2020年03月07日

■イケメン猫ちゃんのめんぱお弁当箱です。

続けて、先日お客様に納品したオーダーのお弁当箱をご紹介したいと思います。
(*´∀`*)


2020_3_9956.jpg
ツヤツヤ外黒のぜいたくなお弁当箱…!!((( ;゚д゚))
うるうるしたみずみずしい塗り肌が魅力的です。
制作に使用した技法も、かなり手の込んだものなんですよ。
でも、このうるつや感、磨いて仕上げたものではなく、工房にあるレア国産漆の一つを使ってしあげたものです。
工房のストックしてある数ある国産漆の一つの表情なんですよ☆
(うちの工房のこだわりです)
今回は、お名前入りのウルシの木の箸箱&お箸もセットでご注文いただきました。
このお箸箱には保多織(香川県の伝統的工芸品織物)がありますよ〜〜。
お弁当箱も、同色の袋をお付けしました。


↓内側は、お客様の愛猫のハチワレ美形君がてんこもり!!笑
2020_3_9959.jpg
※前回の作業の様子

お客様からいただいた猫ちゃんの写真でいろんな姿態を松本が描きました。
(こういう絵付けは、松本はとっても得意なのです…!)
ただ、線描では、白黒ハチワレの魅力が出にくいので、黒漆で水墨画のようにぼかしこみ、濃淡色を入れてみました。(おっと、これはわたしの仕事〜〜)

2016年にお受けしたオーダー品なので、いったいどれだけお待たせしたか…(;><)
このうるつや塗りが、工房の秘伝??でして、いっそう時間がかかってしまいました;;
しんぼう強く待って下さったオーダー主さんには本当に感謝です。

---------------------------------------------------------
このめんぱ(曲げワッパ)のお弁当箱は、木地師さんのご都合で、木地の仕入れができなくなり、2016年頃でオーダーの受付をお休みしています。
また、めんぱ(曲げワッパ)のお弁当箱は工房独自で開発したいと思っています。
(↑が、時間が足りずなかなか進まない 涙)
何とぞよろしくお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------

2016年にお受けしたお弁当箱、まだお二人分ほど残っています。(すみません)
がんばらばければ〜〜〜。


さて、今日のおまけ写真は…2020_3_0057.jpg
最近の陽気で、工房の庭のモクレンちゃんが一気に開き始めました!
野にやってくる鳥たちもだんだん種類が入れ替わってきてますね…。

例の憎いウィルスも、春になれば落ち着くのでは…?
と訪問に来られた置き薬の担当者さんもおっしゃっていました。
ほんとうに本格的な春が待ち遠しいです。(*´∀`*)



posted by 宮崎佐和子 at 16:23| Comment(0) | オーダー品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: