2018年01月26日

■漆が乾かない… 桜の丸弁当箱の絵付けをしています。

子供がウロウロする工房で、ストレスたまっています。(;´Д`)
しかも、松本までもが風邪を引いてしまいました。
(引きこもり暮らしなのに!!)
…冬って、いろいろやりにくいなあ〜。

しかも、漆が乾きません。

2018_6307.jpg

…去年から、ぼちぼち制作をすすめている桜の二段丸弁当箱です。
やっと外側の絵付けが終わりました!!

これって、絵漆で模様を描いて、漆室に入れ、乾きがちょっときたところで銀泥を蒔きつけています。
そのタイミングが重要なのですが〜;;
乾きが遅すぎて、ぜんぜんはかどりませんでした。

「漆が乾く」って、とても神秘的で、科学的にはそのメカニズムが解明されているのですが…。

漆、ことに弊工房で扱うデリケートな国産漆は、条件を満たしてもなぜか乾きがこないことがあり;;
温度を上げたり、湿度をさらに高くしたり、いろいろ「スイッチ」を入れても、硬化しないことがままあります。

特に冬場、季節の変わり目は難儀します。
あと、内側の絵付けが残っているなあ… 
がんばらなくちゃ (;´д`)ゞ


2018_6313.jpg
こちらは、京都のお客様からよくいただく小豆のお菓子です。
とってもおいしいんですよ!!

ストレスも相まって?
あっという間にこんなに減っていました。(; ・`д・´)


posted by 宮崎佐和子 at 11:53| Comment(0) | 制作風景(宮崎佐和子)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: