2017年04月21日

■スズメの絵を描きはじめました。

うう… 冷えてきましたね。
さすがにアラジンストーブは要りませんが。(←もう片付けました)
娘は園から帰ると、工房の周囲を毎日お父さんと散歩して、お花摘みするのが日課になりました。
そして、工房の猫のミルミルはハンティング!
今年で14才になるので、さすがにご本尊は無理目ですが、ヤモリさんのシッポの収集に精をだしています…。
が、採れたて新鮮シッポを、玄関に並べておくのはやめてほしい〜〜。(;゚д゚)

さて、わたしもやっと?自分の作品制作にとりかかっています…。



2017_0250.jpg
しばらく、制作が増えなかった、スズメちゃんの絵を今年は描こうとおもっています。
今回は黒柿の板に描いていますよ!!
来月のサンメッセ香川で行われる「家具と漆器フェア2017」に出店するので、そこでいくつか出したいと思います。(^^)


2017_0239.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

工房のウルシの木ちゃんも、こんなふうになっています☆
一年でいちばん新鮮な姿です。


タグ:漆の絵画
posted by . at 23:35| Comment(0) | 絵付け

2017年02月11日

■12.5cm小皿に絵付けをしました。

老眼がまたちょびっと進んだような気がします…。(;-_-)うう
この年でこまかい仕事をしているわりには、たぶんましな方だと思いますが(コンタクト着用で、1.5と2を使い分けています)
近眼とのダブルって… 想像以上に不便過ぎます〜!!
(;´Д`)
これを愚痴ると、同年代でもっと細かい仕事をしている友人に「いやいや、それは入り口に過ぎませんよ、フッフッ…」と言われました。(彼女は4以上)
自分の師匠に、いくらでも老眼鏡の度数があるから、安心して精進するように、有り難いお言葉を頂戴したんだそうです。

うう…私なんか、まだまだだな!
身を投じて(←おおげさ) 現代の利器に甘んじようと思いました。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。



↓12.5cmの小皿に絵付けをしました。
20147_9003.jpg

ぜんぜん細かくない絵ですが…(汗) オーダー品の小皿ちゃんです。
山帰来をイメージした蔓です。
こうした赤い実には、朱漆の色がほんとうに合いますね! 
実にはところどころ金泥を入れて、変化を出しました。
上塗りを入れると、グッと引き立ってくれるといいなあ。



2017_8959.jpg
さて、今日のおまけ写真は… 
この季節おやくそくのウルシの木のミカン刺しです。

メジロやヒヨドリさんたちが、やってきて食べるのを見るのが愉しみです。 

posted by . at 22:21| Comment(4) | 絵付け

2017年01月29日

■絵付けをした小皿です。

わたし宮崎は、香川県立高松工芸高等学校 の卒業生なのですが…
この週末は初の同窓会に行ってきました!たのしかったです〜。

ほぼ卒業以来の友達もたくさん来ていました…。
でも、すぐにわかるもんなんですね。
それにしても、もうン十年前の高校生時代のことを、みんなよく覚えているんでしょうか。(汗
なかには波瀾万丈の人生をおくった同級生もいて、ほろりとしました…。

わたしが初めて漆に出会ったのは、この高校時代でした。
触れてもいないのにかぶれたりする漆。
塗料なのに乾かすときに湿度を高めた場所が必要。
子供心にも、神秘的だなあ〜、どうしてなんだろう、と思っていました。
実習の先生もたいへん熱心に指導にあたってくださり、今の仕事の原点のひとつになっています。
そんな当時もおもいだして、なつかしくなりました。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。

2017_8837.jpg
松本が絵付けをした小皿たちです。
いろいろな季節の草花を描きました。
上塗りすると、この白銀の絵が金色になり、グッと陰影が出てきます。

楽しみです♪♪



P1000445.jpg
おまけ写真です。

先日、娘とため池の周囲をお散歩していたら、なんと白鳥さんが!!
しかもスイーッと近付いてくれました。
でも、手ぶらだったためか、残念そうに白鳥さんは去っていきました…

posted by . at 23:00| Comment(0) | 絵付け