2017年02月25日

■木工旋盤の刃物の柄の入れ替えをしました。

木工旋盤での木地挽きに欠かせない刃物…。
刃物のバリエーション = 挽ける形のバリエーション ということで、どんどん刃物が増えていき、今は20本以上もの刃物を木工場に並べています。
(松本はもっと刃物が欲しいそうな…)


↓刃物は、刃物だけの状態で購入し、自分好みの柄を入れるんですよ〜。
2015IMG_5816.jpg

2015IMG_5812.jpg
どんな柄を入れるかによって、使い心地や精度がうんと違います。
ハリーポッターの魔法の杖ではありませんが、手を入れて木地師の好みの道具に進化させます♪♪


その大事な刃物たちですが…
衝撃などで柄が割れてきたります。(汗
そうなった刃物たちを、2本だけですが、衣装替えさせました。


↓ゴオオ〜〜。バーナーの炎の音が恐ろしげです…。
2017_9251.jpg
この刃物が柄が割れた子ですね〜〜。
火であぶって、古い柄を取り出そうとしているところです。


2017_9253.jpg

2017_9255.jpg

やっと出てきました!!


↓抜けた古い柄ですがさらに割って、重りを出しました。
2017_9262.jpg(この鉛はリサイクルします)

…実は、使い勝手がよいように、松本が取手の部分に秘密の方法で?
鉛を仕込んでいたのです!!
木工旋盤で挽いた柄の内側に、空洞を作って(旋盤でくりぬきました) 溶けた鉛を流し込むという方法です。

方法は少し違いますが… 以前の木地がありますよ。
 ↑この時は、まだ柄が細かったです。
その後、どんどん柄は太くなり、入る鉛も直接充填するという荒技になりました。


↓新しい柄になった刃物ちゃんが、兄弟たちの列に加わりました!
2017_9281.jpg
(真ん中の白い子です)



2017_9284.jpg
今回柄を入れ直したのは、立っているのと背後の刃物2本です。

新しい柄の材はクリ、先日仕入れてきた端材 の残りを使いました!
スプーン用の木地を取ったあまりですが、なかなかりっぱな柄になって、松本も満足そうですよ〜。
また、この刃物ちゃんでいっぱい仕事をすると思います。(^^)



2017_9197.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

先日、娘と海辺で遊んでいた時にみつけました。
小鳥さんの歩いたあとです。
シッポの引いたあともあって、可愛い!!!

posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(8) | 木工旋盤