2017年01月27日

■ミズメザクラ材の茶椀の木地です。

4才の娘が、最近おともだちと約束事をするようになりました。
こんどウルトラマンの見せっこしよう!おうちに遊びにおいでよ〜 
みたいなたわいのないものですが…。
近いうち、ほんとうにお友達を連れて帰ったりする日がくるんだろうな;;と思いました。
しかし…
ウルシの木や木工機材、さまざまな道具が置いてある工房の我が家…。
気軽にお友達に来てもらえるような環境ではないなあ。どうしよ。(> <;)
…両親に似ず、やたら社交的な娘なので、今から悩んでしまいます。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓松本の挽いた茶碗です。
2017_8854.jpg
ミズメザクラ材です。

径14.5cm、高さ7cm少しくらいのサイズになります。
まだ木地固めの状態です。

2017_8857.jpg
2017_8859.jpg

口当たりが良いように、口ふちの作りにこだわっているそうですよ〜。
かるく玉縁になっていましたね。
高台も手がかりがやさしくなるように作り込んでいます☆

ミズメザクラは堅い材で、持った時に安心感があります。
また作業が進んだらご紹介したいなとおもいます。(^^)



2017G_8330.jpg
さて、今日のおまけ写真は… 工房の庭のウルシの苗木ちゃんです。
この子も春を待っています♪♪

posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | 木工旋盤

2017年01月19日

■デミタスカップの木地を挽きました。

4才の娘が、ウルトラマンにはまっています…。( > < )
日没後に見える金星を「あれがウルトラマンの星だよ〜」と冗談でいうと、本気で信じてました。(えーっ)

いちばんお気に入りは、ウルトラマンタロウ。
タロウのDVDをみて、お父さんに買ってもらったタロウ人形と寝ます。(汗
人形はおばあちゃんにも買ってもらったので、タロウ、マックス、コスモスと増え、3体並べてご満悦です。

先日、こっそりタロウ人形をリュックにしのばせ、保育園に持ち込もうとしたのを私が気づき、園内でちょっとした大捕り物が繰り広げられました…。

ゴジラ、恐竜、ライダーものと、趣味の幅を広げておりますが、私も小さいときこんなだったかなあ〜〜
(おぼえていません;;)

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。



↓松本が、デミタスカップの木地を挽きました。
2017_8568.jpg

うわあ〜〜カワイイ!!
ふわっとしたボディで、高台がしっかりあるタイプです。
ぷっくり玉縁になっているのが、チャームポイントですね。(^^)


↓手に取るとこんな感じです。
2017_8581.jpg
木地はケヤキです。
しっかり厚みを取っているので、小さめカップですが手に取っても安心感がありますよ〜。

セットでご注文のお客様のカップですよ。
仕上がるのがとても楽しみです☆



2017_8531.jpg
さて、今日のおまけ写真は… うり坊です。※うり坊プロフィール

お庭に積まれた、木工旋盤のおがくず山に乗っかって、お昼寝してました。(汗

posted by 宮崎佐和子 at 22:49| Comment(0) | 木工旋盤

2017年01月12日

■木曽ヒノキで湯飲みの木地を挽きました。

昨日の松本は、木工場で木工旋盤をあやつっておりました。

2017G_8402.jpg
日差しがあって、わりと暖かかったので、仕事が進むようです。
イキイキと挽いていて、ちょっと声をかけても気づきませんよ〜。

…ちょっと近付いてみますネ。


(やっと私に気づいて、みせてくれました!)
2017_8405.jpg

今日はカップや湯飲みなどを挽いていたらしいです。

2017_8410.jpg
これは湯飲み… ヒノキ材です。
内側から挽きますよ。



↓こちらは別の木地で、今から挽くものです。
2017_8419.jpg


夕方になって、挽いていたヒノキの湯飲みの木地ができたから見る?と声をかけてもらいましたよ〜。


↓こんなふうに挽きあがりました。
2017G_8437.jpg
すっきりすがすがしい、白木地の湯飲みです。(^^)
このヒノキは、昭和に伐採されたもので木曽檜です。産地ブランドのヒノキですね。 ※1年くらいまえに買い付けました
さわやかな香りもして、このままずっと見つめていたくなりました。

クスやケヤキでもカップや湯飲みを挽きますよ〜。
ヒノキはこだわるお客様がときどきいらっしゃるので、用意しています。
材の多くは丈夫な広葉樹なんですが、針葉樹にしかない魅力もやっぱりあります。

いろんな材で国産漆の魅力を深めて、多くの方にみていただきたいなあとおもいます♪♪



2017G_8436.jpg
さて、いっぽう木工場のぬしはというと…

二階の特設ネコベッドから出てきません;;
(耳だけ見えますよ〜)

posted by 宮崎佐和子 at 10:30| Comment(2) | 木工旋盤