2018年05月13日

■ほんわりフォルムのお弁当箱木地です。

薄寒い日が続いて、工房のネコたちも丸くなって寝ています…。
猫ベッドにヒーターを入れてやろうかなあ〜と思うくらいです。
松本は寒がりなので、電気毛布をまた出しましたよ!! 
こういった季節は、ますます漆の仕事がしにくいですね。(^^:

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓松本の最近挽いた、お弁当箱の木地です。
2018_8372.jpg
ほわんとしたフォルムがかわいらしいでしょう。
径は15cm、高さ7.5cmくらい。ケヤキ材です。

2018_8373.jpg
容量はだいたいですが、身のすりきりが600ccくらい。
蓋をすると550ccくらいになりそうです。
白木地の時点で重さ250gくらいなので、めんぱ木地にくらべると木地に厚みがあるので重いですね〜。
挽きもの木地は、このくらいしっかりした厚みが欲しいのです。


↓しばらく経って、木地固めをしたお弁当箱ちゃん。
2018_8390.jpg

お弁当箱のお問合せのお客様のために撮った写真です。
17cmサイズのお箸が収納されている、手削り箸とウルシの木箸箱セットと合わせてみました。
こんなサイズ感になりました♪♪
17cm、お箸としてはかなり短めですが…
小さいものの、女性では不便なく使えるサイズです。 


↓先月アップした、すり漆の欅弁当箱。
keyaki_A_8110.jpg
木地のサイズ的には、ほとんどおんなじなんですよ〜。
でも、雰囲気はぜんぜん違うからおもしろいですね!!

このほんわりちゃんも、すり漆仕上げか木地溜になる予定です。
(*´∀`*)

2018_8380.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

先日の高知旅行で買っていた、イタドリちゃんです。
日曜市で買いました。300gほど…。
炒めて、タケノコやお揚げと煮付けにしたら、娘が気に入ってたくさん食べました。

…もっといっぱい買っていたらよかったなア。
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(3) | 弁当箱