2017年06月01日

■美しい金色の 栃縮杢のすり漆盆 をアップしました。

いよいよ6月になりましたねー。(^^)
国産漆のうつわ専門店 和×和 で、毎月1日に更新している、店長の特選品。ちょっとめずらしいお品、レア品、おトクなセットが登場しています。
今回の特選品はこれです〜〜。


↓写真撮影に苦労しました…。(;ー_ー)
bonA_1168.jpg
bonB_1160.jpg
とても美しいでしょう?杢のすばらしいお盆です。サイズは径36cmです。
今回、2枚あります。どちらも絵画のような美しさで、甲乙つけがたし〜〜。

…実物はもっと立体感・透明感があってキレイです。(汗
腕のなさがうらめしい… いいレンズが欲しい…


↓手がかりの部分は糸目をつけており、安定の持ち心地です。
bonA_1081.jpg
bonA_1097.jpg
bonA_1101.jpg

…ちょっと、この美杢をアップで見てみましょうか?

bonA_1083.jpg
木の杢は同じものが二つとなく、材の取り方によっても見え方が違います。
この杢は、縮み杢、虎杢…と呼ばれるものですが、トチ材はときどきこのような部分がふくまれます。
でもこんな大画面はちょっと珍しいなあと思います☆
bonA_1157.jpg
bonB_0615.jpg
撮影のライトの光、自然光で撮りましたが、なかなかむつかしい!

木の繊維が複雑に入っており、光の角度で立体的にホログラムのように輝きます。
虎目石のようなキャッツアイ効果というのしょうか…。とても魅力的なんですよ。

このさざ波を感じさせるような杢の景色ですが、白木地の状態では、白くぼんやりとした儚いものです。
適切に漆の仕事をほどこすと、キラリン☆とみずみずしさを得て輝くから不思議です…
この美しさを引き出すため、12回以上慎重にすり漆を重ねて仕上げています。
透明感の高い国産漆ならではの仕事ですね。


2017_1117.jpg
茶托なしだと、お湯飲み5客くらいは並ぶと思います。
一人前のお膳にしてもゴージャスですねえ…。
くわしくは、ぜひページをごゆっくりごらんくださいますと嬉しいです。(^^)



2017_0927.jpg
さて、今日のおまけ写真…この足跡は誰のでしょうか??

…答えはむぎ君です!
お弁当箱に猫の足跡の絵付けのご依頼があり、モデルはむぎ君となりました。
スタンプで足跡をうつしたんですが、インクが残ったまま逃走して床を歩き回った悪いやつです。


posted by 宮崎佐和子 at 02:15| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: