2019年12月31日

■今年もありがとうございました。

先日、地元の作家をしている友人宅に、何家族か集って、恒例の餅つきをしました。

IMG_20191229_134508.jpg
IMG_20191229_113533_1.jpg
餅米を蒸している間に…。

IMG_20191229_123320.jpg
IMG_20191229_124204.jpg
各家庭で料理を持ち寄り、みんなでお昼ごはん。

IMG_20191229_092556_1.jpg
ちなみに、松本家の持ち寄りのひとつ、スイートポテト。
角重箱に詰めましたが、サイズ計って切ったのに、ジャストフィットならず…。(;ー_ー)

IMG_20191229_171759.jpg
子供たちだけで遊ばせ… 
大人たちで集まって、久しぶりに飲んだり今年あったことを話したり…。
こちらも恒例の忘年会っぽく、しんみりと過ごしました。

うちは、四升もの餅をつきました。(もう食べています…)
やっと年末だなあという気持ちに落ち着きました☆




思えば、あっと言う間の令和元年…。

松本和明の工房の畑の漆掻きが軌道に乗った、うれしい幕開けの年でした!
しかし、わたし個人的には、なかなか安定しない体調不良に悩まされた年でもありました。
ブログを何ヶ月も休んだり、制作が出来なかったりと、ご迷惑をおかけしています…。

そして、とても残念なことがひとつ。

工房の3匹猫のうちの一匹、
キジトラのむぎ君が、この春、空に飛び立ってしまいました。

今でも信じられず、肌寒い日には、今でもむぎ君のまんまるの体がグリグリとお布団に入ってきそうな気がします…。
14才と高齢でしたが…
3ニャンの中では一番若くて元気、瞳も毛並みもツヤツヤ、食欲旺盛だったので、この番狂わせに私もショックを受けました。
急に様子がおかしくなり、動物病院に着いた時にはもうダメだったんです。
看取ったのは私だけでしたが、その日の夕方、家族で庭のウルシの木の根本に埋めてやりました。

そういえば今年は、工房に久しぶりに漆が届きました。
その時、むぎ君と漆の入った桶と一緒に撮った写真など(そう、むぎ君はお届けものが好きなのです!)
2017G_8181.jpg
  こんな感じで…(スリスリ)

アップできていないショットがたくさんありますので、いつか機会をみてご紹介したいなあと思います。
ショップの店長さんでは、元気な姿のまま続けさせてもらいますので、よろしくお願い申し上げます。

皆さま、よい年をお過ごし下さい。



posted by 宮崎佐和子 at 07:59| Comment(0) | 日記

2019年12月27日

■ショップにお弁当箱をアップしました。

久しぶり、本当に久しぶりに、ショップに新作を1点だけ追加しました。

木地はトチ材。ただし松本の挽いた木地ではありません。
f_0004.jpg
香川県産漆100% 木地溜の二段重ね丸弁当箱(保多織のハンカチ付き、紙箱入り)


そうなんです!!

シンプルな木地溜の丸弁当箱ですが、工房の漆だけを使った、記念すべき?お弁当箱です。
(パチパチパチ ← わたしの心の中の拍手)

2018_9570.jpg
作業の詳しくは 2018年の漆掻きをごらんください。
西日本の温暖な地で育ったウルシの木から、「ウルシおたく」の松本和明がこだわって採取した漆は、まるで太陽の輝きを集めたような漆なんですよ〜〜。キラキラしています。

くわしくはぜひページをごらんください。(*´∀`*)


さて、今日のおまけ写真は…
DSC_0693.jpg
DSC_0694.jpg
寝相のわるい、ウチの金魚ちゃんです。(((( ;゚д゚))))
(死んではいません…)

黒出目金は、以前、娘が金魚すくいで連れて帰った金魚でした。
一匹で寂しそうなので、赤い金魚を飼ってきたところ、ラブラブになったので
「よかったあ〜」と安心していたのですが…。

ときどき地が出て?こんな感じになってしまう、変わった金魚ちゃんでした…。
(;´Д`)



posted by 宮崎佐和子 at 22:40| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2019年12月21日

■ご来場ありがとうございました。

なかなか更新できず、すみません。(;> <)
今年の作品展、ぶじ全て終了しました。本当にありがとうございました。
私は会場に立つことはほとんどなくなりましたが、松本から話を聞くのをいつも楽しみにしています!

そして、令和になった今年は、いろんなお客様と知り合い、お話をさせていただき、いろいろ広がりを感じさせる年でもありました。
また、私自身は体調や生活が変わり、子供がいなかった時のような制作活動ができないジレンマを感じる昨今でした;;(;´Д`)
…子供って、小学生になったらまた違う手間やお役目がたくさんあるのですね…。
正直、赤ちゃんだった時のほうがいろいろ自由がききました…。(涙)

ショップの方がしばらく動かせていませんので;;
こちらの方も新作を入れたいなあと思っています。

また、年明け早々、作品展がありますので、修理やオーダー品も年内にできるだけ進めたいと考えています。




さて!!
ちょっと珍しいことがありましたので、ご報告です。

2019-12-16-07-27-32-109.jpg
朝、小一の娘を送り出した松本が
「工房の庭の電信柱にデッカいサギがとまっている」と写真を送ってきました…。
(下に写っている木は、もちろんウルシの木)

サギ??? いやこれは、コウノトリ では!!

IMG_20191216_072737.jpg

とにかく、日本で見かけるのは珍しい鳥だと素人ながら思いましたので、日本コウノトリの会さんに写真を見ていただいたところ、間違いなくコウノトリというお墨付き?笑 をいただきました。
(ミヤザキ、歓喜!!)
私は気付かなかったのですが;; 右足に識別の黄色と黒色のリングを装着しており、2016年〜2017年生まれの子だということで、徳島県に飛来 → そして香川県へ という推測とのことでした。
コウノトリのほとんどは、両足にカラーリングを装着しており、個体識別が出来るようになっているそうで…。(しらなかった〜)

日本コウノトリの会さんに、目撃登録もしていただき、とってもワクワクした出来事でした。

しあわせを運ぶという、コウノトリ…
なにかいい事があるとよいなあ。(*´∀`*)



posted by 宮崎佐和子 at 23:53| Comment(2) | 日記