2020年07月30日

■めんぱ弁当箱の試作(8)黒漆で中塗りしました。

もう7月も終わり… (((( ;゚д゚))
いよいよ明日で、娘の小学校も1学期終了です。
本日は、ドキドキの通信簿を受け取りました〜。(無難な成績でした;;)
夏休みは8/1から20まで。こんなに短い夏休み、ホント前代未聞ですね。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
和うるし工房あい オリジナルめんぱ弁当箱の制作の様子をお知らせですー。


↓黒漆で中塗りした、お弁当箱ちゃんです☆
2020_7_0703.jpg
おお!!(; ・`д・´)
いっきに漆塗りのお弁当箱らしくなっている…!!!


2020_7_0725.jpg
蓋を重ねてみました。

2020_7_0727.jpg
無地のお弁当箱ですが、この天板のはつりが渋いアクセントになってます♪♪


2020_7_0730.jpg
…もう出来上がったような雰囲気さえ、ただよわせています。( ̄△ ̄;)
そろそろ上塗りが近い感じですね。

制作した数はそんなに多くなく、わずか数個なんですが…。
ほんとうに、出来上がりが楽しみです。(*´∀`*)



さて、今日のおまけ写真は…
2020_7_0681.jpg
木工場のヌシ、うり坊です。
木工場の西側にある、塀の上がお気に入りです。
いつもここから水田の様子や、道ゆく人々や飛ぶ水鳥たちを眺めています。
…うり坊、キミは長生きしてね〜〜。






posted by 宮崎佐和子 at 23:02| Comment(0) | めんぱのお弁当箱作り

2020年07月20日

■杢入り栃材の重箱を制作しています。

今日はこれをご紹介します!


↓杢入り栃材の重箱です。
2020_7_0715.jpg
径は21cm、高さ18cmの三段重箱です。
松本が木工旋盤で挽きました…。

パッと見、ほとんど完成しているようですが、まだまだ途中の作品です。
旋盤で、重ねの木地を挽くのは、かなりしんどいものなのですか。
(合わせの部分など、かなり難しい〜)

松本が、たいへん気に入っている作のようで…。
何度も微調整しながら、少しずつ制作を進めています。



さて、今日のおまけ写真は…
2020_7_0738.jpg
今年もぞくぞくと飛来中!!
セミさんたちが、ウルシの木パーラーに多数お越しです。
(コロナも関係ないものね;;)

わたしの向ける、カメラを気にしつつも〜〜
ウルシの木に口吻が突き刺し、美味しいジュースをチュウチュウしている最中のせいか、
なかなか動こうとしませんでした☆


タグ:重箱
posted by 宮崎佐和子 at 17:55| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2020年07月18日

■めんぱ弁当箱の試作(7)木地完成、塗り込みに入っています。

さて、今日は久しぶりに、和うるし工房あい オリジナルめんぱ弁当箱の制作の様子をお知らせしますね。

ライン登録している方には、いくらか早めに経過を配信してるんですがー。
わたしがいろいろと、他の事で忙しくして、バテているあいだにどんどん容赦なく進んでおります。
細かい過程はかなり省略していますが…。
ちょこっとお見せいたします☆


↓ある日、気付くと…。
300.jpg
いつの間にか??天板と底板がいつの間にか?入ってました。( ̄△ ̄;)
天板の厚みに悩んでいたんですが、これでよし!という厚みが定まったようです。
(いつの間にーー)

でも、一気にお弁当箱らしくなって、ウレシイかも… (*´∀`*) 
漆室で、しっかり接着の漆を乾かせています。



↓そして、お弁当箱の試作品、どんどん進んでいます。
1595036549890.jpg
今回、使った漆は香川県産漆。
松本和明が2008年に香川県高松市の五色台にある工房のウルシ畑で採った、レア漆です〜。
(すごく気に入ったようです;;)
やっぱり長年自分で育てて、自分のこだわりの掻き方で採った漆ですもんね。

「大事に使おう」とちまちましないところが、松本の良いところでもあり、あとで「しまったー!」と思うところでもあるのが面白いです。(´∀`*)




さて、今日のおまけ写真は…
2020_6_0665.jpg
夕日の中のうり坊です。
逆行のせいで?二割増の男前に見えます。笑



posted by 宮崎佐和子 at 11:25| Comment(0) | めんぱのお弁当箱作り

2020年07月16日

■材を仕入れてきました。

あっと言う間に、7月も半ば…。(((( ;゚д゚))))
意外と長く続く梅雨のため、なかなか松本の2020年の漆掻きが始まりません。
「教科書」的には、6月にはもう初漆を採るのがセオリーです。
実際もう数辺も傷を付けている方、たくさんいらっしゃいます;;

しかし、こうも雨続きですと、漆掻きスタートにはちょっと…。(;´д`)ゞ
ウルシの木は生き物ですから、新しい傷口がすぐ濡れると腐敗や病気のきっかけとなってしまいます。
職業漆掻き職人というより、オタク漆掻きの松本、そこはじっとガマンです。
ほしいのは、「量」よりも、「オタクが納得できるクオリティー」の漆〜〜。
今年はどんな漆が採れるでしょうか?

…もともと降雨の少ない香川県。地形のせいでしょう、なぜか雨雲が避けて通ります;;
被害のある土地の方には申し訳ないのですが、梅雨がしっかりとあるのは有り難い事です。

さて、そんな梅雨の合間…。


↓松本が木地の材料を仕入れてきました。
1594885691036.jpg
1594885696772.jpg
香川県内の木です。
ひょんなご縁がありまして… 譲っていただけたものです。

材木って開けてみてのお楽しみ♪♪ みたいなところがあります。
中身を見ないと、どこまで使えるか分からないスリリングさがあります!
さて、この子たちはどうなんでしょう…??
(どきどき)



さて、今日のおまけ写真は…
2020_7_DSC_0018.jpg
近所の用水路にほぼ毎日出会う、若カモちゃんです☆
娘の登校に、私が途中まで付き添うのですが(運動不足の補填も兼ねて〜)
たいていおなじ用水路でいます。

アナタ、大丈夫??と心配になるほど近づけちゃいます!
カモ特有のおしりがぷりぷりしているので「ぷりちゃん」と呼んでますー。
ぷりちゃん、そんなに無防備だと、いつか大変な目に遭うよ!!
…と心配しつつも、

いつかこの子と仲良くなれたら…と思ってしまいます。(*´∀`*)



posted by 宮崎佐和子 at 22:55| Comment(0) |