2017年04月20日

■オーダーのお弁当箱、制作中です。

ね、ねむすぎる〜〜〜。(>_<)
よく寝ているはずなのに、昼食後の午後は眠くなります。

そんな今日は、松本の漆の作業の様子をちらっとお見せしたいなと思います。


↓昨年、ご注文いただいためんぱのお弁当箱たちです。
2017_0202.jpg
昨年の夏、最後のオーダー会のものです。
この子たちは、外黒内朱バージョンのご注文のものですね。


↓こちらはベンガラ漆を塗っています。
2017_0203.jpg
どうやってお弁当箱の木地を持っているかというと、『タコキュウ』という愛称の吸盤付き取っ手を使って持っているのです〜。

2017_0215.jpg
きれいな塗り上がりになるよう、気をつけながら作業をします。

2017_0219.jpg
漆室の中で、十分乾かします☆

季節の変わり目は、人間の体調だけでなく、漆の様子もよく変わるので、油断できません。(汗
いつもはよく乾く漆がなかなか乾かなかったり、塗り上がりの雰囲気がいつもと違ったり…。
そのたび、「あれれ??」と言いながら、漆室の温度や湿度の調整をしたりと、気が抜けません。

(梅雨になると、漆室に入れなくても、すぐ乾きが進んでくる漆もありますし…;;)

漆って、生き物だから、よく見てあげて扱ってあげないといけません。(^^;)



2017_0141.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

今日もグウタラのうり坊です。
車にひかれちゃうぞ〜〜〜!!



posted by 宮崎佐和子 at 22:48| Comment(0) | 弁当箱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: