2018年02月25日

■ケヤキの丸弁当箱の木地を挽きました。

こころなしか、だんだん寒さがゆるんできましたね♪♪
日も少しずつ長くなり… もう春の面影を景色の中に探してみたくなります。
(´∀`*)

さてさて、日記を更新しよう〜と思って、いろいろ写真を撮りためているんですが;;
寝落ちしてしまい、なかなかすすみません。(;´Д`)
チェックしてくださっている方、申し訳ありません。

なにかと話をためこんでいるのですが;;
今日はこれをご紹介したいとおもいます!


↓松本が、新作のお弁当箱の木地を挽きました。
2018_6813.jpg
うわっカワイイ!!
松本の手が大きすぎて、スケール感が分かりにくいですが…。( ・o・)
径15cmくらい、ほどよいやさしい大きさです。

ナチュラルなケヤキの木目がいいですね。
内側の角は、角丸にしていますので、マイルドな雰囲気です☆
よごれが残らず、洗いやすいですよ〜〜。


↓蓋をかぶせた様子。
2018_6810.jpg

かぶせ蓋ではないので、すっきりとした姿です。
蓋の内側も多めに刳っているので、身の器より高い、立体感のある盛りつけが可能ですよ☆

このお弁当箱、材がいくらかありますので、もういくつか制作することができそうです。


2018_6791.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

これは… なんでしょうか?
山菜の一種??
いえいえウルシの根っこちゃんなんです。(*´∀`*)
分根用に、松本が採りました。
また、様子をみてポットに植えていく予定です。


posted by 宮崎佐和子 at 23:01| Comment(0) | 制作風景(松本和明)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: