2017年02月11日

■12.5cm小皿に絵付けをしました。

老眼がまたちょびっと進んだような気がします…。(;-_-)うう
この年でこまかい仕事をしているわりには、たぶんましな方だと思いますが(コンタクト着用で、1.5と2を使い分けています)
近眼とのダブルって… 想像以上に不便過ぎます〜!!
(;´Д`)
これを愚痴ると、同年代でもっと細かい仕事をしている友人に「いやいや、それは入り口に過ぎませんよ、フッフッ…」と言われました。(彼女は4以上)
自分の師匠に、いくらでも老眼鏡の度数があるから、安心して精進するように、有り難いお言葉を頂戴したんだそうです。

うう…私なんか、まだまだだな!
身を投じて(←おおげさ) 現代の利器に甘んじようと思いました。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。



↓12.5cmの小皿に絵付けをしました。
20147_9003.jpg

ぜんぜん細かくない絵ですが…(汗) オーダー品の小皿ちゃんです。
山帰来をイメージした蔓です。
こうした赤い実には、朱漆の色がほんとうに合いますね! 
実にはところどころ金泥を入れて、変化を出しました。
上塗りを入れると、グッと引き立ってくれるといいなあ。



2017_8959.jpg
さて、今日のおまけ写真は… 
この季節おやくそくのウルシの木のミカン刺しです。

メジロやヒヨドリさんたちが、やってきて食べるのを見るのが愉しみです。 

posted by 宮崎佐和子 at 22:21| Comment(4) | 絵付け