2018年07月10日

■2018年の漆掻き(1辺目)

今年は、本格的に工房の五色台のウルシ畑の漆掻きをします!
(*´∀`*)


昨年も漆掻きを少しだけしましたが… ※2017年の漆掻き
2017年は、工房の庭のウルシの木が伸びたので、切り倒す前に気軽にした漆掻きでした。


工房のウルシ畑は、香川県高松市の五色台(香川県の高松市と坂出市にまたがる瀬戸内海に張り出した山塊の総称/ウィキより)の中にあります。
約3反ほどある畑で、五色台のもとミカン畑です。
2002年から植栽を始めて、今年でもう17年目になりますね。
工房を立ち上げて、間もなく作った思い出深いウルシ畑なので… 感慨深いですよ〜。

IMG_20180419_131923.jpg
IMG_20180419_131942.jpg
新緑!瀬戸内海も見えます。今年の4月に撮った、畑の写真です。


2001年
 工房をひらく
2002年
 五色台の工房のウルシ畑に植栽はじめる
   ↓   ↓
(この間、公開植栽などのイベントも開催)
   ↓   ↓
2017年 五色台の工房のウルシ畑、漆掻き開始
(試験的に1本のみ掻く)※工房のウルシ畑で、初めての漆掻きを開始しました。
   ↓   ↓
2018年7月 本格的に漆掻き開始!!



この間、松本もわたしもいろいろありました。
思わぬ病気になって仕事が思うようにできなかったり〜〜〜
当時は、国産漆の認知度があまりにも低く… いろいろ試行錯誤しました。

そうそうわたしは出産もありましたね。ほんとうにあっという間でした。

先月6月から、松本は漆掻きの準備のためウルシ畑に通っていました…。
写真撮影をお願いしていたんですが、畑でスマホをカチ割ってしまい;;
残念ながら画像がありません〜〜〜〜(;><)


2018年7月9日に、目立て(初鎌、初の傷、1辺目ともいいます。
DSC_0136.JPG

…ほんとうは7月入ってすぐ行くつもりだったのですが;;
ご存知の豪雨のために伸びていました。
香川県は、しばらく天候がよいそうなのでホッとしていますよ。

いよいよスタートしたなあ。

DSC_0137.jpg

DSC_0139.jpg

この最初の傷つけは、ウルシの木へのごあいさつです。
(ウルシの木にとっては迷惑な話ですが…)
それぞれの樹形、生えている地形の条件、などを考慮して、この年の漆掻きの計画をすでに決めています。
この木にはこういうアプローチを…と個々に松本は決めているんですね。
今年は10本ほどの木を掻きます。

行け!!漆おたく!!(笑)

また、私も同行して、漆掻きの様子の映像を撮りたいなと思います。


2018_9093.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

松本実家で捕れたカブトムシ幼虫さん※ が成虫になりました。
一部、保育園のバザーに寄付をしました。

posted by 宮崎佐和子 at 13:58| Comment(0) | 2018年漆掻き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: