2018年02月18日

■オーダー品の梅の花の三段重箱です。

相変わらず、冷えますね〜〜
工房の周囲はそうでないですが、香川県もあちこちで「雪が積もった!!」という声があちこちから聞こえてきます。

さてさて、話は変わりますが…。

オーダーをよくいただく弊工房。
他の漆工房さんは、そうでないところが多いかと思うのですが…。
うちの工房の場合は、製作に時間がかかり、せっかくご注文いただいても「すぐ納品!!」というワケにはいかないことが多いです。(すみません…)
早くて半年、時間がかかると数年…っていうこともままあるのです。
(すみません、すみません〜〜;;;;;)

木地が完成しているものもしくは制作途中まで進んでいるもなら、1年を目安に納品できることが多いんですが…。
木地から作成するもの、工程の多いもの、素材が特殊なものに関しては、1〜2年以上かかる場合があります;;
また、オーダー品は通常業務の合間に少しずつ進めていまして…。
小さな工房ですのでオーダー品制作の時間が年間で限られてて、内容によってはそれ以上お待ちいただくことがあり、いつも申し訳ない思いをしています。

また、ええ!と思うような、不測の事態で納期が遅れることがあり…。
(3年前、松本が目の手術をすることになった時も、あせりましたよ〜;;)
今年の冬は、家族が連続で風邪を引いて熱が出たり、ほんとう、体調管理って大事だな!!と気を引き締めているところです。


このお重箱もそう。
ご注文からなんと7年目… お客様には頭が上がりません。(;´Д`)


↓梅のお花の三段重箱ちゃんです。
2018_6740.jpg
※前回の様子
ほんとうは、もうとっくの昔に、お客様にお渡ししているはずだったのですが〜〜。

上塗りがうまく仕上がらず;;
しばらく進行がストップしていました…。( >o<)
そうこうして、改めてこの梅のお重ちゃんを眺めてみると、「もっと納得いく出来にしたい!」と思うようになり、もう一度絵を描きなおしてみることにしました。
幸い?お客様も内心はちょっとあきれつつも??OKしてくださいました。
(ほんとうにありがとうございます〜〜〜)

前回の絵柄を生かしつつ、もっと奥行きのある雰囲気にしたいなあと思います。


2018_6763.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

工房の小さな居候、ヤモリのベビーちゃんです。
1月末、松本の仕事場で、お重箱の木地のすき間でひからびたようになっていたのを発見…。

死にそうになってましたが、真冬なのでエサの虫がいない!( ̄△ ̄;)
木工場で越冬中のクモとか見つけて、1匹食べさせ、卵黄解きの牛乳を飲ませていました。
ペット用の生エサのコオロギなどを食べています。

あれから3週間、なんとか元気になってホッとしているところです…。


posted by 宮崎佐和子 at 22:09| Comment(0) | 制作風景(宮崎佐和子)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: