかも、この特殊なお客様は複数名いらして、それぞれ派閥があるようで(ますますエエッ) 
異なる派閥のお客様の動きを役員さんに伝えたり、と情報戦の様相も呈しており、なかなか密度の高い空間になっていました。すすご〜〜〜い。

…今年もバザーのシーズンがだんだん近付いているんですが、ちょっと緊張してきます。(;´Д`)


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓朱漆を中塗りします〜。
2017_1594.jpg
松本の作業風景です。
赤い色のコーヒーカップ(かわいいですよね!)を製作中なんですよ。
総朱溜にしたいんですが、内側と外側、2回に分けて塗りを入れます。この子たちは、最初に外側を塗っており、今回で内側を塗る予定だったりします。


背の高い器の内側を塗るのは、ちょっとコツが要りますよ〜〜。

2017_1598.jpg
専用の道具が必須です!


↓内側の側面を塗る時にこれが大活躍します。
2017_1602.jpg
鎌刷毛(かまばけ)と呼ぶ、歯ブラシを思わせるような形状の漆刷毛ですよ〜。
2年ほど前に、松本が作りました。
使用頻度はあんまり多くないですが、とっても便利です。

仕事の内容は、工房それぞれで自分に合う道具をあつらえるのは大事な事です。


2015IMG_0933.jpg
(使い込む前の鎌刷毛ちゃん)


2017_1540.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

弘法大師のご誕生日を祝う、善通寺のお祭りで奉納された「空海いろは音頭」です。
白装束のお遍路さん姿の踊り子さんの列は、なかなか壮麗でしたよ!!



posted by 宮崎佐和子 at 16:32| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2017年05月26日

■器の絵付けをしました。

今日は、まんのう町へホタルを見に行きました…。
新月なのに空が明るい(汗  曇り空だったので、遠くの街の光が反射していたみたいです。
気のせいか、ホタルさんは去年より少なめでした。
見学のお客さんも少なかったので、携帯のフラッシュもほぼなく(←フラッシュでホタル撮れないのにネ) 
神秘的な空間を楽しめました。(*´∀`*)
ほんと、いよいよ初夏って感じですね!

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。



↓松本が器の絵付けをしました。
2017_0933.jpg
オーダー品のほか、お皿やお椀などです。
2017_0936.jpg

上塗りしたら、うんと立体的な感じになりますよ〜〜。
上塗り漆のコンディションで、色味や表情がそのつど変わるのが楽しいんです。

気まぐれな国産漆ならではの醍醐味ですね☆


2017_0914.jpg
さて、今日のおまけ写真は… ギョギョッΣ(゚Д゚ υ)

虫スキーな娘も大興奮!
松本家の畑で生誕した、デッカイカブト虫の幼虫さんです。
10匹ほど持ち帰り、衣装ケースいっぱいの腐葉土の中で
ヌクヌクと暮らしています。

posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | 制作風景(松本和明)