2018年02月25日

■ケヤキの丸弁当箱の木地を挽きました。

こころなしか、だんだん寒さがゆるんできましたね♪♪
日も少しずつ長くなり… もう春の面影を景色の中に探してみたくなります。
(´∀`*)

さてさて、日記を更新しよう〜と思って、いろいろ写真を撮りためているんですが;;
寝落ちしてしまい、なかなかすすみません。(;´Д`)
チェックしてくださっている方、申し訳ありません。

なにかと話をためこんでいるのですが;;
今日はこれをご紹介したいとおもいます!


↓松本が、新作のお弁当箱の木地を挽きました。
2018_6813.jpg
うわっカワイイ!!
松本の手が大きすぎて、スケール感が分かりにくいですが…。( ・o・)
径15cmくらい、ほどよいやさしい大きさです。

ナチュラルなケヤキの木目がいいですね。
内側の角は、角丸にしていますので、マイルドな雰囲気です☆
よごれが残らず、洗いやすいですよ〜〜。


↓蓋をかぶせた様子。
2018_6810.jpg

かぶせ蓋ではないので、すっきりとした姿です。
蓋の内側も多めに刳っているので、身の器より高い、立体感のある盛りつけが可能ですよ☆

このお弁当箱、材がいくらかありますので、もういくつか制作することができそうです。


2018_6791.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

これは… なんでしょうか?
山菜の一種??
いえいえウルシの根っこちゃんなんです。(*´∀`*)
分根用に、松本が採りました。
また、様子をみてポットに植えていく予定です。


posted by 宮崎佐和子 at 23:01| Comment(0) | 制作風景(松本和明)

2018年02月18日

■オーダー品の梅の花の三段重箱です。

相変わらず、冷えますね〜〜
工房の周囲はそうでないですが、香川県もあちこちで「雪が積もった!!」という声があちこちから聞こえてきます。

さてさて、話は変わりますが…。

オーダーをよくいただく弊工房。
他の漆工房さんは、そうでないところが多いかと思うのですが…。
うちの工房の場合は、製作に時間がかかり、せっかくご注文いただいても「すぐ納品!!」というワケにはいかないことが多いです。(すみません…)
早くて半年、時間がかかると数年…っていうこともままあるのです。
(すみません、すみません〜〜;;;;;)

木地が完成しているものもしくは制作途中まで進んでいるもなら、1年を目安に納品できることが多いんですが…。
木地から作成するもの、工程の多いもの、素材が特殊なものに関しては、1〜2年以上かかる場合があります;;
また、オーダー品は通常業務の合間に少しずつ進めていまして…。
小さな工房ですのでオーダー品制作の時間が年間で限られてて、内容によってはそれ以上お待ちいただくことがあり、いつも申し訳ない思いをしています。

また、ええ!と思うような、不測の事態で納期が遅れることがあり…。
(3年前、松本が目の手術をすることになった時も、あせりましたよ〜;;)
今年の冬は、家族が連続で風邪を引いて熱が出たり、ほんとう、体調管理って大事だな!!と気を引き締めているところです。


このお重箱もそう。
ご注文からなんと7年目… お客様には頭が上がりません。(;´Д`)


↓梅のお花の三段重箱ちゃんです。
2018_6740.jpg
※前回の様子
ほんとうは、もうとっくの昔に、お客様にお渡ししているはずだったのですが〜〜。

上塗りがうまく仕上がらず;;
しばらく進行がストップしていました…。( >o<)
そうこうして、改めてこの梅のお重ちゃんを眺めてみると、「もっと納得いく出来にしたい!」と思うようになり、もう一度絵を描きなおしてみることにしました。
幸い?お客様も内心はちょっとあきれつつも??OKしてくださいました。
(ほんとうにありがとうございます〜〜〜)

前回の絵柄を生かしつつ、もっと奥行きのある雰囲気にしたいなあと思います。


2018_6763.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

工房の小さな居候、ヤモリのベビーちゃんです。
1月末、松本の仕事場で、お重箱の木地のすき間でひからびたようになっていたのを発見…。

死にそうになってましたが、真冬なのでエサの虫がいない!( ̄△ ̄;)
木工場で越冬中のクモとか見つけて、1匹食べさせ、卵黄解きの牛乳を飲ませていました。
ペット用の生エサのコオロギなどを食べています。

あれから3週間、なんとか元気になってホッとしているところです…。


posted by 宮崎佐和子 at 22:09| Comment(0) | 制作風景(宮崎佐和子)

2018年02月08日

■丸弁当箱の絵付けが終わりました。

昨年末から、少しずつ進めていたお弁当箱ちゃん。
漆の乾きが遅くて時間がかかりましたが…。
とりあえず絵付けが終わって、ホッとしています。(*´∀`*)

丸弁当箱 → ※絵付け中 ※木地の塗り込み ※白木地


とりあえず2つ作りました。
2018_6650.jpg
梅紋とソメイヨシノちゃんです。


↓二段重ねると、こんなかんじですね!!
2018_6660.jpg
小さいお弁当箱ですが…
2段合わせると600cc以上あると思います。(また正確に計らなければ〜〜)

あっ!!!

新作のお弁当箱にあわせて、お弁当箱包みを考えていましたが…
保多織さんからもう届いております♪♪

2018_6684.jpg
…サンプルも兼ねて、いろいろなお色で頼んでしまいました。(汗
なんかね、新色も出ていていろいろ迷いましたよ〜〜。
いつもなら「どうしよう??」と思うような(笑)冒険色?もちょっと入っています。
ゆったりお弁当箱が包める大判サイズにこだわりました。

もう上塗りに入りますので、うまくいけば、来月はショップでご紹介したいなあ…。

新しいお弁当箱包みと組み合わせるのが楽しみです☆


2018_6348.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

寒波にも負けない!外猫暮らしのうり坊です。
…が、さみしくなってときどき工房の中に戻って来たりします。


posted by 宮崎佐和子 at 22:37| Comment(0) | 弁当箱

2018年02月05日

■松本の挽いたケヤキの椀木地です。

更新が少なくなって、申し訳ありません;;
うう…寒波っていつまで続くんでしょうか。(;´Д`)
温暖で平和な香川県も、冷えきっていますよ!!
先日は雪も積もりましたし。
わたしの思考も手先も冷え冷えしています〜〜〜〜(←寒さによわい) 

工房では、アラジンストーブが2台、頑張って24時間稼働しております。
寒波が来るまでは1台でしたが、さすがに足りなくなりました。

仕事を始める前に、仕事場はもちろん、漆の入ったお茶碗も十分な室温で事前にあたためておかないと、冷えてしまって使えません。

乾きも時間がかかるし…
…真冬って、漆の仕事がほんとうにしにくいなと思います。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
少し前の仕事ですが…。アップしようと写真を撮っていました!!


↓松本が、男前なケヤキのお椀を挽きました。
2018_6635.jpg
近いサイズで数個挽いたようです☆


↓木地固めの様子。
2018_6611.jpg
木地固め、とは白木地に最初に漆を吸わせる作業の事です。
一番たくさん漆を使います。お椀の塗りの土台になる、大事な作業なんですよ〜〜。


↓白木地の時にも写真を撮っていました。
2018_6605.jpg
径14cm近くの、かなり大きめのお椀です。
存在感のあるお椀になりそうですね〜〜。

仕上がるのが楽しみです☆


2018_6618.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

今年から復活した、バードレストランのスズメちゃんです。
2階の窓際に設営しているのですが…
マジックミラー処理をしているので、至近距離で観察出来ます。

寒いので、この子たちもひもじかろう…と
多めにゴハンをあげてますので、繁盛しています。
(*´∀`*)

posted by 宮崎佐和子 at 16:03| Comment(0) | 制作風景(松本和明)