2017年04月07日

■ショップに栗の木カレースプーンをアップしました。

桜・桜… もうこの週末は、あちこちでお花見でしょうね☆
工房の直営ショップ、国産漆のうつわ専門店 和×和でスプーンを入荷しましたので、今日はそのお知らせを…。


↓じゃーーん。栗の木カレースプーンです。
spoon_9997.jpg
ショップではたぶん初めてかな… 近いものをセット品にて出した事はありますが。
名前の通り、栗の木で出来ています。一本ずつ、ていねいに松本が彫っています。


↓長さは18cmほど。
spoon_0066.jpg
使い勝手のよいサイズです☆
spoon_0048.jpg
SPOON_0001.jpg

名前は「カレースプーン」ですが、家庭料理全般に合いますよ!
我が家では、この「ランチスプーン」と同じくらい、この「栗の木カレースプーン」が活躍します。
(ついつい手に取ってしまう… なぜ?)( ̄ヘ ̄)ウーン.

カレーはもちろん、ゴロゴロお野菜のシチューやチャーハン、などなど…
お米料理全般や、カジュアルなお料理についつい合わせたくなります。
…家庭料理って、そんなかんじですよねー。
ランチスプーンは、ちょっと気取りすぎかな?という時によく使っちゃいます☆

気さくな雰囲気のスプーンですが、スプーンおたくの松本が、計算しつくして?制作しています。


↓過去の制作シーンをペタペタと貼っていきます…。
2014MG_0194.jpg
白木地のブーケ。(出張先の実演で制作)

2014MG_0201.jpg
木地固め。栗の木目がかわいい!!(好き)

2014MG_0205.jpg
研磨中。(時間がかかる…;;)

2014MG_0587.jpg
中塗り前。
2014MG_0678.jpg2013_7189.jpg
塗っています…。

2017_9984.jpg
栃スプーン大は、匙部分が大きめなので、すくいやすいけどお口には入れにくいです;;
(我が家では取り分けスプーンか、スープスプーンです)
この栗の木のスプーンは、十分な長さがあり、匙部分もほどよく、さくさくすくえますヨ♪♪

ぜひ、手に取っておためしくださいますとうれしいです。(^^)


2017_0084.jpg
さて、今日のおまけ写真は… 

どんどん大きくなるウルシの葉っぱです。食べごろサイズです。
posted by . at 11:37| Comment(3) | スプーン

2017年01月21日

■スプーンの研磨作業です。

冬本番、今年はどれくらい寒くなるのかドキドキしています…。(寒いのダメ;;)

大寒を過ぎて、また季節が進んだのをかんじます。
工房の庭に来る小鳥の姿で、それがよく分かりますよ〜。
今年の種類が分かれば、もっといいのでしょうが、山の小鳥のような鳥が見られるようになります。
あっ、ビンズイも見ましたよ!!

1_11_kotori_500_.jpg ←ミルの獲物のビンズイちゃん 

ときどき「あの子はなんだろう?」と見とれるような鳥さんに会えるのも、この時期ですし…。
ああよいレンズがほしいです!!
ため池の水鳥の種類も変わりますよ。
いつか、バードウォッチングの講習会に行きたいなあ〜。



さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓スプーン木地の研磨の作業の様子です。
2017_8502.jpg

下塗りをしたスプーンを荒めのペーパーで研磨して、なめらかにする作業なんです。


↓無言でひたすら作業に没頭するまつもと…。
2017_8490.jpg

スプーンは、形が複雑ですので、研磨には神経を使います。
角は仕上がりのキモなので、特に慎重に仕事をするんですよ〜。


2017_8495.jpg
2017_8497.jpg

…ちなみに、この水桶はもう30年近く使っています。(汗


↓研磨して、洗浄されたスプーンが、築地のお魚のようにならびます。
2017_8595.jpg

上塗りしなおし品とか、作業工程の違うスプーンも混じっていますよ。
この機会にお願いして研いでもらいました!!

漆の仕事は、もう塗ってばかりのイメージですが、実際は研磨作業の時間の方が断然ながいんです。
次の塗り上がりにも大きく影響しますので、もっとも効果的に仕上がるよう、工夫しています。

すっかり品薄になってしまったスプーン。
少しずつ作業を進めて、また作りためておきたいなと思います。(^^)


2017_8622.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

さむいさむい!! 
電気アンカを仕込んだ、特製猫ベッドでのむぎ君とミルミルです。
もう11年もこんな感じですよ〜。

posted by . at 07:12| Comment(0) | スプーン