2020年06月17日

■桐長角皿をアップしました。

今年度は、娘の小学校のPTA初役員を務めることになった、わたし宮崎です…。
(部署はいわゆる広報部)
例のコロナのおかげで、今頃になって、やっとはじめての役員会がありました!
いろいろ行事がバッサリと打ち切られ、先輩役員さんたちは、広報誌のネタ探しに苦労しているようです;;
コロナの功名?? と言ってよいのか…。
バッサリ切った行事の中で、もう来年から廃止するものもありました。(ニヤリ) (* ̄∇ ̄*)
広報誌も年3回 → 2回と減る事が決まりました。
PTAのお仕事もどんどんスリム化… これもやはり世の流れかなあ。
思ったほど、たいへんではなさそうで、ちょっとホッとしています;;


さて、ひさびさですが、ショップに桐材の長角皿を二つアップしました!!


↓桐長角皿(木地溜)。
2020_6_0641.jpg
長さ33cm、幅11.5cm、高さが3.3cmです。
上塗り漆は、2008年産岩手県の大森清太郎さんの盛辺天日精製漆。
半つや消しです。刃物のはつり跡を入れています。
ダイナミックなはつりに見えますが、ごく浅い彫りです。
大森清太郎さんの盛辺天日精製漆で、迫力のある仕上がりになりました。
こちらは裏面もはつりが入っています☆


↓桐長角皿(黒溜)。
2020]6_0639.jpg
長さ33cm、幅12cm、高さが2cmです。こちらは違う刃物ではつりを入れました。
黒溜仕上げで、上塗り漆は2004年産の岩手県の大森俊三さんの盛辺機械精製漆。
マットな渋い塗り肌で、上品な感じです。

どちらも10年ほど前の作になります。
国産桐材をたくさん仕入れることが出来た時に、松本が好んで一時期たくさん作りました。
どちらも重厚感あふれる作ですが…。
桐材なので、なんと重さは木地溜は130g、黒溜は100gくらいと超軽量!
お手入れも収納もラクラクです!


↓色違いですが、ほぼ同サイズの桐長角皿の使用イメージです。
kirikakuzara_siyou.jpg

あれから材料もいろいろ値上がりし、手間のかかるお品ですので;;
もうこの価格での制作は難しいと思います。
…そういえば、桐材じたい仕入れの予定がないかなあ。(;><)

詳しくは、各ページをごらんくださると嬉しく思います。



さて、今日のおまけ写真は…
DSC_0368.jpg
香川県は、スウィートコーンの旬が始まっています!
娘の通学路にもたくさんのトウモロコシ畑が…。
上の穂は、トウモロコシのお花?? 
甘い独特の香りがして、思いっきり畑の空気を吸い込みたくなります。(´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 11:24| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年05月24日

■和×和のお椀(ミズメザクラ材)黒溜、朱溜です。

もう、ごらんになられた方も多いと思いますが…。
ショップ和×和に、バージョンアップした、和×和のお椀をアップしています。(*´∀`*)


↓朱溜。径11.5cm、容量360cc。
wawakuro_0501.jpg
朱溜ちゃんは、松本和明の採った、香川県産の工房の漆を上塗りに使っております。


↓黒溜。同じく径11.5cm、容量360cc。
wawakuro_0479.jpg
黒溜ちゃんの上塗り漆は、故人となられた松本の師匠、浄法寺の大森俊三さんの盛辺漆。
(しかも『13辺目の漆をお願い!』と松本がオタクなオーダーをした漆です。

どちらも、刷毛目による微妙な漆の濃淡、塗り肌が美しい!!
国産漆って、ほんとうに豊かで、それぞれ個性あふれているんだなあと思いました☆


オタク丸出しで?凝りに凝った国産漆100%のお椀ですが…
オンラインショップ限定品なので、価格はかなりがんばっています。
朱溜は、制作工程がやや多く、上塗りも難しいので、もう黒溜と同じにできなくなりましたが;;
しっとりと潤んだような、愛する地元の漆を使った、みずみずしい赤い色合いは私のお気に入りです〜〜。


wawasyu_0533.jpg
wawakuro_0493.jpg

お椀のフォルム、容量は以前の和×和のお椀(大きいほうの飯椀タイプ)とほぼ変わりません。
しかし、もう木地がトチ材ではなく、より緻密で硬いミズメザクラ材になりましたので、重量が2〜3割増しになってます。笑
持った感触もカッチリした、丈夫そうな手応えがありますよ〜。
ミズメザクラは、硬く高い弾力性があり、梓弓(神事などに使用される弓)を作るときによく使用されていました。
(そういえば、『梓弓』は万葉集にもよく出てきますね)
ただ、丈夫な材とはいえども、一生懸命に作ったお椀なので、やはり大事に使ってほしいなーと思います。(^^)


そして、まだ慣れていませんが…(というか、よく分かってない部分も多い〜〜〜)。
和×和の公式LINE なんとかボチボチやっています。
(主にめんぱ弁当箱、ショップのお知らせ)
  IDアカウント  @534cqjqt

しかも、松本のめんぱ試作が、意外と急ピッチで進んでいますので、進行に付いていけず、焦っています。(;´Д`)
この順調さも、これもあの憎っくきコロナのおかげも少しありますが…。
めんぱのお弁当箱、試作と言えども、意外といい感じになってきてるので、また見ていただきたいと思います。


さて、今日のおまけ写真は…
2020_5_0461.jpg
我が家の金魚、『めのう』ちゃんと『ルビー』ちゃんです。
(いま、七才の娘が鉱物にはまって、この命名に…)
なかよくくっついて眠るんですよ。
平凡な流金の金魚ですが、カワイイですね。(*´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 23:19| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年05月20日

■和×和のお椀、23日(土)より販売します。

2011年にオープンした、工房の直営ショップ 和×和。
当時は、国産漆は今ほど話題になることもなく、日陰?の存在でした。
そんな『世間に知られていない国産漆の素晴らしさを知っていただこう!!』という、松本と私の願いで、ショップのみの代表作として「和×和のお椀」を準備しました。

2017_8945-thumbnail2-thumbnail2.jpg
“ 漆ビギナーさんのための、国産漆100%のお椀 ”
…というテーマで、登場。無地のシンプルな作り。

「多くの方に、純粋な国産漆のお椀を手に取ってほしい」
そんな、わたしたちの願いが込められていました。

しかし近年の材料(特に木地代)の高騰で、お椀ビギナーさんが手が出せそうな?『一客1万円内』という設定が難しくなり、また工房の仕事も増えてコンスタントに制作することができなくなり…。
残念ながら、2017年2月に、制作終了することとなりました。(;´Д`)

※和×和のお椀の制作終了のお知らせ



しかし!! その『和×和のお椀』が、バージョンアップして、
23日(土)よりショップに登場します。(≧▽≦)ノ




↓黒溜、朱溜の2種類です。
2020_5_0454.jpg
径は11.5cm、容量約360cc(←またきちんと測ります)

以前の「和×和のお椀」と違うのは、ワンサイズであることと、上塗り漆がときどき変わること、そして…。

材の違いです。
前回は、お椀木地として定番だったトチ材を使っていました。
トチは、加工しやすく、温かみのある材でお椀木地として好まれますが…。
材としては柔らかめで、数ある樹種の中でそんなに丈夫な材とは言えませんでした。

そこで、今回はミズメザクラ材を使っています。
ミズメザクラは重硬な材で、比重もやや重く木地も緻密で、かなり丈夫な材なんです。

しかしながら…。
この新しい『和×和のお椀』も、在庫の木地(それなりにありますが)のみで出す予定です〜。
当分は持つと思いますが。(ゴメンナサイ;;)
また、登場記念として、公式LINE 登録してくださった方にはちょっとした特典を付ける予定です☆
楽しみにしていてくださいね!!(*´∀`*)



さて、今日のおまけ写真は…
2020_5_0457.jpg
夕暮れ前の工房の周囲の田んぼです。
水が入り、田植えに皆さんせっせと励んでらっしゃいます。
ときどき野生のカモが田んぼに飛んできて、エサを探す様子は、見ていて楽しいものです☆


posted by 宮崎佐和子 at 22:57| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年04月28日

■ウルシの木の箸箱(17cmのお箸入り、箸袋入り)をアップしました。

久しぶりに、お箸入り箸箱をショップに出しました。(*´∀`*)


↓いつもの保多織の箸袋入りです☆
hasibako_17_0372.jpg
箸箱の材は、珍しいウルシの木。
中にはお箸がぴったりサイズで入っております。

hasibako_17_0370.jpg
hasibako_17_0379.jpg
お箸に会わせてフィットしていますので、動いてもお箸が中でカタカタしません。


↓中のお箸です。
hasibako_17_0388.jpg
かなり繊細に作ったお箸で、材はミズメザクラ。
長さは17cmとかなり短めですが、箸袋で巻いた状態でも長さ20cm程度ですので、場所を取りません。
(箸袋なしで、箸箱のみだと18cm程度)
携帯用、またはお弁当箱用にもなかなか持ち運びやすいサイズと思います☆

このシリーズも、数年前に作った限りで、もうほとんど在庫がありません。
こういった短めサイズなら多少ありますが…。
なかなか制作が大変なので、もう一度、作るかどうか、悩むところです;;(;´д`)

よろしかったら、またページをのぞいて詳しくごらんになってくださいね。


さて、今日のおまけ写真は…
DJI_20200427_153511_609.jpg
松本が近写!!ミルミルのお友だちのぶち猫です。
勝手に工房の食客?となり、一日の多くを敷地内で過ごし、ミルミルと遊びに行ったりします。
コワイ顔ですが、気のいいやつなので「ブッチャー」と名付けております…。

微妙にオッドアイなんですよねー。
以前はナワバリに進入されて怒っていたうり坊も、最近はあきらめ顔です…。


posted by 宮崎佐和子 at 23:23| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年03月20日

■新しい「和×和のお椀」、準備中です。

工房の直営ショップ、国産漆のうつわ専門店 和×和
2011年1月にオープンしたので、もう9年経ちました!


当時のショップの看板品だった、和×和のお椀。
2017_8945-thumbnail2.jpg

  “ 漆ビギナーさんのための、国産漆100%のお椀 ”

…というテーマで、登場しました。
黒溜、ベンガラ溜、朱溜の3カラーあり、シンプルな作り。
しかも、ビギナーさんのために直営ショップ限定として、一客1万円内と設定。(頑張りました!)
「多くの方に、純粋な国産漆のお椀を手に取ってほしい」
そんな、わたしたちの願いが込められていました。


6年間、ご愛顧いただいていた、そんな和×和のお椀。
近年の材料の高騰で、『一客1万円内』という設定が難しくなり、また工房の仕事も増えてコンスタントに制作することができなくなり…。
残念ながら、3年前に、制作終了することとなりました。(;´Д`)

しかし!!


少し仕様を変えて、今春から新バージョンで再登場させようと思います。


2020_3_0104.jpg

2020_3_0102.jpg

ただいま、制作中です☆
詳しくは、また後日お知らせしたいなと思います。(*´∀`*)



2020_3_0113.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
春風に吹かれて、ノンビリ過ごすうり坊とミルミルです。

あたたかくなって、ちょっとソワソワしたり…。
猫たちも落ち着かないみたいです♪♪



posted by 宮崎佐和子 at 07:37| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年01月18日

■福袋、本日20時よりカートオープン。

いま、工房のショップで、今年の福袋を閲覧できるようにしています☆

2020_hukubukuro_bana.jpg

現在、ショップのシステム上、プレビュー期間は在庫0で「売切れ表示」になってますが…
本日20時以前でしたら、売切れではありません。(まぎらわしくすみません)

20時以降にカートが開きますので、お買い物ができます!

19時30分頃より、カートオープン準備のために一度福袋ページを閉じます。
20時になりましたら、ページをもう一度更新してくださいね。
カートが開いた状態で、販売開始となります!!


wawaIMG_2413.jpg

販売期間は、1月18日(土)20時〜20日(月)23:59までの3日間です。(早期終了あり)
年に一度のイベントです!
珍しい器、ちょっとだけ難ありでお買い得なお品、などなど。
展示会では出せないものがほとんどです。

この機会にごらんくださいますと、うれしいです。(*´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 13:01| Comment(2) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年01月16日

■新春福袋、プレビューしました。

通年より、かなり遅くなりましたが…。
ショップに今年の福袋をアップしました!!(*´∀`*)

カートオープンは18日(土)20時からです。
それまで、展示しておきますので、ごゆっくりごらんくださいますと幸いです☆

A_9978.jpg

C_0005.jpg

F_0031.jpg

通年より数は少ないですが、どれもお勧めのものばかりです!
また、ショップのシステム上、プレビュー期間は在庫0で「売切れ表示」になってしまってますが…
まだ販売が始まっておらず、売切れではありません。(;><)
(まぎらわしくて、すみません〜)

18日(土)20時からカートが開きますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。


posted by 宮崎佐和子 at 23:58| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2019年12月27日

■ショップにお弁当箱をアップしました。

久しぶり、本当に久しぶりに、ショップに新作を1点だけ追加しました。

木地はトチ材。ただし松本の挽いた木地ではありません。
f_0004.jpg
香川県産漆100% 木地溜の二段重ね丸弁当箱(保多織のハンカチ付き、紙箱入り)


そうなんです!!

シンプルな木地溜の丸弁当箱ですが、工房の漆だけを使った、記念すべき?お弁当箱です。
(パチパチパチ ← わたしの心の中の拍手)

2018_9570.jpg
作業の詳しくは 2018年の漆掻きをごらんください。
西日本の温暖な地で育ったウルシの木から、「ウルシおたく」の松本和明がこだわって採取した漆は、まるで太陽の輝きを集めたような漆なんですよ〜〜。キラキラしています。

くわしくはぜひページをごらんください。(*´∀`*)


さて、今日のおまけ写真は…
DSC_0693.jpg
DSC_0694.jpg
寝相のわるい、ウチの金魚ちゃんです。(((( ;゚д゚))))
(死んではいません…)

黒出目金は、以前、娘が金魚すくいで連れて帰った金魚でした。
一匹で寂しそうなので、赤い金魚を飼ってきたところ、ラブラブになったので
「よかったあ〜」と安心していたのですが…。

ときどき地が出て?こんな感じになってしまう、変わった金魚ちゃんでした…。
(;´Д`)



posted by 宮崎佐和子 at 22:40| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2019年10月21日

■ショップに虎杢ペンダンドトップをアップしました。

いよいよ明日は、「即位礼正殿の儀」ですね。(^_^)
この日本国の節目でもある、厳粛な儀式をテレビ画面でですが観て、この国に生まれた幸福を改めて感じたいなあと思います。


さて、ほんとうにお久しぶりの更新なんですが…。
工房のショップに、新作をアップしました。


↓虎杢のペンダントトップです。(鹿革紐付き)
AB_9892.jpg
材は、トチです。トチ材は、びっくりするほど美しい杢目を含んでいることがよくあります。

B_9869.jpg
A_9829.jpg
その「木」個体の生きた個性、オリジナリティーそのものと言える、稀な複雑な模様。
その希少価値・審美的価値から珍重されます。(*´∀`*)

IMG_20190602_162744.jpg
その杢入りの端材をせっせとコレクションしていた松本が、その一部を削り磨き上げ、浄法寺漆ですり漆をほどこしまた磨き上げて…を繰り返し、美しいルースをいくつか作りました。
その一部をショップでもご紹介しました☆

ぜひ、ごらんくださいね。



IMG_20191020_093129_1.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
先日の近所のイベント内であった、わんちゃんねこちゃん譲渡会を見学してみました。
みんな、とてもカワイイ!!
(娘を連れて来なくてヨカッタわ〜〜)

大きくなった子も、まだ小さい子も、表情もよくてとてもステキでした。
みな、いい里親さんに出会えるといいなあ〜。

※香川県に新しい動物愛護センターができました。
さぬき動物愛護センター しっぽの森


posted by 宮崎佐和子 at 19:20| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2018年12月29日

■2019年福袋のお知らせ。

今年もあと二日!!
寒さが厳しいですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
工房のショップ、和×和では、恒例になっている福袋を準備中です。
今回は10袋くらいを登場させる予定となっていますので、チェックしてくださるとうれしいです!


↓2019年は、思い切って?お重箱を初めて出しています。
2019_A_9310.jpg

気に入っていたものなのですが…。
作品展に出せなくなったものです。( ;∀;)
どなたかとご縁があればいいな〜。

他の福袋は、随時プレビューしていきます。
カートオープンは1月3日を予定していますので、その間はチェックしてくださいね。
(カートオープンまで、「売切れ」表示になっています)



時期が来たのでうp#頂き物 #凄いのきた #和菓子薫風 お客様から頂戴した15cmのどら焼き、サイズ的にシュトレンかなと、勘違いしておりました。#開けてびっくり 大きな大きな#どら焼き でした。焼きごてで#和うるし工房あい の屋号と#猫 の意匠が#スパークリングワイン と一緒にいただきました、フルーティーな香りと良く合う美味しい#どら焼き でした。ありがとうございました。
さて、今日のおまけ写真は… 松本のInstagramから。
お客様からいただいた、特製どら焼きです!!
「薫風」さんのどら焼き、フルーツたっぷりで甘酸っぱく、ひと味もふた味も違いました!!
(松本はスパークリングワインでいただいていました…)
和のお菓子も、作り主のセンスで、こんなに変わるものなんですね。

うっとりしながら、見習いたいなあ〜と思ったひとときでした☆

posted by 宮崎佐和子 at 23:27| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和