2017年03月19日

■本日深夜0時より開始、春のキャンペーン。

ぽかぽかの連休になりましたね。(^^)
工房の庭のモクレンさんも白い花を咲かせて、ほっこりしています♪♪

さて、工房の3ニャンズのむぎ君も、明日で12才!!!!
うちにきてもうそんなに経つのかあ… 感慨深いです。※むぎ君プロフィール


↓こんなチビッコだったのに…
122182DE82AC82O.jpg

今はダラッとしたオヤジです。(今も寝ています…)
2017_9853.jpg


さて、工房のショップ 国産漆のうつわ専門店 和×和 では、店長のむぎ君の誕生日を記念して、本日の深夜からイベントを開催します。
毎年好評の企画です。さて、今回は…。



↓今年も登場します♥ 店長印のフリーカップ。2017tentyo_2149.jpg2017tentyo_2167.jpg
塗りのサンプルとして、また国産漆の器の普及として…。
2003年から10年以上制作していた、工房の人気作だったフリーカップです。
かわいい形、使い勝手のよざ、5000円よりの価格、などがあいまって、年齢・性別問わずにファンが多かったのです。新技法のサンプルも兼ねていたので、バリエーションもものすごくありました。
しかし、残念ながら材料の高騰により2014年から木地の制作を終えました;;
いくらか木地の在庫がありますので、ショップのイベントのみに登場させています。


↓店長印の四寸小皿。
kozara_9872.jpg
径12cmサイズの和皿タイプ。
こちらも木地の高騰により、再制作が難しくなったものです;;
いくらか木地が残っていましたので、キャンペーンと合わせて紹介する事にしました。
kozara_9857.jpg
きれいな木地溜ですよ!
この小皿は表面のみ、下地粉で蒔地処理をためしており、独特の表情をしています。


↓限定5枚のお品。
mugi_sara_9816.jpg
19cmサイズの満足感のある洋皿ですよ〜。
黒溜なので、キリリとした空気感です。
mugi_sara_9884.jpg
スープ、前菜、一人分のパスタやカレーなどなど…。あっパン皿にもいいですね。
カップと小皿はふんわりした印象のトチ材ですが、この洋皿は能登半島産のケヤキ。
かっちりした高級感のある仕上がりで、とてもお得です。すごくおすすめですよ!!



今回の企画の器の上塗りは、すべて浄法寺の大森正志さんの2008年の盛辺生うるし を使いました。
2015_1278.jpg
使い始めはかなり強い表情の漆だったんですが…。
何度も濾しあげて、だんだん優しい表情のマットな塗り肌になってきて、「ああ、漆っておもしろいなあ」と感じているところです。


キャンペーンは26日までですが、完売になりましたら終了します。
楽しんでくださるとうれしいなあ… (*^_^*)
毎年、早期終了してしまうので、出遅れた方もチャンスがあるようにフリーカップはちょっと多めに用意してみました。
(そのぶん、木地の在庫もはやく減りますが;;)
それでは、何とぞよろしくお願い申し上げます☆


2017_9823.jpg
さて、今日のおまけ写真は、お庭のモクレンちゃんです。

今年もモクレンはカラスさんにねらわれています…。
グイグイと小枝を無理矢理折りとって、どんどん持って行きます。
グスン。

2017年03月18日

■20日より春のキャンペーンが始まります。

四国はぽかぽかのどかな三連休になりそうです!!
(^^)

さて、工房の看板猫、むぎ君(キジトラ)が12才の誕生日を迎えます。(はやっ)
毎年、3月20日には国産漆のうつわ専門店 和×和でイベントを開催していますが、今年もパワーアップして?登場しますよ〜〜。

2017njcsnsdc.jpg

店長にちなんだキャンペーン品で、毎回ご好評いただいているこの企画…。
モチロン、今はまぼろしとなった?フリーカップも登場します!

くわしい内容は、のちほどアップしますね。
何とぞよろしくお願い申し上げます☆


2017年03月11日

■お椀タイプのフリーカップをアップしました。

昨日ビックリな事がありました。
朝、「かおあらわない!」となぜかぐずる娘を、松本が洗面台へ連行するという一幕がありました。
しかし娘はなぜか洗面台にうずくりまり、「おてていたい〜〜」と号泣…。
園の看護師の資格がある先生に診てもらったら、なんとひじ関節が脱臼していたそうなんです。
ぜんぜん無理な体勢でなかったと思ったのに… 気づきませんでした;;
その場ですぐ関節を入れてもらい、とりあえず治りました。(その間30秒くらい)

せんせいすごすぎる… (; ゚д゚)

娘はその夜、お父さんからおわびのお菓子をもらい、大満足でした…。
それにしても、子供の関節って外れやすいんですね;;
気をつけようと思いました。


さて、今日は国産漆のうつわ専門店 和×和にアップした新作をご紹介したいなと思います。


↓ケヤキ材のフリーカップ3タイプです。
2017_9813.jpg
足のあるお椀のような大人っぽいカップです。
径10cm、高さ7cm程度の小さなサイズ。松本が木工旋盤で挽いた木地ですよ〜。
サイズはほぼ同じですが、微妙にフォルムや厚みが違います。


↓手がかりがよく、もちやすい!!
2017_B_9670.jpg
フリーカップなので、デザートやスープなどがよく合いそうです。
ほか、酒器としてもおすすめなんだそうす!(←作者談)
口当たり良く作っていますので、日本酒などを入れて飲むのもいいですね。

専門性の高い器を作る事が多いですが…
このフリーカップは、名前のとおり本当にフレキシブルに活躍してくれそうです☆
(わたしもほしい…)


↓ニュアンスのある塗り肌です☆
kowan_A_9751.jpg
写真にうまくうつらない…(汗
最初スタジオで撮りましたが、その後和室の自然光でいくつか撮り直しました。

木地固めから上塗りまで、すべて岩手県産の生うるしで塗り重ね、仕上げています。
上塗り漆は、2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるし です。
この漆、最初はハードな強い表情でしたが、マットだけど、だんだんきめの細かい塗り肌に変わってきました…。
現物を見ていただくと早いんですが、じんわりと魅力的な塗り肌なんです。

写真の腕がないのがくやしい! (;´Д`)
また、ページをごらんくださるとうれしいです。




2017_9549.jpg
さて、こちら今日のおまけ写真です。
工房の木工場に置いてある、国産キリ材の丸太です〜。
こんだけのボリュームなのに軽い!さすが桐…。

桐角皿のオーダーのご相談があり、木取りの見当をつけたあとがあります。
(サイズが難しかったので、ざんねんながら材変更になりました;;)

2017年03月01日

■パン皿のセット、角皿のセットをアップしました。

子供を寝かしつける前に、いつも絵本を読んでやっています…。
幼児板ですが「フランダースの犬」を久しぶりに読みました。

孤児となり家を追い出されたネルロが、愛犬パトラッシェだけでも助けようとアロアの家に置いて、ひとり出て行くシーンに、娘は不満のようです…。
「どうしておいていくの?」「この子(犬)がいらなくなったの?」
ネルロの絶望を説明しても、苦労しらずの4歳児には理解できるわけもなく…。(汗

子供が生まれて、大好きだった読書の時間が皆無となりましたが、たのしいひとときでもあります。



さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
工房直営のショップ、国産漆のうつわ専門店 和×和に、店長の特選品をアップしました。
毎月1日に更新する、おすすめのセットです。今回はお皿のセットですよ〜(^^)


↓18cmパン皿のペアセット。
pan_8701.jpg
pan_8705.jpg
国産サクラ材の緻密な木地で、松本が挽きました。
豊潤な色合いがキレイです!手がかりの良い形で、楽しく使えますよ〜〜。

パン以外に一人前のサラダを乗せてもよさそうです。


↓もう一つは、桐角皿のセット。
tokusen_B_9336.jpg
先ほどは、洋皿タイプですが、こちらは和皿です。
彫刻刀のはつりが印象的な角皿で、独特の素材感があります。
国産キリ材で、松本和明が以前制作したものとなり、だいぶ作りましたが…
ほとんと在庫はありません。(こんなの多いですね;;)

2017_9306.jpg
黒溜仕上げですが、強い光線の下では、木地の木目が確認できます。

一見、重厚ですが、キリ材なのでびっくりの軽さです。
すり漆仕上げのヒノキの取り箸と一緒にどうそ! 
詳しくはページをごらん下さいますとうれしいです。(^^)



2017_9457.jpg
さて、昨日は高松市の五名畑さんで、お味噌作りに参加させていただきました!

麦味噌なんですよ〜〜。
仕上がるのが楽しみです♪♪

2017年02月21日

■ショップに内銀溜の桜紋ビールカップをアップしました。

さて、1点だけですが新作を 国産漆のうつわ専門店 和×和 にアップしました。(^^)


↓ストレートタイプのビールカップです。
sakura_9280.jpg
sakura_9299.jpg
木目の詰まった材でしょう? 能登半島産のケヤキ材です。


↓ほら、内側が華やかなんです♪♪
sakura_9287.jpg
内側は総銀溜になっています☆
線描で桜の花を描いており、春らしいにぎやかさがありますよ〜。
しかもカップの外側と内側の上塗り漆を変えており、その変化も楽しい!!
内側は、グロス感のあるしっとり輝く塗り肌です。


↓外側は、シックなツヤ消しの塗り肌。
sakura_9291.jpg
のサラサラした触感の上塗り漆は、2008年産、岩手県の大森正志さんによる盛辺生うるしです。精製していない、漆本来の力強さと品の良さが感じられます。
オタクな当工房ならではの高品質な国産漆ならではの天然美ですよ。


詳しくは、ページをごらん下さると嬉しいです。(^^)



2017_9289.jpg
今日のおまけ写真は… 工房の庭のウルシちゃんです。
心なしか、芽がふくらんでいるような…??

2017年02月17日

■ショップに子供椀とスプーンのセットをアップしました。

今年から、4才の娘が週一で水泳教室へ通っています。
先日は、はじめてビート板を使って、バタ足をしました!(しかし先生に引っ張ってもらいながら…)
夏ごろには、泳げるようになるかなあ…。
私が泳ぎがぜんぜんダメなので(プールの端まで泳いだ事がない) 娘は水泳の楽しさを知ってほしいなと思いました。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
国産漆のうつわ専門店 和×和に、新作をアップしました。


↓かわいらしいでしょう…♪♪ 小さなお椀とスプーンのセットです。
2017_9175.jpg
10cmサイズの小さなお椀と、スプーンの組み合せ。
お食い初め、離乳食の器としてのご紹介です。お椀の高台の裏に名入れサービスが付いていますよ。

赤ちゃんご誕生やお誕生日のお祝いなどにいかがでしょう。(^^)


↓スプーンはとくにおすすめ!
2017_9185.jpg
中学生のときからスプーン研究をしていた(ほんとらしいです;;)オタクな松本が、一本ずつトチ材を手削りして制作しているスプーンなんですよ〜。
もどかしい?最後のひとすくいまで、きれいに取れます。
大人のデザートセットとしても楽しめそうなセットです。

ただ、このセットはお子さんがガジガジしたり、テーブルでカンカンするのには向きませんので;;
お子さん自身に使っていただくのは、年中さんくらいになってからの方がよいかもしれませんね。
(^^;

また、詳しくはページをごらんいただけますと嬉しいです☆



2017_9069.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

おなか減っているらしいミルミルです。


2017年02月09日

■ショップに和×和のお椀を追加しました。(制作終了のお知らせ)

二晩続けて、9時間睡眠をとってしまい、我ながらあきれています…。
(夜10時→翌朝7時。寝すぎて、体のあちこちが凝りまくり;;)
娘を寝かしつけたら、夜はいくらか事務仕事をしようと思っているんですが、いっしょに熟睡してしまい、ぜんぜんできませんでした。(-_-;)
途中、まったく気づかずに朝になっていたのです。

年齢を重ねたら、だんだん睡眠時間は短くなるんじゃなかろうか…?
やることが多過ぎるのにぜんぜん進まず、自分の仕事の遅さにまいってしまいます。(涙



さて、そんな今日はこれをお知らせしますね。
工房の直営ショップ、国産漆のうつわ専門店 和×和にお椀を追加しました。


↓和×和のお椀、全部で13客のアップです。
2017_8945.jpg
「和×和」シリーズの汁椀(径11cm、容量約320cc)と飯椀(径11.5cm、容量約360cc)の2種です。
汁椀は黒溜、飯椀はベンガラ溜のみとなります。
お椀としてはやや小ぶりですが…
ネットショップ限定で開発したものです。純国産漆のお椀でなんと1万円という設定で今までご好評いただいていました。
残念ながら、制作終了となりましたので、今回の在庫かぎりとなっています。



↓こちら、黒溜の汁椀です。手に取るとこんなかんじです。
W110-K-25_8946.jpg
ややツヤ消し気味の黒真珠のような塗り肌です。
上塗り漆には、2008年岩手県の大森清太郎さんの盛辺天日精製漆を使っています。


直営ショップをオープンしてはや6年。和×和のお椀は、看板商品として開発しました。
漆ビギナーのお客様に、ぜひ手に取ってほしい。本物の漆のお椀の良さをシンプルに実感してほしい。
そんな思いで誕生したお椀で、たくさん作らせていただきました。

その6年間のあいだ、木地が値上がりしたり(←やっぱり痛い! >_<;)
また、工房の仕事も多様化して、コンスタントに制作を続けるのがだんだん難しくなりました。

ほんのささやかですが、国産漆のお椀の普及に一役買ったと思いたいなあ…。
最近になって、国産漆使用を掲げたお椀を見かけるようになり、時代の変化をかんじています。
しかしながらこのお椀、見かけはシンプルですが、どこよりも間違いなく?マニアックな作りをしたお椀ですので、気になっていた方はこの機会に手に取ってくださいますとうれしいです♪♪
(^_^)


2017_8400.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

娘にぜひ写真に撮ってくれと頼まれた、ウルトラマンタロウ人形です。
(いつになったらブームが去るのだろう…)

2017年02月01日

■ショップに店長の特選品をアップしました。

工房の3ニャンズのうち一匹、うり坊(雄・銀トラ年齢不詳)が、戦っています…。

ふたたびうり坊の国境に、敵船があらわれているのです;;
今日見たのは若い猫さん(白地に茶トラ無地ちゃん)。
うり坊がひたすら劣勢でしたが、わたしが加勢したのでなんとか追い払ったようですよ〜。

しばらく無風で平和だったうり坊のナワバリですが、世間の猫さんの流れがまた変わったらしいです。
猫の額ほどのうり坊のナワバリ(ほぼ工房の敷地のみ)ですが、うり坊は死守できるのかなあ〜


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
国産漆のうつわ専門店 和×和 に特選品をアップしました。(^ ^)
「店長の特選品」は、毎月1日に新作を出しているコーナーです。
おススメのセット品をちょっとお得な設定でご紹介しており、店長の力量のみせどころ?となっているんですよ。


2月は3セットあります。
wan_set_8755.jpg
根来風14cm小鉢と21cm手削り箸&梅の箸置のセット。

何ともいえない透明感のある、明るい朱溜の小鉢のセットです。
梅の箸置との組み合せがなんとも可愛らしいです♪♪
小鉢の容量は450ccもあり、いろいろと活躍しそうです。

wan_set_8765.jpg
小鉢は黄みの強い華やかな朱で、ハッと目を引くような存在感があります。
写真のように、研ぎだしによる根来風の景色があり、味わいが感じられますよ。

次は小皿の3枚アソートです。


↓こちらは草花紋の11.5cm小皿 3枚アソート。
assort_A_8594.jpg
一枚でも可愛らしいですが、3枚あつまるとより華やか!!

組み合せに悩んでしまう柄違い小皿の取り合わせ。
ショップでおすすめの取り合わせで、3枚セットに。ちょっとお得な価格設定になっています。


↓11.5cm小皿のサイズ感はこのような感じ…。
assort_A_8641.jpg


↓こちらは、もう少し小さい草花紋の10.5cm小皿 3枚アソート。
assort_B_8648.jpg
素朴な可愛らしさでいっぱいで、おススメです!
木地はサクラ材なのもうれしいです。

assort_B_8689.jpg
どちらのアソートも、径はほぼ同じですが少しずつ形が違ってたのしいです☆
手挽きの自由さ… といいますか、型を作らず、手挽きでニュートラルに挽きあげました。
リラックスして作った木地ですが、きちんと感がしっかりありますよ。

お友達とのお茶会とかに活躍しそうですね〜〜。
また、ページをゆっくりごらんくださるとうれしいです。(^ ^)



2017_8861.jpg
さて、今日のおまけ写真は… 国境防衛中のうり坊です。

今年の春も、たくさん新猫さんが攻めてきそうです… (;- -)


2017年01月15日

■ショップにスプーンを各種アップしました。

寒波到来…ブルブル。今日は氷が張っていました!
あまりの寒さに外猫のうり坊も、なんだかんだと理由をつけて?工房の中へ入ってきますよ〜。

さて、もうごらんになられた方もいらっしゃるかもしれませんが…。
直営ショップの国産漆のうつわ専門店 和×和に、スプーンをアップしました。(^^)


↓珍しい?朱溜のランチスプーン。
spr_7843.jpg


↓こちらは朱溜の栃スプーン大です。
sptd_7825.jpg
sptd_7832.jpg
この繊細なフォルムに注目〜。作者の松本のこだわりが詰まっています。

ランチスプーンは文字通り、ランチのお料理に活躍するスプーンです。
オムレツやピラフ、カレーなどなど。
卵料理やごはんものにちょうどいいです。我が家でも一番よく使うスプーンです。

栃スプーン大は、スープ等によく合います。
匙部分が大きいので、煮豆やポテトサラダの取り分けなどにもよく活躍しますよ!
赤いスプーンは、食卓のポイントにもかわいらしいです。


↓あ、栃スプーン中も出ています。
spt_7794.jpg

昨年もチラッとご紹介しましたね。まだ白木地の時でした。

2016G_7321.jpg
こんなふうに一部杢入りの木地だったんです!

…結局、全部塗り込んでしまったので(汗 杢は分からなくなってしまいました;;
けど、杢っぽいのを探して、ショップ用に取り分けていたものです。(極秘情報)
杢率高し… だんだんと漆の色が透けてきて、杢がはっきりと分かるようになるかもしれません。


さて、気になるスプーン木地の制作ですが、松本がこんな風に制作しています。


2017G_8445.jpg
2017G_8453.jpg
IMG_8467.jpg
2017G_8461.jpg

漆オタクでスプーンマニアだという松本…。
漆のスプーンは中学生のときから作っているらしいので、30年以上の実績があります。
おいしい料理が大好きなので、スプーンでお料理の味が変わるのが楽しいというのです。

4才の娘もお父さんのスプーンが大好きで、たくさん食べます♪♪
お客様から、お孫さんのお食事に使っているとか、介護中であまり食べられない親御さんに、工房の漆スプーンで少しずつ食べてもらっている、というお話を聞くと本当にうれしくなります。