2017年09月01日

■ショップにお月見セットと朱溜縄文黒の大常椀をアップしました。

疲れ気味のようで… モタモタしましたが;;
工房直営ショップで毎月1日に更新している、店長の特選品をアップしました。(,,・∀・)

今回は二つありますので、ご紹介しますね。


↓お月見をイメージしたセット。
tukimi_3187.jpg
30cmのお盆(虎杢入り!)と13cmの高杯、23cmの栗手削り箸の3点セットです♪♪


tukimi_3173.jpg
高杯は、ススキをイメージした銀彩入り。

↓塗り肌に注目です。
tukimi_sara_3210.jpg
オイル感のある、不思議な塗り肌に仕上がりました。
上塗り漆は、2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるしなんですが…。
いつもはこんなふうに塗り上がらないので、たまたまだと思うんですが、ホントなぜなんでしょう。
同じ漆でも、違う表情が出ることはよくあるから面白いです!


↓お盆は手に取るとこんな感じです。tukimi_bon_3264.jpg
1〜2名程度の給仕、または1人前のお膳にもステキだと思います。
(^^)


↓あっ、お椀もあります。
joumon_3131.jpg
2005年ころまでによく制作していた、縄文黒シリーズの変化球です。
朱溜バージョンですね〜。
ごく最近になって、上塗りをして仕上げました☆

joumon_3153.jpgjoumon_3152.jpg
2017_3109.jpg
ゴツゴツした風合いのお椀ですが…
よく表面をならしているので、手に取ると意外としっとりなじみます。

ほかにもいろいろ写真をとっていますよ〜。
詳しくは、ショップのページを楽しんでくださいますとうれしいです。(*´∀`*)



2017_3291.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

コレナンダ?? 漆掻きしているウルシの木の根本に生えていた植物?です。
松本はサルノコシカケだというのですが〜〜?

posted by 宮崎佐和子 at 22:49| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: