2018年01月18日

■ウルシの木を伐採しました。2

娘の熱が引かず、今日も工房でウロウロしています…。
(((( ;゚д゚))))こまったなあ〜〜。
仕事が進まないです…。

さて、昨日に引き続き※、ウルシの木の伐採のお話です。

昨夜、ほとんど書いていたのですが、こんな時に限ってなぜか全消えしていてくじけそうかも。
でも思い出して、書き直しました…。(;´Д`)


↓1月16日のこと…。五色台の工房のウルシ畑の木を伐りました。
IMG_20180116_153635_1.jpg

ここの場所は、香川県高松市の五色台という山並みの中。
善通寺市にある工房から、車で1時間くらいの場所にあります。(^^)
この畑は、2002年から植栽をはじめた畑なんですよ〜〜。
庭のウルシの木※は、観察用に植えているものですが、こちらのウルシ畑の木は本格的に漆掻きをするための木。

最初に植えた木は15年経ちますので、じゅうぶん大きくなっております〜〜!!

2016_7659.jpg
2016年には、松本が試験的に1本漆掻きしてみましたよ〜。※2016年漆掻き
とても手応えを感じる、漆掻きで期待十分でした。


さてさて、時間はさかのぼって…。


まずは伐採当日、畑に到着したときの様子です。
IMG_20180116_152358.jpg
松本が近付いている大きな木が、今回切るウルシの木ちゃんです。
(ゴメンね〜)

…それにしても、冬のウルシ畑って、ほんとうに静かでですね〜〜。
時々、山の小鳥が飛び交う音しか聞こえません。


↓2016年の夏場はこんなかんじでした…。
2017_1982.jpg

…と、感傷にひたっていると、
松本の準備が整ったらしく、いよいよ伐採が始まりました!!


IMG_20180116_152614.jpg
先日の、庭の木と違って、かなり大きい木ですので…。
倒れる方向を見ながら、よく観察しつつ、慎重にくさびを打つように少しずつ斬り込んでいきますよ。

あっ!! w( ̄△ ̄;)



ぶじ倒れました…。よかったあ。


↓倒れた木は、細かく切ってまとめます。
IMG_20180116_153710.jpg

IMG_20180116_154428.jpg
漆掻きのあと。

ところで、ウルシの木の断面って、ウコンみたいな鮮やかな黄色でしょう?
これってほんとうにこんな色なんですよ〜。
冬場の景色の中では、ポッと火がともったように見えます☆

IMG_20180116_153859_2.jpg
…今日は、とりあえずここまでかな?
後日、また来て、木を片付けます。(^^)


IMG_20180116_154346.jpg

小さな苗木から、こんなに大きくなって…

ウルシの木さん、ありがとう!!


ほんとうは去年に切り倒したかったんですが、なかなか予定がつかず;;
やっと切ることができて、ホッとしました。

切ると可哀想な気がするかもしれないですが…。
自然の復活する力はすごいもので、次のあらたな木が伸びて、あっという間に立派なウルシの木に成長します。

(*´∀`*)
posted by 宮崎佐和子 at 17:06| Comment(0) | ウルシの木の伐採
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: