2021年07月26日

■工房は上塗りの真っ最中です。

東京オリンピックが始まりましたね!
ウルシの木にやってきた、ゼミの鳴き声が工房によく聞こえます。


そんな中、松本は上塗りの作業を最近ずっと続けています☆
塗膜にほこり一つ付かないように;;
神経を使う作業ですから、塗師も息をひそめて行います。作業中の写真をお見せできないのが残念です;;
(;><)

2021_7_2476.jpg

上塗りが乾いた状態の時に、そーっと上塗り漆室の写真を撮りました。
いま使っている上塗り漆は、2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるし。
どこか神秘的なニュアンスのある、つや消しに仕上がる魅力的な漆なんですよ〜☆
この子は温度が大変高い状態を好む漆なので、絶好調の乾き具合です!!!

気まぐれで気難しい国産漆、ゴキゲンなうちにオーダーの猫ちゃんのお重箱も上塗りしてもらいました!!
(下にチラッと見えますね)
まだ上塗り漆室の奥なので近寄れませんが、いい感じで嬉しく思います。


さて、今日のおまけ写真は…
2021_7_2471.jpg
工房の庭のハスです。
今年は、三つつぼみがつきました。写真の子は明日にでも咲きそうです!

ハスの花が咲くのは2018年から3年ぶりなので、とっても楽しみです。
(*´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 15:50| Comment(0) | 制作風景(松本和明)