2020年08月04日

■15cm朱溜皿6枚組を納品しました。

梅雨明け!!夏本番ですね。
工房の庭ではモクレンとウルシの木に、多種なセミたちがいろんな音色をウルサク奏でています〜。
(セミの声を聞くと、暑さ倍増しますね;;)


さて…。
先日、数年越しのご注文のお品を納品いたしました…。(;´Д`)

kidasama_0760.jpg
15cm(5寸)サイズの朱溜の取り皿、6枚組です☆
木地は国産ケヤキ材、松本が時間をかけて木工旋盤で挽きました〜。
上塗り漆は10年以上寝かした浄法寺漆です。
お手持ちの弊工房のお椀に合うよう、半つや消しに仕上がる漆を選びました。


↓重ねもバッチリ♪♪
kidasama_0764.jpg
kidasama_0767.jpg
お客様のご希望で、高台は低めです。
でも持ちやすい形なんですよー。
納品にたいへん年数がかかり、お客様には恐縮することしきりだったのですが;;
とても気に入ってくださり、とても嬉しい限りです。(*´∀`*)

朱溜のセットを上塗りするのは、たいへん緊張します…。(((( ;゚д゚))))
一枚でも上塗りがうまくいかないと、塗り直しになるのですが、朱の場合は上塗りを重ねると色が濃くなります。
セットで色味がそろわなくなってしまうのですーーーー(叫び)
なので、ご注文より多めに制作していました!
そのドキドキの上塗りですが、どれもうまく塗り上がり、歓喜がこみ上げました〜。

朱溜特有の若干の色むらが少し目立つ個体もありますが…。
これも経年により、だんだんなじんで気にならなくなります☆
漆って、ずっと生きて変化していく不思議な存在ですね。



さて、今日のおまけ写真は…
2020_6_0646.jpg
ゴハンをおねだりをしにきたうり坊です。
ミルミルと違って、控えめなアプローチなので、ときどき気付かない事も…。(;´д`)
ごめんねうり坊、いっぱい食べて!!!


posted by 宮崎佐和子 at 23:16| Comment(0) | オーダー品