2017年06月05日

■オーダーのお弁当箱の絵付けをしています。

先日は娘の園の運動会がありました。
わたしも保護者競技に出ましたよ!!!仮装レース?みたいなので、異様な衣装姿を園のカメラマンさんにバッチリ写真に撮られました。
娘は年中さんクラスなんですが、まだまだ難しい演目はできません;;
でも、年長さんクラスのお友だちになると、団体の競技をいくつもこなしたり、演目の補佐もしたりと大活躍しているんですよねえ…。
1年後に、一つ上のおにいさんおねえさんのように、あんなにパキパキと動く事ができるんでしょうか。
…気になります。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
昨年の夏にオーダーいただいたお弁当箱の絵付けの一部をお見せしたいなと思います。



↓かわいいでしょう?うさぎちゃんのお弁当箱です。(*´∀`*)
2017_1396.jpg
このモチーフたちは、お客様からのご希望です。
ある古いものの文様にちなみました〜〜。
500年もの昔に、こんな可愛いものがあるとは知りませんでした☆
写っていませんが、蓋の裏にもうさぎちゃんが隠れていますよ〜。


↓こちらは大人っぽい雰囲気ですね。
2017_1404.jpg
ツバキの花をあしらった、お洒落なお弁当箱です。
こちらは外黒内朱なので、シックな印象ですね〜。このお花は松本が担当しました。
また、完成したら写真を撮りたいとおもいます。
ホント、お色や絵付けでぜんぜん空気感がガラッと変わるから不思議なんです。


さて、昨年オーダーいただいたお弁当箱たちですが、全体的に作業が押し気味かも…(汗
ぼちぼちは進んでいます。
加飾部分を盛り上げるタイプの絵付けの方や、意匠が凝っているお弁当箱は、まだまだかかりそうなんですが〜〜。(;´Д`)

進行が気になる方は、遠慮なくご連絡くださいね。
あたたかく見守ってくださいますと、うれしいです。



1496624371448.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

ピイピイ!!ボクたちもみてみて!
ツバメのヒナちゃんたちです。(どこに巣をつくってるんだ〜〜)
友人宅の居候っこです。わたしも実物がみたいわあ。
子供の頃、捕まえたクモやバッタを勝手に?ツバメのヒナに食べさせていて、
親ツバメちゃんに『コラー!』と威嚇されたことを思い出しました…。

posted by 宮崎佐和子 at 21:12| Comment(0) | 弁当箱

2017年06月02日

■上塗りした器たちです。

緑ますます濃くなり、ちゃくちゃくと増える、小動物のカゴ…。(;ー_ー)
今日は園から戻るなり、「カブトエビ捕りたい!カブトエビほしい!!」と言い出したので、シブシブ松本が近所の用水に娘を連れ出していました…。
いま、小さな飼育カゴに、懐かしのカブトエビがウニョウニョと二匹泳いでいます〜〜。
…まだまだ増えるんでしょうか。
オタマジャクシ、カブトエビは全然平気なわたしですが、ホウネンエビだけは絶対ダメじゃああ!! そのうち、あのエラエラした小動物もうちにやってくるのでしょうか。(;´Д`)

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
松本の上塗りの漆室にちょっとちかづいてみました〜〜。


↓先日、上塗りをしたお弁当箱ちゃんが入っています☆
2017_1266.jpg
昨年の夏に行った、オーダー会のお弁当箱ちゃんたちです。
まだ全部ではありませんが、一部は上塗りの作業に入ってますよ〜〜〜。
上塗りは2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるしですよ。きれいに塗り上がっているといいなあ。
まだ近寄れないので、遠巻きにながめています。


↓ほかにも上塗りした器たちがちょこっと…。
2017_1275.jpg
この子たちは、2008年岩手県の大森清太郎さんの盛辺天日精製漆ですよー。
2017_1271.jpg
あっ、このフリーカップはメンテナンス品です…。
たぶん10年くらい使ってくださっているお品かと。面カットが可愛いですね☆
もう少しで仕上がるので、お待ちくださいませ。(^^)


2017_1281.jpg
さて、今日のおまけ写真は… すくすく育つ、ウルシのポット苗ちゃんです。
元気一杯ですよ〜〜

posted by 宮崎佐和子 at 21:51| Comment(0) | 上塗り

2017年06月01日

■美しい金色の 栃縮杢のすり漆盆 をアップしました。

いよいよ6月になりましたねー。(^^)
国産漆のうつわ専門店 和×和 で、毎月1日に更新している、店長の特選品。ちょっとめずらしいお品、レア品、おトクなセットが登場しています。
今回の特選品はこれです〜〜。


↓写真撮影に苦労しました…。(;ー_ー)
bonA_1168.jpg
bonB_1160.jpg
とても美しいでしょう?杢のすばらしいお盆です。サイズは径36cmです。
今回、2枚あります。どちらも絵画のような美しさで、甲乙つけがたし〜〜。

…実物はもっと立体感・透明感があってキレイです。(汗
腕のなさがうらめしい… いいレンズが欲しい…


↓手がかりの部分は糸目をつけており、安定の持ち心地です。
bonA_1081.jpg
bonA_1097.jpg
bonA_1101.jpg

…ちょっと、この美杢をアップで見てみましょうか?

bonA_1083.jpg
木の杢は同じものが二つとなく、材の取り方によっても見え方が違います。
この杢は、縮み杢、虎杢…と呼ばれるものですが、トチ材はときどきこのような部分がふくまれます。
でもこんな大画面はちょっと珍しいなあと思います☆
bonA_1157.jpg
bonB_0615.jpg
撮影のライトの光、自然光で撮りましたが、なかなかむつかしい!

木の繊維が複雑に入っており、光の角度で立体的にホログラムのように輝きます。
虎目石のようなキャッツアイ効果というのしょうか…。とても魅力的なんですよ。

このさざ波を感じさせるような杢の景色ですが、白木地の状態では、白くぼんやりとした儚いものです。
適切に漆の仕事をほどこすと、キラリン☆とみずみずしさを得て輝くから不思議です…
この美しさを引き出すため、12回以上慎重にすり漆を重ねて仕上げています。
透明感の高い国産漆ならではの仕事ですね。


2017_1117.jpg
茶托なしだと、お湯飲み5客くらいは並ぶと思います。
一人前のお膳にしてもゴージャスですねえ…。
くわしくは、ぜひページをごゆっくりごらんくださいますと嬉しいです。(^^)



2017_0927.jpg
さて、今日のおまけ写真…この足跡は誰のでしょうか??

…答えはむぎ君です!
お弁当箱に猫の足跡の絵付けのご依頼があり、モデルはむぎ君となりました。
スタンプで足跡をうつしたんですが、インクが残ったまま逃走して床を歩き回った悪いやつです。


posted by 宮崎佐和子 at 02:15| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和