2020年04月11日

■オーダーの銀彩ぐいのみです。

先日、始業式で小学校の一学期が始まったばかりなのに、もうお休み…(;´Д`)
(娘は二年生になりました!)
自主的に最初から子供を休ませているご家庭もあるようで、
比較的のんびりした県民性の香川県も、さすがに緊張感がただよってきています。
私どもは、もともとひきこもり系?でふだんからなるべく外出は控えて

早く世の中が落ち着いてほしいと願う今日このごろです。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいと思います。
2020_3_0087.jpg

2020_3_0089.jpg2020_3_0090.jpg
お客様のオーダー品、銀彩ぐいのみ4客です。
材はケヤキ、木地溜に四季の草花を松本が描きました。
ぐいのみですが、小さめのカップとして使っても楽しそうですね☆

おうちで楽しく過ごす工夫を考えて、「たいくつな期間」にならないようにしたいものです。



さて、今日のおまけ写真は…
DSC_0159.jpg
通りがかりの桜の花に、しばし癒されました…♪♪
もう明日の雨で散りそうなかんじです。





posted by 宮崎佐和子 at 22:24| Comment(0) | オーダー品

2020年03月12日

■オーダー品の欅の木地溜湯飲みです。

今日も、先日納品したお客様のお品をご紹介したいと思います。
(*´∀`*)


↓欅の木地溜湯飲みです。
2020_3_9975.jpg
ご夫婦でお使いになるそうです☆
お客様のご希望でつや消し仕上げにしました。
2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるしを使い、このような表情になりました。(^^)
10年以上、工房で熟成させた、こだわりの漆です。

2020_3_9979.jpg


IMG_2145-thumbnail2.jpg
別のお品ですが… ヒノキの湯飲み。
この湯飲みは別のお客様のオーダー品サンプルだったのですが…。
今回のお客様は、これを気に入られてケヤキ材で木地を挽きました。

漆と木地、同じ日本産と言えども〜〜〜〜
こんなに雰囲気の異なる仕上がりになるのですね!

あっ、国産漆の表情の違いは、松本の長年のオタク研究で出せたものです☆
国産漆の中でも選りすぐりのものをコレクションしています。
国産漆でありさえすれば…というわけではないのですヨ。


それでも、しみじみ比べてみて…。
私も改めて漆の器っておもしろいなあ、楽しい世界だなあ…とつくづく思いました。



2020_3_0059.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
いよいよ春の萌芽を思わせる、ウルシの木ちゃんです。
また、あの炎のようなみずみずしい新葉を見るのが楽しみです!!


posted by 宮崎佐和子 at 20:25| Comment(0) | オーダー品

2020年03月10日

■オーダー中・修理品をお待ちのお客様へのお知らせ。

タイトルの通りですが、弊工房にお品をご注文中のお客様に、大事なお知らせがあります。
オーダー品の完成をお待ちの方、ぜひごらんくださると、有り難くおもいます。


matu_line.jpg 

●LINE(ライン)という、コミュニケーションアプリをお使いの方へ。
上記は 松本和明 のQRコードです。
ぜひ、ご登録をしてお問い合わせにご利用下さい。写真貼付、無料通話などで詳細をお知らせしたいと思います。
(ハンドルネームとご実名が異なる場合は、お名前もご一緒にお知らせください)



2020_3_0070.jpg

ただいま、弊工房ではたくさんのオーダー品、修理品をいただいております。
早いもので数ヶ月〜1年くらいでお渡しできるのですが、中には予想以上に時間がかかるものが多々あり、
(漆が思うように乾かず作業が進まない、製作中に木地に問題が出てきた等)

お客様にはたいへんご迷惑をおかけしています;;(;><)


●オーダー品・修理品の作業の進行について
オーダー品・修理品の作業は、年に数回行う作品展の作品制作の合間のすき間に作業を入れ、近い作業のお品と一緒に進めることが多いです。
なので、年間でオーダー中・修理品の作業の時間は限られているのです…。
また、繁忙期(8〜12月上旬)にご依頼を受けたものは年明けより、基本的には依頼順に進めております。


「依頼してあるお品の様子を知りたい」と思われている方もたいへん多くいらっしゃることでしょう。
わたしも常々気にかけています…;;


本来でしたら、こちらからこまめに詳細を定期的にお客様にお伝えすべきとことなのですが…。
が、二人だけの小さな工房のうえ、ここ数年、わたし宮崎の体調もすぐれず、なかなか思うように体力が回復しません。娘も小学校に上がり、昨今細かな雑事も増えてまいりました。
もともとマイペースの工房ですが;; 
最近は特に、全体として、作業の進行は遅れ気味になっております。


そこで、上記のツールをご利用できる方はご遠慮なく、お気軽にお使いいただけますと幸いです。
(ハンドルネームとご実名が異なる場合は、お名前もご一緒にお知らせください)

いつもお客様にご迷惑をおかけしており、申し訳ありません。
心からお詫び申しあげます。
ご不明点等ございましたらお気軽にお知らせ下さい。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


posted by 宮崎佐和子 at 14:07| Comment(0) | オーダー品

2020年03月07日

■イケメン猫ちゃんのめんぱお弁当箱です。

続けて、先日お客様に納品したオーダーのお弁当箱をご紹介したいと思います。
(*´∀`*)


2020_3_9956.jpg
ツヤツヤ外黒のぜいたくなお弁当箱…!!((( ;゚д゚))
うるうるしたみずみずしい塗り肌が魅力的です。
制作に使用した技法も、かなり手の込んだものなんですよ。
でも、このうるつや感、磨いて仕上げたものではなく、工房にあるレア国産漆の一つを使ってしあげたものです。
工房のストックしてある数ある国産漆の一つの表情なんですよ☆
(うちの工房のこだわりです)
今回は、お名前入りのウルシの木の箸箱&お箸もセットでご注文いただきました。
このお箸箱には保多織(香川県の伝統的工芸品織物)がありますよ〜〜。
お弁当箱も、同色の袋をお付けしました。


↓内側は、お客様の愛猫のハチワレ美形君がてんこもり!!笑
2020_3_9959.jpg
※前回の作業の様子

お客様からいただいた猫ちゃんの写真でいろんな姿態を松本が描きました。
(こういう絵付けは、松本はとっても得意なのです…!)
ただ、線描では、白黒ハチワレの魅力が出にくいので、黒漆で水墨画のようにぼかしこみ、濃淡色を入れてみました。(おっと、これはわたしの仕事〜〜)

2016年にお受けしたオーダー品なので、いったいどれだけお待たせしたか…(;><)
このうるつや塗りが、工房の秘伝??でして、いっそう時間がかかってしまいました;;
しんぼう強く待って下さったオーダー主さんには本当に感謝です。

---------------------------------------------------------
このめんぱ(曲げワッパ)のお弁当箱は、木地師さんのご都合で、木地の仕入れができなくなり、2016年頃でオーダーの受付をお休みしています。
また、めんぱ(曲げワッパ)のお弁当箱は工房独自で開発したいと思っています。
(↑が、時間が足りずなかなか進まない 涙)
何とぞよろしくお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------

2016年にお受けしたお弁当箱、まだお二人分ほど残っています。(すみません)
がんばらばければ〜〜〜。


さて、今日のおまけ写真は…2020_3_0057.jpg
最近の陽気で、工房の庭のモクレンちゃんが一気に開き始めました!
野にやってくる鳥たちもだんだん種類が入れ替わってきてますね…。

例の憎いウィルスも、春になれば落ち着くのでは…?
と訪問に来られた置き薬の担当者さんもおっしゃっていました。
ほんとうに本格的な春が待ち遠しいです。(*´∀`*)



posted by 宮崎佐和子 at 16:23| Comment(0) | オーダー品

2020年03月05日

■オーダー品のバターナイフです。

もう少しで確定申告が終わりそう…。たぶんですが。(;´Д`)
明日は税理士さんのところへ行きます。

そして先月は、更新がぜんぜん出来ていなかったので;;3月は取り戻したいと思います。


↓こちらオーダー品のバターナイフです。
2020_9967.jpg
2020_3_2_9970.jpg
使いやすくてお洒落なバターナイフって、あるようで見かけないものです。

このバターナイフは、水目桜で松本が削り上げて木地を作りました。
濃いめの木地溜ですが、刃の部分は錫で蒔絵をしてあります。
磨いて仕上げたので、しっとりとした質感です。

2020_3_9973.jpg
スカッとバターが切り分けられますよ!
ご注文のお客様にも、喜んでいただけてホッとしています。


2020_DSC_0025.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
お昼寝中のミルミルです。
猫の平均寿命を越え、そして闘病中(慢性腎不全)ですが…。
食う・寝る・遊ぶ、で元気いっぱいです。
…しかも、新たなボーイフレンドもできたり… ((( ;゚д゚))

羨ましいかぎりです!!


posted by 宮崎佐和子 at 21:45| Comment(0) | オーダー品

2019年09月15日

■栗角皿8枚セットを納品しました。

たしかご注文いただいたのは、2017年…。
オーダーの「栗角皿8枚セット」が完成しましたので、先日納品いたしました。


(制作の様子)
http://waurushi.sblo.jp/article/181893124.html
http://waurushi.sblo.jp/article/182711599.html
http://waurushi.sblo.jp/article/185267317.html

2019_9625.jpg
材は国産クリ材、幅22cm、奥行21cm、高さ1.8cmの板皿です。
重なりがよく、また木と漆の器ですのでたいへん軽いです!
これが陶器だとかなりの重さになるでしょう。

2019_9619.jpg
はつりのあとが独特な雰囲気です。
クールな漆の塗り肌によく合いました。(たしか2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるし)
工房のこだわり、よく熟成させた漆の表情です。

2019_9620.jpg


ほんとうに制作に時間がかかり、お客様にはお詫び申し上げます。
木地の仕入れから行いましたので、余計にかかったような…。

しかしながら、もっと前からご注文いただいているものもありますし(汗)
でも、決して忘れてはおりませんので…。(;><)

スローな工房でたいへん申し訳なくいつも思っています。
すみません、すみません。(;´Д`)

どうか引き続きよろしくお願い申し上げます。


2019_9639.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
今年もたっぷりと実った漆の実です。

カラスさんが意外とよく食べるので、気をつけなくては…。


posted by 宮崎佐和子 at 20:20| Comment(0) | オーダー品

2019年07月13日

■香川県産漆100%の片口。

長らくブログをお休みしてすみません。(;><)
また、ご心配のコメントもいただき…ありがとうございました。

さっそくですが、今日はオーダーのお品をご紹介したいと思います。


katakuti_9560.jpg
お客様のご希望で、一合サイズの片口を松本が制作しました。
長さ 14.4cm 幅 9.5cm 高さ 6.2cm。
側面は面カットをほどこし、躍動感があります。
赤みのある透明感あふれる木地溜です。動きによって、キラキラ木目が輝きます。


実は、この漆…。
松本和明が、漆掻きした香川県産漆を使いました!

か、かんどうじゃあ〜〜 ・゚・(ノД`;)・゚・



工房のウルシ畑は香川県高松市にあり、2002年より植栽をはじめたものです。
※2018年漆掻きの様子


↓松本が採った、2018年の香川県産漆。
2019_9568.jpg
生うるしの状態です。

昨今になって、国産漆が注目されていますが… 間違いなくレア漆ですね♪
一部を茶碗に入れて、先日から松本の塗り部屋に出ていますよ〜。(^^)



↓片口の木地は、国産トチ材です。
katakuti_9562.jpg
片口は、丸木地のお椀やお皿と異なり、旋盤がほとんど使用できませんので…。
木地制作はかなり時間がかかります!

そのぶん、味わいのある風合いが魅力的ですね。

katakuti_9563.jpg
katakuti_9566.jpg
katakuti_9564.jpg

待望の、工房の(というよりは松本和明の)香川県産漆。
松本の漆オタクのこだわりがつまっています!

熟成させていない、昨年の若い生うるしですので、勢いがありますね。(; ・`д・´)
松本が2001年に徳島県で採取した、阿波漆にとてもよく似ています。
工房のウルシ畑は、四国産の漆を…ということで阿波漆を植えていますので、とても感慨深いものがあります。

古い記事ですが、どうぞ。
  ↓
※浄法寺漆の椀と、阿波漆の椀。




さて…。

ここずっと、わたしの体調が思わしくなく(困)
わたし宮崎のSNS関係はほとんどストップした状態が続いています。
(中には、夫婦仲をご心配してくださる方まで…!)(=゚ω゚=;) え〜!スミマセン;;

松本のほうは元気にせっせと通常どおり仕事をしています。
SNSが苦手だった松本ですが、インスタグラムを、ぼちぼちと更新していますよ〜。


そして…まだお返事ができていないのですが、
ご心配のお手紙やメッセージも直接いただいています。
気にかけてくださって、本当にありがとうございました。またお返事いたします。

また、3〜4月にかけてパソコンが不調になり、その期間メールを受信できなかったり消えてしまったりというトラブルもありました。もし、ご迷惑をかけていましたら、申し訳ありません。

娘の卒園後、新年度もスタートし、令和になり…
いろいろご報告したいと思うことがたくさんありました。
まとめてになりますが、そして体調をみながらになってしまいますが、またお知らせしたいなと思います。


2019_9595.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
夕暮れの空を並んで眺める、うり坊とミルミル。
ミルミルは今月で、なんと16才になります!元気です。



posted by 宮崎佐和子 at 13:41| Comment(0) | オーダー品

2018年12月26日

■オーダー品の栗の角皿の木地を加工しています。

クリスマスは、皆さんいかがでしたか?(*´∀`*)
松本のInstagramには、いろんな方の華やかなクリスマス写真が次々アップされて、楽しませていただきました。
…しかし工房ではクリスマスはいっさいしないので、いたって普通に過ごしました;;
6才の娘は保育園で、「サンタさんが家に来た」という話題についていけなかったそうです。
(ごめんね!!)(;><)


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓松本が、栗の木の板皿の制作をしています。
IMG_20181225_173837.jpg
2年前にオーダー頂いたお客様のお品です。

栗の材は、一昨年の年末に仕入れてきたものです。


↓今年の春に角材になりました。
2018_7119-thumbnail2.jpg

それから数ヶ月たち、木地のゆがみも十分出ただろうということで、
いよいよお皿の方に制作することとなりました。


↓このようにはつりの入った黒っぽい角皿となる予定です。(*´∀`*)
65372452-1.jpg
幅22cm、奥行21cm、高さ1.8cm(約)
上記の写真の角皿は、以前の作でしかも桐材ですので、栗はまた違った風合いとなります。
上塗り漆は、いまいちばんおススメの漆を使いますので、どんな雰囲気になるかなあ…。

このように、オーダーをいただいても、すぐにできないことが多いのですが;;
(すみません;;)
着実に仕上げて、お客様に喜んでいただきたいなあと思います。



IMG_20181224_125103_2.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
お父さんと餅つきをする娘です。

クリスマスイブには、友人の作家さん家族で集まって、陶芸家の上野さん工房で、合同お餅つきイベントでした!!
IMG_20181224_142043.jpg
上野さん宅の手作りのお料理を上野さんの器でいただいて、持ち寄ったお酒で大人は盛り上がり…。
(松本はノンアルのシャンパンとお肉料理を持ち込みました)

各家の子供たちは集まって、自然探索&プチ冒険でした。たのしそう!!

クリスマスをすっ飛ばして、お正月の準備でしたが;;
今年もあと少し、残り少ない平成30年を楽しみたいなと思います。


posted by 宮崎佐和子 at 10:33| Comment(0) | オーダー品

2018年09月04日

■三毛猫ちゃんの梅の花三段丸重箱、製作中です。

強い台風21号が、ただいま四国に接近中です。(;´Д`)
警報が出ているため、当然ながら保育園はお休み…。(涙
お勤めを急に休めない方はどうされているんでしょうね〜〜。

5才の娘は、今のところ、一人で静かに遊んでいますがいつまで持つかどうか。(;´д`)ゞ

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓三毛猫ちゃんになるお重箱を製作中です♪♪
2018_9429.jpg
お客様からいただいた、愛猫ちゃんの写真集を印刷した資料を参考に…。
グリーンの瞳、ピンクのお鼻、古典的な三毛柄…
ととても魅力的なお嬢さん猫ちゃんなんですよ。


↓この赤いお重箱の黒地バージョンですになりますね〜。
DM_4637.jpg
昨年、こちらの作品展でもご紹介したことがありました。
※広島での作品展のお知らせ。

もう猫ちゃんの絵付けの仕上げ以外は、ほぼ出来上がっています…!
IMG_9298.jpg
黒地に紅梅も、華やかでステキでしょう、(*´∀`*)


↓内朱で、猫ちゃんのシルエット入り。
IMG_9299.jpg
黒地バージョンのお重箱もほしい!!と、秘かに制作していた作品ですが、
たまたまお問い合わせをいただき、たいへん気に入ってくださったので、愛猫ちゃんの顔だけ仕上げてお渡しするというスムーズな運びとなりました。(めずらしい!!)

ほかにもいろいろいただいているオーダーのお品も進めていますよ〜♪♪
愛猫ちゃんを描いためんぱのお弁当箱も、いよいよ仕上げ中です。
こちらもクールでとっても可愛い!!
そのうちご紹介出来たらなあ、とおもいます。(*´∀`*)


IMG_20180826_203956.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

先日、仕事で徳島へ行ってきました!!
神山町の古民家フレンチ、カフェ オニヴァさんで晩ご飯♥
子供を預かってもらってきたので、夜はゆっくりできました。
(久しぶりに飲めたのが、何よりウレシイ…)( ;∀;)

posted by 宮崎佐和子 at 11:03| Comment(0) | オーダー品

2018年03月16日

■栗の角皿の木地をカットしました。

昨年、ご注文をいただいた栗の角皿の木地です。

2018_7119.jpg
スッキリとした白い肌が美しい…。
クリらしい木目がいいですね。これから、様子を見ながら加工していくんですよ〜。

このクリ材ですが、昨年末に仕入れてきたものです。※仕入れ


↓こんなに大きな一枚の材だったんですが…。
2017_5247.jpg
思ったより数が取れず;;残念。(>_<)
ご注文分だけはきっちり取れたんで、よかったんですが…。


急いで加工すると、材がゆがんだりしてしまうので、様子をみながら慎重に進めていきたいと思います。


IMG_7109.jpg
さて、今日のおまけ写真は… 
庭のハクモクレンです。この陽気で一気に開花!!

ウルシの木たちもだいぶ動き始めているとおもわれます…。

posted by 宮崎佐和子 at 22:05| Comment(0) | オーダー品