2021年02月25日

■うるうる朱溜のポテトサラダ用スプーン。

本日は、松本作のオーダー品のスプーンです。


↓とりあえず、3本作りました。
2021_2_9843.jpg
じつはこれ、ポテトサラダ用のスプーン。

か な り 大 き い ん で す !

2021_2_9847.jpg
長さは24cmくらいあります。


栗の木カレースプーンとの比較。
2021_2_9851.jpg
ケヤキ材で作ったので、たいへん丈夫だし、持ちやすい!!
重量のあるポテトサラダをらくらくすくえるでしょう。(*´∀`*)

このうるうるした華やかな朱溜も、テーブルのアクセントに良いと思います☆

このスプーンに合う、深さのある鉢をさがしましたが…


↓赤い鉢しかありませんでした。
2021_2_9855.jpg
うーん、残念! 黒溜だったらもっとキリッと赤が映えたのになあ〜;;

このポテトサラダ用スプーン、3本作りましたが…
3本とも同じお客様がお買い上げになりました。(汗)

荒木地はたくさん用意してあるので(堅くて彫りにくいけど;;)
また作りたいなあ〜と松本が言っておりました。



さて、今日のおまけ写真は…
2020_2_9858.jpg
毎年2月恒例の?
庭のウルシの木に差したミカンです。
たくさんのメジロさんがやってきて、せっせとお食事してくれるのがうれしいです☆



posted by 宮崎佐和子 at 15:41| Comment(2) | オーダー品

2021年02月22日

■オーダー品の欅木地溜湯飲みです。

長らくお待たせした、オーダーのお品が仕上がって、ホッとしています…。


↓欅木地溜湯飲みです。
IMG_9800.jpg
うるうるした塗り肌とケヤキの木目が美しい一品です☆

この湯飲み、完成まで数年かかってしまいました…。
(ほんとうに申し訳ありません)(;><)

最初のオーダーは、ヒノキ材でした。

↓以前制作した、檜木地溜湯飲み。
IMG_2145.jpg

こちらが、もう販売済みのお品だったため、
追加制作ということでうけたまわりました。

この赤みのある、うるつや感が特に気に入って下さったようで…(ありがとうございます)
檜ならではの木質感も良かったのでしょう。

しかし!!
以前は潤沢に在庫していたヒノキ材ですが、松本が湯水のごとく器にしてしまったので;;
新たに仕入れることになりました。
ところがですね〜〜 なかなか手に入らないのです、ヒノキが。
なんとか仕入れたヒノキがあり、その材を丹念に挽き、塗りの作業に入り、一度までは上塗りまで進んだのです!
(↑この時点でおそらく2年ほど経過)
やっと完成か〜〜〜と思われましたが;;
ヒノキ材由来の木地の難がこの時点で発覚し…。せっかく完成間近だった品はおじゃんになりました。(涙)
脂の多い、針葉樹ならではの難だったのでどうしようもありませんでした。
…せっかく苦労してヒノキを仕入れたのになあ〜〜。(;´Д`)

材って、ホント中を開けてみないと分からない物です。

そこで、お客様と相談し、ケヤキ材に変更していただきました。
そこからも紆余曲折あり…。
やっと完成に至ることができました。


↓材は変わりましたが…。うるつやは健在です☆
IMG_9809.jpg
上塗り漆は、2005年の岩手県産、大森貴太郎さんの盛辺漆です〜。

まさか、湯飲み一客でこんなにお待たせするなんて…。
待ってくださった(もう待つしかなかった?)お客様に頭が上がりません;;

このご注文以来、「手持ちに材がないご注文はよ〜く考えて受けよう」と学びました;;;
そこそこ長年この仕事をしてきましたが、本当に経験不足を痛感してばかりです。

でも、お品はたいへん美しく仕上がったので、ホッとしました!
はやくオーダー主さんにお届けしたいです。



さて、今日のおまけ写真は…
2021_2_2248.jpg
図鑑の冬の星座たち。
娘の小学校で「自主学習」なるものがあり、いつも親子で頭を悩ませています…。
毎日、計算や漢字ばかりではメリハリがないので、たまに好きなテーマをすることにしています。

(しかし、意外に星座を描き写すのが小2には難しく、手こずりましたーー)


posted by 宮崎佐和子 at 21:26| Comment(0) | オーダー品

2021年02月18日

■心明るくなる、爽やか朱色のお椀たち、アップしました。

2月特有のお天気も含め…。
いろいろと、心配事の多い世の中で、なんだか心がスッキリしない日が多いかもしれませんね。

そこで、見ているだけで心がスカッと元気になるような、お椀をショップ和×和にアップしましたのでごらんください〜。


茜色の飯椀&汁椀セット(紙箱入り)
2020_2_2287.jpg
飯椀&汁椀、ちょっと大きさや形の異なるお椀のセットです。
景色の出具合も違うのがカワイイ!!
どちらもちょっぴり根来風です☆


根来風14cm小鉢と21cm手削り箸&梅の箸置のセット(紙箱入り)
wan_set_8755.jpg

ちょっと角度を変えてみた!
wan_set_8760.jpg
ねっ、とてもチャーミングでしょ〜〜?
こちらは梅の箸置き&お箸もついた3点セットです。


どちらも、2005年産(15年以上も前!)岩手県の故・大森俊三さんの末辺機械精製を上塗りに使っています。
このガラス感を感じるような、抜けるような赤は、ちょっと特殊な塗りで表現しています♪♪
古来より、朱漆は神聖な力があると人々に信じられてきました。
縄文時代の祭器などにも、朱漆がよく使われています。

以前より、漆塗膜には抗菌作用があると論文が出て、こちらはかなり有名ですが、
先日紹介した、ウルシ染めにもその効能が判明しています。
残念ながら、例の コ○ナ は関係ないみたいですが…。
うちの工房の器たちは、アルコール消毒ができますので、ご安心を!!
漆ってほんとうに美しくて神秘的ですよね〜。

手元にあるだけで、赤のパワーで元気にいっぱいになります☆
詳しくは各ページをごらんくださいね!
(*´∀`*)ノ


さて、今日のおまけ写真は…
2020_3_2279.jpg
徳島産「蓼藍」の種です☆
栽培されている方より、昨年の穂付きの状態でいただきました。
…藍の実って、胡麻より遥か小さく〜〜〜
脱穀に苦労しました;; (;´Д`)

娘と、藍の生葉染めするのが目標ですー。
どうか、うまく育ちますように…。



posted by 宮崎佐和子 at 15:44| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2021年02月16日

■オーダーのエネルギッシュなお椀です。

今日はこの松本が製作中のお椀をお見せしますね。

2020_2_2274.jpg

ユニークで、超個性的なお椀ですね!笑
これ、国産漆100%の乾漆粉を蒔いたお椀なんです〜。

2020_2_2276.jpg

すごいインパクトのテクスチャ!!
まだ、途中経過のお椀なんですが、どんな仕上げになるのか…完成が楽しみですね〜。



さて、今日のおまけ写真は…
DSC_0025.jpg
8才の娘がヘアドネーションしました☆
隣のクラスのロングヘアの美少女に憧れて、笑
伸ばし続けて4年間…。
そろそろもういい長さになったので、話し合って決めました。

私の母は、抗がん剤を使わないまま亡くなりましたが、
治療をがんばっている方のために、役立てればいいなあ〜と思います☆


posted by 宮崎佐和子 at 23:34| Comment(0) | オーダー品

2021年02月13日

■オーダー品の根来風の茶櫃の様子です。

IMG_7967.jpg
目にも鮮やかな、真っ赤で大きなそうな器…。
これ、お客様のオーダー品なんです☆
茶櫃です〜〜〜。
松本和明が手がけています!

お客様のお道具に合わせて、内側のサイズを合わせて挽きました。

荒木地の様子。

2018_6779-3e665.jpg

直径7.5寸(22〜23cm)くらいの茶櫃になる予定の木地の原型なんです。
カクカクして、厚ぼったい感じだったんですが、こんなに色気のある器に変貌したのです。


↓ちなみに、最初はこんな感じの濃い黒溜の予定でした。
128584629.jpg
(イメージ画像。これは木地溜の茶櫃です☆)


でも、まだ完成ではないんです〜〜。
根来風なんですが、まだ下塗りの黒漆をごくわずかにしか透けさせていません。
IMG_9791.jpg


IMG_9796.jpg

IMG_9789.jpg

IMG_9796.jpg

根来風の器って、それを制作する方のセンスも問われますが、
オーダー品なので、お客様のお好みに合をうまく反映させるセンスも必要になります;;
一度研ぎ出してしまうと、もう後戻り出来ませんので (;´Д`)

慎重に進めて行きたいと思います☆


posted by 宮崎佐和子 at 16:16| Comment(0) | オーダー品

2021年02月10日

■オリーブの生木でぐいのみを挽いています。

先日、知人のオリーブ園の剪定で出た、オリーブの枝で太めなのをいろいろ分けていただきました!


↓これがかのオリーブです。
2021_3_2189.jpg
枝と言えど、大人の腕くらいの太さのもあります。
立木で、小さなぐいのみ等を作るのには十分な大きさですね。

以前、工房の庭の一角にオリーブの木がありました。
訳あってその後切りましたが…。
オリーブって、低木なだけあって、木質がきめ細かくてとっても堅い!
残った切り株も何年も朽ちずにそのままありました。(汗

そんな香川県の県木でもある、オリーブちゃん…

そのまま、松本が木工旋盤で挽きます!

2020_3_2211.jpg

2020_3_2219.jpg

2020_3_2228.jpg

2020_3_2215.jpg
ふわっふわの、綿菓子みたいな?木くずがたくさん出ました♪♪
生木なので、すこししっとりとしていますよ〜。


挽いた木地はまとめて水に漬けておきます。
2021_3_2200.jpg
生の材は、とても柔らかいのでとても挽きやすいのですが…。
必ずたわみます〜。
その形の変わり方がぶちゃいくな形ではなく、手に取るお客様が微笑ましく思ってくださるような、楽しくほっこりした形になってほしいもの。
なので、乾燥は慎重にしなけれななりません。

この子たちが、それぞれどんな形になっていくのか…。
オリーブ材の個性発揮、楽しみです。(≧▽≦)


さて、今日のおまけ写真は…
2020_3_2234.jpg
木工場の主、うり坊さまです。
松本が木工場で仕事を始めると、どこからともなく現れて〜〜
仕事のじゃまをします。 ↓ガクッ( ̄△ ̄;)



posted by 宮崎佐和子 at 08:16| Comment(0) | 木工旋盤

2021年02月08日

■ギフトに素敵な銀彩うつわのセットをアップしました。

ツグミが一ヶ月以上も前から、工房周囲の田畑にやってきています。
ツグミって名前が可愛いので、深山に住む小鳥というイメージかもですが…。
けっこう大きく、コロコロ太ったユニークな鳥です。(*´∀`*)
わたしはこの春がやってくるまでいる、ちょっとにぎやかな渡り鳥を、毎年やってくるのを秘かに楽しみにしています。
少しずつ、春が近寄ってくるのが分かるようになるからです♪♪


さて、ショップ和×和にセットのお品を数点アップしています。
どれも箱入り、組物でご結婚祝いや誕生祝いなどの贈り物にぴったりかなあ〜と思いますが、ご家庭使いもステキかなと思います!
(≧▽≦)

※ギフト向きのコーナー

PP_4413-1.jpg
デザートカップと繊細スプーンのセット。

sara_2758.jpg
草花紋の18cm銀彩パン皿2枚組


pan_8697.jpg
草花紋の18cm銀彩パン皿2枚組


sara_2698.jpg
渋い塗りの小さめ高杯2客セット


tukimi_3187.jpg
お月見風3点セット

数年前の制作の物で、上塗り漆の種類、具合が現在と違い、おもしろい物があります。
ぜひ、詳細ページをごらんになってくださいね!


2021_2_IMG_2236.jpg
さて、工房の庭で春を待つウルシの木です。
芽がほころんでくるのを、心待ちにしています!!!



posted by 宮崎佐和子 at 16:11| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2021年02月06日

■お椀の朱漆中塗りです。

まだまだ術後の腫れがある松本ですが…。
(数ヶ月かかるそうです!)(( ;゚д゚)

作業は少しずつしています。


↓今日は、お椀の中塗りをしていました!
2021_3_2185.jpg
朱溜になるお椀ちゃんたちです。(無地もの)
塗り重ね中で、今回は反対側を塗ります。


2021_3_2177.jpg

目が覚めるような、朱!
日の丸みたいです。

2021_3_2179.jpg
この朱漆は、2010年茨城産の盛辺精製漆です。
漆掻きは、飛田さん。10年以上寝かせた漆なんですよ〜。


いかにも朱のお椀らしくなりました☆
2021_3_2174.jpg
漆が乾くと、落ち着いた色合いになります。

今回は無地のお椀ですが、そのうち銀彩の作品も手がけたいですね!!
先日、銀彩の素敵な板皿が仕上がりましたので、またお目にかけたいと思います☆

松本も手術のダメージが長引きそうだし、2月はちょっとリフォームしたりする予定で、何かと落ち着かない工房ですが…。
着実に進めて、いろいろご報告をしたいなあと思います。
(*´∀`*)


さて、今日のおまけ写真は…
2021_2112.jpg
ついに作りました!!
私の仕事用の、超・近々両用メガネちゃんです。
めっちゃ近くに焦点を合わせているので、これで細かい仕事もラクラク〜〜のはず…。
メガネ屋担当者さんには、
「こんなメガネを作ったのははじめてです」
「ぜったいに仕事場以外でかけないでください!」と言われました〜。
(; ・`д・´)



posted by 宮崎佐和子 at 10:52| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2021年02月04日

■ミセス3月号に菓子切りが掲載されました。

2021_2_2166.jpg

ミセス3月号P219の「ミセス ビュー」のコーナーに、松本和明の菓子切りを掲載させていただきました。

2021_3_2173.jpg
根来風 菓子切り、しぶき風錫蒔 菓子切り の2種です☆
自信作なので、うれしい!
ありがとうございました。(*´∀`*)

※菓子切りについての記事

※菓子切りの販売ページはこちら

スプーンおたくの松本和明が作った菓子切りなので、タダ者ではありません…!
下記の動画もぜひごらんくださいね☆





さて、今日のおまけ写真は…
2021_1_1718.jpg
わたしの友人が差し入れしてくれた、「かりん のパウンドケーキ」です☆
あの果物のかりんをシロップ煮にして入れているとか…
はじめて食べるかりんは、甘酸っぱく、とても美味しかった!!

この菓子切りも使えそうかな?と思ってしまいました。


posted by 宮崎佐和子 at 13:22| Comment(0) | お知らせ

2021年02月02日

■松本が退院しました。

松本の目の大手術?が無事終わりました。 
一日の入院を経て、昨日は抜糸を終えて通常生活にやっと戻れた感じです。
まだまだ切ったまぶたは腫れていて、「ぱっちりお目目」からほど遠いですが…。
ダウンタイムは人それぞれらしいそうです。
取りあえず、普通の仕事は出来るようになりましたので、ご報告しますね。
(*´∀`*)


さて、今日のおまけ写真は…
2021_2151.jpg
ナゾの新メンバーちゃん、元気ですくすく成長しています!
おうちが「きのこの山」→「たけのこの里」に変わりました。



posted by 宮崎佐和子 at 23:43| Comment(0) | 日記