2017年09月15日

■出品する作品の撮影と梱包をしています。

作品の梱包に明け暮れています…。(;ー_ー)
なかなか終わりません。

梱包前に、新作の器たちは、撮影も行っています。(← だからじかんがかかるんだ!!)
9月20日〜26日高島屋京都店さん → 10月4日〜10日 日本橋三越本店さん
…と続きますので;; 見納めになる子がいるかもしれないからです。



↓イメージ作品のおひるね猫ちゃん。
2017_3912.jpg
自然光でも撮ってみました!!
連作で、椿だけの鉢もあります。並べると、また雰囲気が出るんですね〜。
この鉢はギンナン材で(めずらしい?)輪島の木地師さんに挽いてもらった木地なんですよ。
径は27cm、高さは7cm弱くらいです。けっこう深さはあります。


↓猫ちゃんア〜ップ!!
2017_3916.jpg
肉球だけでなく、目元や口元、毛並みもふくらませて描いています☆
かなり盛り上げているんですが… ややツヤ消しの塗り肌なので、あまり分からないかもです。
猫飼いとして?猫さんのチャームポイントをさりげなく描いたつもりです。

…愛が高まりすぎて?なまなましくならないようにしましたよ。
写実を心がけ、なおかつ私なりのファンタジー色を入れました。


↓こちらは、九寸桜銀彩皿「あじさい」「さくら」
2017_3928.jpg
松本の作です。材がサクラ材なんですね〜。


↓手に取ると、こんな感じです。
2017_3935.jpg
九寸ですので、径は27cm前後と大きい。
浅く、広いので面や模様を生かした盛りつけがステキになりそうです☆


↓こちらも松本作品。
2017_4069.jpg
栃銀彩高杯です。径は8cmくらいだったかな?
栃材で木地薄めに挽いているので、ふわっと軽いです!
濃厚な塗り肌が魅力的ですよ〜。


↓続いて朱溜のコーヒーカップです。
2017_3863.jpg
昨年、かなりご好評をいただいたので、数は多くないですがご用意しました。
材はクス、ときどきケヤキ材もあります。
厚めのグラマラスボティとぷっくり唇、グロス感のある朱溜の塗り肌が特長です♪♪


また、時間を見つけて、作品をアップしていきたいなとおもいます。
(*´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 23:55| Comment(0) | 日記