2017年07月12日

■2017年の漆掻き(5辺目)

梅雨の合間の晴れ間です☆

2017_2222.jpg
葉緑素充満で、イキイキとしたウルシの木…。
人間に例えると、壮年期でしょうか?バリバリと仕事をする時期でもあります。


昨日、7月11日に、松本が漆掻きをしましたので、その様子です。
梅雨はどうしても、間があいてしまいますね…。

※1辺目 2017年6月15日
※2辺目 2017年6月19日
※3辺目 2017年6月23日
※4辺目 2017年7月3日


↓ばっちりと5本の傷が並び、漆掻きの木らしくなりました!
2017_2218.jpg


↓漆掻きをしたあとは、ウルシの木の根本にこんな皮がちらばります☆
2017_2215.jpg
「傷を入れる」と簡単に書いていますが…。
U字型に曲げた刃物で木の幹に食い込ませ、線状に削り取って溝をつくる作業なんですよ。

工房に庭のウルシの木2本相手の小さな作業ですが…
だんだん本格的になってきましたので、そのうち動画をとれたらなーとおもいます。(^^)


2017_1918.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
娘につかまったカミキリムシさんです。(もう逃がしました;;)

夏になり、興味の対象がダンゴムシやテントウムシから、セミや大型甲虫にうつっておるのです。(;´Д`)


posted by 宮崎佐和子 at 23:04| Comment(0) | 2017年漆掻き