2017年01月15日

■ショップにスプーンを各種アップしました。

寒波到来…ブルブル。今日は氷が張っていました!
あまりの寒さに外猫のうり坊も、なんだかんだと理由をつけて?工房の中へ入ってきますよ〜。

さて、もうごらんになられた方もいらっしゃるかもしれませんが…。
直営ショップの国産漆のうつわ専門店 和×和に、スプーンをアップしました。(^^)


↓珍しい?朱溜のランチスプーン。
spr_7843.jpg


↓こちらは朱溜の栃スプーン大です。
sptd_7825.jpg
sptd_7832.jpg
この繊細なフォルムに注目〜。作者の松本のこだわりが詰まっています。

ランチスプーンは文字通り、ランチのお料理に活躍するスプーンです。
オムレツやピラフ、カレーなどなど。
卵料理やごはんものにちょうどいいです。我が家でも一番よく使うスプーンです。

栃スプーン大は、スープ等によく合います。
匙部分が大きいので、煮豆やポテトサラダの取り分けなどにもよく活躍しますよ!
赤いスプーンは、食卓のポイントにもかわいらしいです。


↓あ、栃スプーン中も出ています。
spt_7794.jpg

昨年もチラッとご紹介しましたね。まだ白木地の時でした。

2016G_7321.jpg
こんなふうに一部杢入りの木地だったんです!

…結局、全部塗り込んでしまったので(汗 杢は分からなくなってしまいました;;
けど、杢っぽいのを探して、ショップ用に取り分けていたものです。(極秘情報)
杢率高し… だんだんと漆の色が透けてきて、杢がはっきりと分かるようになるかもしれません。


さて、気になるスプーン木地の制作ですが、松本がこんな風に制作しています。


2017G_8445.jpg
2017G_8453.jpg
IMG_8467.jpg
2017G_8461.jpg

漆オタクでスプーンマニアだという松本…。
漆のスプーンは中学生のときから作っているらしいので、30年以上の実績があります。
おいしい料理が大好きなので、スプーンでお料理の味が変わるのが楽しいというのです。

4才の娘もお父さんのスプーンが大好きで、たくさん食べます♪♪
お客様から、お孫さんのお食事に使っているとか、介護中であまり食べられない親御さんに、工房の漆スプーンで少しずつ食べてもらっている、というお話を聞くと本当にうれしくなります。


posted by 宮崎佐和子 at 23:39| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和