2019年09月16日

■いよいよ水曜日から京都の作品展です。

先日、作品展の荷物を梱包しました。

和うるしの器 展
会期/9月18日(水)〜24日(火)
会場/高島屋京都店6階 特選工芸ギャラリー


秋からの作品展ラッシュのはじまりですね!


↓新作の一部です。(松本作)
2019_9674.jpg
大勢のお客様にごらんいただきたいですねえ…。(^^)

ちなみに、会期中の土曜日は、娘の小学校の運動会です。
松本いないので、ひとりで行きます〜〜〜。
暑くないといいな!
そして、わたしの体力が持ちますように…。(;><)


IMG_20190915_083723.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

わたしと娘の飼っていた、アゲハチョウが、
終齢幼虫 → さなぎ → チョウチョ になりました!
感動の瞬間です。

…しかし、エサ代のサンショウ苗木代がたくさんかかりましたので、
一匹1000円くらいのコストがかかっております。

posted by 宮崎佐和子 at 17:02| Comment(0) | 日記

2019年09月15日

■栗角皿8枚セットを納品しました。

たしかご注文いただいたのは、2017年…。
オーダーの「栗角皿8枚セット」が完成しましたので、先日納品いたしました。


(制作の様子)
http://waurushi.sblo.jp/article/181893124.html
http://waurushi.sblo.jp/article/182711599.html
http://waurushi.sblo.jp/article/185267317.html

2019_9625.jpg
材は国産クリ材、幅22cm、奥行21cm、高さ1.8cmの板皿です。
重なりがよく、また木と漆の器ですのでたいへん軽いです!
これが陶器だとかなりの重さになるでしょう。

2019_9619.jpg
はつりのあとが独特な雰囲気です。
クールな漆の塗り肌によく合いました。(たしか2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるし)
工房のこだわり、よく熟成させた漆の表情です。

2019_9620.jpg


ほんとうに制作に時間がかかり、お客様にはお詫び申し上げます。
木地の仕入れから行いましたので、余計にかかったような…。

しかしながら、もっと前からご注文いただいているものもありますし(汗)
でも、決して忘れてはおりませんので…。(;><)

スローな工房でたいへん申し訳なくいつも思っています。
すみません、すみません。(;´Д`)

どうか引き続きよろしくお願い申し上げます。


2019_9639.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
今年もたっぷりと実った漆の実です。

カラスさんが意外とよく食べるので、気をつけなくては…。


posted by 宮崎佐和子 at 20:20| Comment(0) | オーダー品

2019年09月13日

■京都での作品展のお知らせ。

まだびっくりするような猛暑の日もありましたが、だんだん秋の気配が深まるとうれしくなります。

さてさて、来週からは、京都で作品展があります。
今日はそのご案内をいたしますね。
kyoto_2_9635.jpg

和うるしの器 展
会期/9月18日(水)〜24日(火)
会場/高島屋京都店6階 特選工芸ギャラリー


個性的な日本の漆に魅了され、国産漆専門工房として2001年に創業。夫婦だけの小さな工房です。今年も猛暑の中、松本が漆掻きをしました。
我が子のような秘蔵の国産漆を100%使い、器や絵画などを制作しています。多彩な椀、酒器、カトラリー、箱ものを楽しんでごらんくださると嬉しく思います。

※会期中は松本が在廊します。
※木彫の実演をしておりますので、お気軽にお声かけください。





****************************************

イメージ作品は、ウルシの木で作った酒器たち。
松本が以前漆掻きした木を切り倒したものです。
DSC_0249.jpg
制作風景も撮っていたのですが… ご紹介し損ねていました!!(>_<)
(すみません…)
松本の愛あふれる??香川県産の漆の器もありますので、ぜひごらんくださいね。
ぜひ、ごらんくださいね!!

posted by 宮崎佐和子 at 21:55| Comment(0) | お知らせ

2019年09月03日

■今年の漆掻きの様子。

もう9月…  間があきまくって、申し訳ありません。(;><)
わたし宮崎の体調もあいかわらずなんですが…;;ご心配おかけしてすみません;;

さてさて
今年も、6月から松本が元気に漆掻きに行っています!!

高松市の五色台という山麓にある、工房のウルシ畑。
2002年から植栽をしていたウルシ畑ちゃんで、念願の漆掻きをしています☆

今年は梅雨がちょっとすくないかな?と思いましたが、比較的天候に恵まれている印象です。
9/2に10辺目に行き、今年でいちばんたくさん採れたようです。

69475381_345353873013674_4491711029598655574_n.jpg
69060923_149779422779027_3335558099519377113_n.jpg
オタク松本のMy漆がたくさんとれました。

2019年漆掻きのペース
6月10日 6月19日 6月29日 7月12日 7月26日 7月31日 8月9日 8月13日 8月25日

もう盛漆も終わりですね☆


そして、いまさら感いっぱいですが;;
工房の春〜夏のできごとです。(おそくなり、すみません)

※娘が小学生になりました。毎日、わたしがいっしょに登校しています。
 苦の夏休みも無事クリア…。

※上記のように、今年も漆掻き開始しています。

※3〜4月にかけてパソコンが不調でした。
 その期間メールを受信できなかったり消えてしまったりというトラブルもありました。
 送ったメールの返信がない等、気付かれたことがありましたらお知らせ下さい。

※3月、とても悲しく残念なことがありました。


わたし自身の気持が落ち着いたら、お知らせしたいと思っています。



2019_7223.jpg
いつか、お見せしようと思っていた…
むぎ君のおなかのナゾのハゲ。(なぜ、こんなところが無毛地帯に…)

やはりデブ猫だからでしょうか??


posted by 宮崎佐和子 at 09:45| Comment(0) | 2019年漆掻き

2019年08月08日

■わたしの体調について。

暑いお盆になりそうですね。
でも、夜の野には、コオロギの音色も混じりだしましたよ〜。(*´∀`*)


このブログは14年目を迎えています。
わたしが子供を出産した時も、やすまず更新していたので…(友人には驚かれました、そこまでするかって 笑)
しかし、それなのに、今年はなんとも言えない疲労感で、この春は3ヶ月以上も更新できず、
そして
作品制作もストップし… わたし自身かなりショックを受けています。(;´д`)ゞ
思えば、2〜3年前からじょじょに体がつらくなりました。

このままではイカン!と、その期間、それなりに奮闘してきました。

まず、トシを考えると、更年期障害だろうなーと思いまして。
気力をふりしぼって行った、ちょっと遠方のクリニックで、女性ホルモン値と甲状腺(疲労と関係あるそうです)を調べてもらったのですが、まったく異常なかったです。
数値上は、更年期障害でないので (ホントに!?) なにも処方がありませんでした;;

もしや「かくれ貧血」かも… と思い、先日は血液中のフェリチン値を調べてもらいました。
が、こちらもまったく異常なし…。
じつは1年前からSNRI、SSRIの処方を受けているのですが、こちらもあまり効果は感じられないのですよね〜。ほんとトホホ・・・です。( ;∀;)


この春には、再び気力をふりしぼり、カウンセリングも受けてきました。

心理士さんによる、ふつうのカウンセリングではなく…
いわゆる 視える方 にお会いしてきました。(看板だしていない方です)
そこでアドバイスをいただき、納得できるところもあり、それ以降気を付けていることがたくさんあります。
精神、いわゆるスピリットのケアや見つめ直しというのは、ふだん意識しない分野ですが…
創作にかかわる方には大事かもしれませんね。

この世に生まれでた意味とか、なぜこの仕事を、この人生を選んだのか…。
(いまの日本では、かなり自分の人生をえらぶことができるんですよね)

現世での生活や成功も、実際に行きていきていくためには大事です。
でも、そちらに心をとらわれすぎて、基本的な自分の立ち位置を忘れかけれていないかなあ・・・。
ふと振り返ると、わたしは子供を持って、現実的になりすぎたような気もします。


占星術家の友人によると、わたしは現世よりもあちらの世界?の誘引が強いらしく、夢や夢想の世界に引きずられやすいので、うまくコントロールできるようにネ! と言われてますが…。

(うむむ・・・高度すぎますがな〜!)(;´Д`)

そのせいなのか、すぐに疲れて、ねむいねむい。
夢見の世界から、創作のインスピレーションを得られるようにしたいなあ。





体調をみながらになるかもしれませんが、

できれば、空白になってしまった? この春〜初夏のご報告をしたいと思います。


2019_9646.jpg

工房の庭のウルシの木。
毎年恒例!! ごらんのようにセミたちのパーラーと化しています。

posted by 宮崎佐和子 at 16:47| Comment(3) | 日記

2019年07月13日

■香川県産漆100%の片口。

長らくブログをお休みしてすみません。(;><)
また、ご心配のコメントもいただき…ありがとうございました。

さっそくですが、今日はオーダーのお品をご紹介したいと思います。


katakuti_9560.jpg
お客様のご希望で、一合サイズの片口を松本が制作しました。
長さ 14.4cm 幅 9.5cm 高さ 6.2cm。
側面は面カットをほどこし、躍動感があります。
赤みのある透明感あふれる木地溜です。動きによって、キラキラ木目が輝きます。


実は、この漆…。
松本和明が、漆掻きした香川県産漆を使いました!

か、かんどうじゃあ〜〜 ・゚・(ノД`;)・゚・



工房のウルシ畑は香川県高松市にあり、2002年より植栽をはじめたものです。
※2018年漆掻きの様子


↓松本が採った、2018年の香川県産漆。
2019_9568.jpg
生うるしの状態です。

昨今になって、国産漆が注目されていますが… 間違いなくレア漆ですね♪
一部を茶碗に入れて、先日から松本の塗り部屋に出ていますよ〜。(^^)



↓片口の木地は、国産トチ材です。
katakuti_9562.jpg
片口は、丸木地のお椀やお皿と異なり、旋盤がほとんど使用できませんので…。
木地制作はかなり時間がかかります!

そのぶん、味わいのある風合いが魅力的ですね。

katakuti_9563.jpg
katakuti_9566.jpg
katakuti_9564.jpg

待望の、工房の(というよりは松本和明の)香川県産漆。
松本の漆オタクのこだわりがつまっています!

熟成させていない、昨年の若い生うるしですので、勢いがありますね。(; ・`д・´)
松本が2001年に徳島県で採取した、阿波漆にとてもよく似ています。
工房のウルシ畑は、四国産の漆を…ということで阿波漆を植えていますので、とても感慨深いものがあります。

古い記事ですが、どうぞ。
  ↓
※浄法寺漆の椀と、阿波漆の椀。




さて…。

ここずっと、わたしの体調が思わしくなく(困)
わたし宮崎のSNS関係はほとんどストップした状態が続いています。
(中には、夫婦仲をご心配してくださる方まで…!)(=゚ω゚=;) え〜!スミマセン;;

松本のほうは元気にせっせと通常どおり仕事をしています。
SNSが苦手だった松本ですが、インスタグラムを、ぼちぼちと更新していますよ〜。


そして…まだお返事ができていないのですが、
ご心配のお手紙やメッセージも直接いただいています。
気にかけてくださって、本当にありがとうございました。またお返事いたします。

また、3〜4月にかけてパソコンが不調になり、その期間メールを受信できなかったり消えてしまったりというトラブルもありました。もし、ご迷惑をかけていましたら、申し訳ありません。

娘の卒園後、新年度もスタートし、令和になり…
いろいろご報告したいと思うことがたくさんありました。
まとめてになりますが、そして体調をみながらになってしまいますが、またお知らせしたいなと思います。


2019_9595.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
夕暮れの空を並んで眺める、うり坊とミルミル。
ミルミルは今月で、なんと16才になります!元気です。



posted by 宮崎佐和子 at 13:41| Comment(0) | オーダー品

2019年03月20日

■最近の様子について。

最近、工房のブログの更新が少なすぎて、ほんとうにすみません;;
(;>_<)

じつは昨年夏ごろより、わたしはずっと体調不良になやまされており…。
ぜんぜん仕事ができません。(涙 
なぜか一日中、すごい疲労感でいっぱいなんです。朝、起きた時から疲れている〜〜〜。
確定申告もギリギリでした。

2019年は元気いっぱいでスタートするつもりだったのに…。
いろいろ工夫していますが、なかなか元気になりません。


人間ドック等の検査では、ちょっと貧血気味なくらいで(←これは若い時からずっと体質かと)
まったく数値上では問題ナシなので…… こまったものです。
ハアア (;´д`)

ブログはじめSNS関連、ショップの更新、いろいろ滞っています。
楽しみにされている方々、ほんとうに申し訳ありません;;;;
オーダー品をお待ちのお客様、ほんとうに申し訳ありません;;;;


ときに「白血病だったらどうしよう」と思うときもありますが(ニュースの影響?)
人間ドック等の検査では異常無しだし
やっぱり年齢的にも更年期だろうなあ〜と思ったりします。

(さいきん友達ともこの話題で盛り上がるように…;;)


出産した病院に更年期外来があったので、以前診察を受けたことがあるのですが、いわゆる「ホットフラッシュ」がまったくないので、「更年期障害の部類に入らず」の見立てで血液検査もしてもらえず、ツムラの漢方を処方されてさっさと帰されてしまいました。
…ツムラ… ぜんぜん効かないよう。(;´Д`)


先日、わたしと同様、疲労感になやまされる友人が高松のレディースクリニックを紹介してくれました。
高松市… 工房のある善通寺市から往復する体力があるか不安
(片道1時間の運転がツライ)
でも、でもですね、疲労感だけでも検査したりバリエーションのある薬を処方してくれたり、たいへん評判がいいので、来月になりますが

気力をふりしぼって、行ってこようとおもいます!



いっぽう、松本の方はというと、元気です。
SNS苦手だったのですが、インスタグラムは楽しくやっているようです。
(うらやましい)


松本のインスタグラム

#漆の木 を#木工旋盤 で#削ってみた



実は松本、昨年の人間ドックで大腸にポリープが見つかりまして…。
2月の三越本店の作品展を終わるのを待って、切除手術を行いました!!

松本が入院したと聞いたバイヤーさんは

「松本さん、たいへんですね〜 それ ステージW ですよ☆」
…といじってくださり、面白いギャグのようなそうでないような…。(; ・`д・´)


(こちらの方は、先週、病理結果が出てタダのポリープと分かり、ホッとしたところです)



思えば2001年から国産漆の工房としてスタートし、気がつくとビックリするほど年月が経っていることに気付きます;;

はやく体調を取り戻し、たくさん仕事ができるようになりたいなあと思います。


posted by 宮崎佐和子 at 23:15| Comment(4) | 日記

2019年03月19日

■娘の卒園式でした。

もういよいよ春となり、有り難くない花粉ととも桜前線がせまってきましたね。

先日は、保育園に通う娘の卒園式でした!!

2019_9943.jpg


2019_9834.jpg
緊張しながら、卒園証書を受け取りに歩む娘…。

会場は、ハンカチを固く握りしめて、目元を押さえる保護者の方々の姿が。
うちの娘は2歳児クラスから通っていたのですが、中には0歳児からずっとここでお世話になっているお友だちも多数なので、お父さんお母さんがたも感慨深いようです。

みんな元気で無事卒園できてよかった!!(´;_;`)

担任の先生も2歳児クラスからずっと同じだったので、感動もひとしおです。
…先生、ずっと泣いていたなあ。
若い女性の先生なのですが、すごく熱心な先生で保護者も子供たちも全幅の信頼をよせていました。
男の子の中には「みきせんせいとけっこんしたい☆」と短冊に書く子もいたほどでした…。


↓園の先生の手作りグッズであふれるお茶会。
2019_9873.jpg

思えば、娘が家族以外の人たちから
あふれる愛を初めて受け取った場所がここでした。

卒園式という行事が先に行われ、3月末まで園に通うので、いきなり先生とお別れではないのですが…。
私も子供を持つ母親として、すごくすごく勉強させてもらいました。
園のお友だちと遊べるのもあと少し、私も名残り惜しみつつ過ごしたいと思います。
posted by 宮崎佐和子 at 16:00| Comment(2) | 日記