2020年01月29日

■内金箔のお吸い物椀。

先日、工房で身内のお祝いの集まりをしました。(*´∀`*)
いろんなお料理をケータリングして、楽しみましたよ〜。


↓その日のお吸い物。
IMG_20200126_130904_1.jpg
内金のお吸い物椀、もちろん工房作です☆
松本が出汁を取り椀種を作りました。椀種は、ささみ団子とミツバです。
ささみ団子は柚子を効かせ、周囲に薄く片栗粉をまとわせて、しっとりとさせていました。

おめでたい雰囲気が一気に漂うひとときです。

  



2020_9991.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

うり坊に新ライバルの登場です!!(((( ;゚д゚))))
うり坊の小さなナワバリを荒らしに来た、デッカイぶち猫くん…。
やばいです、うり坊絶対負けます、致命傷うけます!!

この日は、にらみ合いでぶち猫は去っていきましたが…。
また工房の敷地近辺が尖閣諸島化しそうな予感です。(;´Д`)


posted by 宮崎佐和子 at 17:06| Comment(0) | 金箔の仕事

2017年02月06日

■箔あかし&金箔貼りをしました

4才の娘が、同じクラスの男の子に人生初のラブレター?を書きました…。
もちろん、まだ文章は書けないので、大半はわたしが代筆させられました。(;- -)

内容は、「○○(←男の子の名前)は なにがすき?」というたわいのないものです。
一緒に切り抜いた紙のお花を入れたり、封筒にお気に入りの動物シールでデコったり、と娘はかなり手をかけていました…。
今日はそのお手紙を園に持って行き、お友達にわたしたそうですよ〜。…(;゚д゚)ァアワ
どんどん娘が大人になっていくようでビックリします。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
今日のわたしは、久しぶりに金箔の仕事を少ししました。
小さな器の内側に、金箔を貼る仕事です。オーダー品なんですよ〜。


↓そうそう、その前に「箔あかし」もしました。
2017_8906.jpg

漆工芸で使う金箔は、ほぼ24金。金箔は極薄の本物の金の膜です。
たいへん重い金属の金ですが、非常に薄いため羽衣のようです。吐息にも気をつけないと、浮き上がって壊れてしまいます。
その繊細な金箔を自在にあやつるために、極薄の和紙に、微量の油分を使って貼付けます。(←わたしは化粧品用のオリーブオイルをつかっています!)
その仕事が「箔あかし」というのですね〜。作業はコツがあり、慣れるまでにはたくさんの金箔を消費します;;
「箔あかし」をした金箔は扱いやすくなり、好きなサイズにカットしたり、移動させることができるんですよ。


↓金箔を貼っています…。
2017_8918.jpg
「箔下漆」なるものを塗り、これが接着剤になります。
この漆を乾かし、絶妙なタイミングをねらって金箔を次々と貼っていく作業です。

漆が乾きすぎても、乾きが今ひとつでもダメなので、たいへん神経を使います…。

2017_8926.jpg
なんとか貼れました!
さらに乾きかけを狙って、真綿で押してよく密着させました。

…ひさしぶりにしたせいか、けっこう疲れました。 (;´Д`)
それにしても、金箔そろそろ買い足したいですが、どんどん高くなっているような気がします。
金の高騰ってしばらく続くのでしょうね。
2020年には「1g=9,000円」の可能性が…(エエッ!!)という話も聞きますから、怖いです〜〜。

漆工芸の材料は、どの素材にしろこのような感じですね。
手に入るだけ有り難いと思わないといけないなあ〜とおもいました。



2017_8930.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
工房のお庭のウルシの木ちゃん、枝アップです。
この黒いホクロはなに??

これは、夏にセミさんがとまって、チュウチュウした痕です。
この傷跡はなかなか癒えず、ずっとあるんですよ。

タグ:金箔の仕事
posted by 宮崎佐和子 at 21:41| Comment(0) | 金箔の仕事