2017年03月05日

■ウルシの分根をしました。

子供の保育園のバザーがあって、役員のためバタバタしていました…。

遅くなりましたが、先日、松本がウルシの分根をしましたよ〜。
五色台にある、工房のウルシ畑に植栽するための苗木をつくるためです。
今日はそれを少しご紹介したいと思います。(^^)

  →分根とは?? 

ウルシは種から発芽させて苗木を作ることもできますが、根っこから増やす事もできるのです。
工房のウルシ畑に植える苗木は、分根の苗木と統一しています。


↓ウルシの木の根っこです!!
2017_9476.jpg

なにやら怪しげな?山菜のような…。


↓一本一本はこんな感じで小さいです。
2017_9480.jpg
この切った根っこ1本ずつから芽が出て、しっかりした苗木に成長するんですよ!
細く小さな根の方が、生命力が強く、しっかりした苗木になります。 
詳しい作業内容はこちらをどうぞ! →→ 

小さくても、断面には要注意!!!です。
しみ出たウルシ樹液で、ばっちりかぶれますよ〜〜 (;・Д・)

2017_9500.jpg
一本ずつ、ポットのお部屋へ移った、分根たちです。
…まだまだあるんで、日を分けての作業になります。(汗

みんな大きくなあれ!



2017_9491.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

分根作業の時に、うっかり掘り起こしてしまったバッタさんです。
ゴメンゴメン(;´Д`)
posted by 宮崎佐和子 at 14:00| Comment(0) | ウルシの植栽

2017年03月01日

■パン皿のセット、角皿のセットをアップしました。

子供を寝かしつける前に、いつも絵本を読んでやっています…。
幼児板ですが「フランダースの犬」を久しぶりに読みました。

孤児となり家を追い出されたネルロが、愛犬パトラッシェだけでも助けようとアロアの家に置いて、ひとり出て行くシーンに、娘は不満のようです…。
「どうしておいていくの?」「この子(犬)がいらなくなったの?」
ネルロの絶望を説明しても、苦労しらずの4歳児には理解できるわけもなく…。(汗

子供が生まれて、大好きだった読書の時間が皆無となりましたが、たのしいひとときでもあります。



さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
工房直営のショップ、国産漆のうつわ専門店 和×和に、店長の特選品をアップしました。
毎月1日に更新する、おすすめのセットです。今回はお皿のセットですよ〜(^^)


↓18cmパン皿のペアセット。
pan_8701.jpg
pan_8705.jpg
国産サクラ材の緻密な木地で、松本が挽きました。
豊潤な色合いがキレイです!手がかりの良い形で、楽しく使えますよ〜〜。

パン以外に一人前のサラダを乗せてもよさそうです。


↓もう一つは、桐角皿のセット。
tokusen_B_9336.jpg
先ほどは、洋皿タイプですが、こちらは和皿です。
彫刻刀のはつりが印象的な角皿で、独特の素材感があります。
国産キリ材で、松本和明が以前制作したものとなり、だいぶ作りましたが…
ほとんと在庫はありません。(こんなの多いですね;;)

2017_9306.jpg
黒溜仕上げですが、強い光線の下では、木地の木目が確認できます。

一見、重厚ですが、キリ材なのでびっくりの軽さです。
すり漆仕上げのヒノキの取り箸と一緒にどうそ! 
詳しくはページをごらん下さいますとうれしいです。(^^)



2017_9457.jpg
さて、昨日は高松市の五名畑さんで、お味噌作りに参加させていただきました!

麦味噌なんですよ〜〜。
仕上がるのが楽しみです♪♪

posted by 宮崎佐和子 at 15:10| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和