2017年09月21日

■京都での作品展、開催中です。

昨日から高島屋京都店さんでの作品展※、ぶじ始まりました!!
さっそくのご来場くださいましてありがとうございます。(^^)

松本から会場の写真を送ってもらいました♪♪

2017DSC_0132.jpg

2017DSC_0136.jpg
ぜひ、お寄りくださいね☆


2017_3476.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
松本が出張前に撮りました。

漆掻きを見学する?ミルミルちゃんです。(*´∀`*)


posted by . at 23:29| Comment(0) | 作品展

2017年09月20日

■今日から高島屋京都店さんで作品展が始まります。

日付が変わったので、もう今日ですね〜〜♪♪
本日20日から、京都で作品展があります。
あらためてそのご案内をいたしますね。

2017_3996.jpg

和うるしの器 展
会期/9月20日(水)〜26日(火)
会場/高島屋京都店6階 特選工芸ギャラリー


個性的な日本の漆に魅了され、国産漆専門工房として2001年に創業。夫婦だけの小さな工房です。毎日ウルシの木を眺めながら制作をしています。
我が子のような秘蔵の国産漆を100%使い、器や絵画などを制作しています。多彩な椀、酒器、カトラリー、箱ものを楽しんでごらんくださると嬉しく思います。

※会期中は松本が在廊します。
※木彫の実演をしておりますので、お気軽にお声かけください。




****************************************

2017_4000.jpg
イメージ作品は、松本作「栃銀彩高杯 つばき尽くし」です。
とても優雅な一品です☆

ぜひ、会場でごらんくださいね〜〜〜 (*´∀`*)ノ



posted by . at 00:36| Comment(0) | お知らせ

2017年09月18日

■ショップに栃スプーン中をアップしました。

台風…やっと通り過ぎていきました…。(;´Д`)
香川県は直撃にちかい状態で、各地に被害が出ました。
この台風、雨風が強いだけじゃなくって、ノロノロしてなかなか行ってくれません。
3時間近くも居座っていましたよ〜〜〜〜(涙
2017_3519.jpg
工房の庭のウルシの木ちゃん、一部こんなになってました…。
高松の畑はだいじょうぶかしら?気になります。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
台風通過のさなか、ショップに栃スプーン中をアップしました!!


↓栃スプーン 中サイズちゃんです。
spoon_4090.jpg
長さ 16cm 幅3.6cm のスプーンです。

ちなみに…
E382B9E38397E383BCE383B3EFBC93E69CACE382BBE38383E38388EFBC91.jpg
左の大は長さ20cm幅4.5cm、右の小は長さ13cm幅3cm。


↓径13.5cmのボールと合わせるとこんなイメージです☆
E3839CE383BCE383ABE9BB92EFBC91.jpg
このスプーン、大中小とあるんですが、この中が一番人気なんですね〜。
かなりフレキシブルなサイズで、お食事にも違和感ないし、デザートもいただけます。
一本一本松本がていねいに手削りしているんで、あまりたくさん制作出来ずいつも品薄です…。


↓今回、ショップ用に5本用意しています。
spoon_4080.jpg
作品展会場にもいくらかありますが、在庫限りでなくなりますので、気になっていた方はご検討下さるとうれしいです。(*´∀`*)


↓ギフト用に桐箱入りのスプーンも1本確保してます。
spoon_4111.jpg
2017_spoon-2.jpg
こちらは名入れサービス付き!
ご出産祝いにときどきご注文いただいていますよ〜。
詳しくは各ページをごらんくださいね。



2017_3527.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

台風の時はどこでいたんでしょうか?
うり坊です。やっぱ木工場かな…。
(木工場は床が水浸しになっており;;松本が片付けしていました)




2017年09月15日

■出品する作品の撮影と梱包をしています。

作品の梱包に明け暮れています…。(;ー_ー)
なかなか終わりません。

梱包前に、新作の器たちは、撮影も行っています。(← だからじかんがかかるんだ!!)
9月20日〜26日高島屋京都店さん → 10月4日〜10日 日本橋三越本店さん
…と続きますので;; 見納めになる子がいるかもしれないからです。



↓イメージ作品のおひるね猫ちゃん。
2017_3912.jpg
自然光でも撮ってみました!!
連作で、椿だけの鉢もあります。並べると、また雰囲気が出るんですね〜。
この鉢はギンナン材で(めずらしい?)輪島の木地師さんに挽いてもらった木地なんですよ。
径は27cm、高さは7cm弱くらいです。けっこう深さはあります。


↓猫ちゃんア〜ップ!!
2017_3916.jpg
肉球だけでなく、目元や口元、毛並みもふくらませて描いています☆
かなり盛り上げているんですが… ややツヤ消しの塗り肌なので、あまり分からないかもです。
猫飼いとして?猫さんのチャームポイントをさりげなく描いたつもりです。

…愛が高まりすぎて?なまなましくならないようにしましたよ。
写実を心がけ、なおかつ私なりのファンタジー色を入れました。


↓こちらは、九寸桜銀彩皿「あじさい」「さくら」
2017_3928.jpg
松本の作です。材がサクラ材なんですね〜。


↓手に取ると、こんな感じです。
2017_3935.jpg
九寸ですので、径は27cm前後と大きい。
浅く、広いので面や模様を生かした盛りつけがステキになりそうです☆


↓こちらも松本作品。
2017_4069.jpg
栃銀彩高杯です。径は8cmくらいだったかな?
栃材で木地薄めに挽いているので、ふわっと軽いです!
濃厚な塗り肌が魅力的ですよ〜。


↓続いて朱溜のコーヒーカップです。
2017_3863.jpg
昨年、かなりご好評をいただいたので、数は多くないですがご用意しました。
材はクス、ときどきケヤキ材もあります。
厚めのグラマラスボティとぷっくり唇、グロス感のある朱溜の塗り肌が特長です♪♪


また、時間を見つけて、作品をアップしていきたいなとおもいます。
(*´∀`*)


posted by . at 23:55| Comment(0) | 日記

2017年09月12日

■京都での作品展のお知らせ。

雨も降り、また秋がいっそう近付いたように思います。(^^)

さてさて、来週からは、京都で作品展があります。
今日はそのご案内をいたしますね。

2017_2825.jpg

和うるしの器 展
会期/9月20日(水)〜26日(火)
会場/高島屋京都店6階 特選工芸ギャラリー


個性的な日本の漆に魅了され、国産漆専門工房として2001年に創業。夫婦だけの小さな工房です。毎日ウルシの木を眺めながら制作をしています。
我が子のような秘蔵の国産漆を100%使い、器や絵画などを制作しています。多彩な椀、酒器、カトラリー、箱ものを楽しんでごらんくださると嬉しく思います。

※会期中は松本が在廊します。
※木彫の実演をしておりますので、お気軽にお声かけください。





****************************************

イメージ作品は、九寸銀杏絵付鉢「おひるね猫」です。
ひだまりで眠たくなってます…。
肉球もぷっくりさせてみました。 (*´∀`*)

posted by . at 12:48| Comment(0) | お知らせ

2017年09月06日

■コーヒーカップをアップしました。

毎日が眠い…(;´Д`)
やりたいことがいろいろありすぎて、体力が持ちません。

さて、今日はショップに、ひさしぶりにコーヒーカップをアップしました〜〜。
どちらも小さめのコーヒーカップ、2種です☆


↓花紋のコーヒーカップ。
hana_cup_3391.jpg
この短めのスタイルが可愛い!! 一見、シンプルな木地溜ですが…。

内側には線描で花紋を描いています♪♪
hana_cup_3384.jpg
上塗り漆は、2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるし。すっきりクールな塗り肌です。
先日ご紹介した、お月見セットのススキ高杯ちゃんと同じ上塗り漆なんですが…。
塗った時期が違うので、全然塗り上がりが違います。( ・∀・) ふしぎ〜〜

このコーヒーカップちゃんは、ケヤキ材なんですが、松本自身が高松市で伐ってきた材なんだそうです。
(しらなかった…;)
小径木でしたが、こんなにかわいいカップを挽くことができました。



↓もうひとつはこのカップ。
moku_cup_3406.jpg
複雑な木目でしょう? ニレの木なんです。
黒みがつよい木地溜なんですが、顔料はいっさいなし。漆の塗り重ねのみの濃厚なお色です☆
こちらは2006年岩手県の大森貴太郎さんの盛辺生うるしで、グロスのようなつややか肌となりました。

moku_cup_3442.jpg
アップで。キラキラ感がすごいです!


どちらも、マシンにぴったりできるサイズなのがこだわりですね。
IMG_3448.jpg

くわしくは、ページをごらん下さいますとうれしいです。
(*´∀`*)


2017_3462.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
丸重箱の猫ちゃんです。お顔がだいぶできあがりました!
(彩色ははやいんですよね〜)
上塗りをすると、濃い色になって立体感が出てくるとおもいます。

2017年09月03日

■猫ちゃんと梅の花の丸重箱、製作中です。2

9月になって、香川県は一気に秋になりました…。
涼しくてウレシイ。暑いのはもう飽きました〜〜〜。(;><)
今月は、20日から京都で作品展がありますので、これから仕事をまとめあげていきますよ。
体力を落とさずがんばらなくては!!

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓猫と梅の花のお重箱、だいぶ進みました…。
2017_3301.jpg

猫さんのお顔が、ゴールドフェイスになっていますね!
トラネコになる予定なんです。
これは2日ほど前に撮った写真ですので、今はもうちょっと仕事が進んでいますよ〜。
猫さんはアイシャドー?が入って、トランプさんみたいになってます。

お重箱の内側に入れるワンモチーフは、いろいろ考えましたが…。
たぶん、猫のシルエットになると思います。
マタタビの花とか候補にあがりましたが、このモチーフを目印に、箱を重ねる位置が順番が分かるようにしたいので、箱の向きが分かるように天地のある図柄にせねばと思いなおしました!

今月の京都展には間に合いませんが;;
来月の三越本店には登場させたいです。(; ・`д・´)




no-title
さて、今日のおまけ写真は…

松本号の下でくつろぐうり坊です。
発車直前ギリギリまでいつも寝ています。

のんきすぎ!!

2017年09月01日

■ショップにお月見セットと朱溜縄文黒の大常椀をアップしました。

疲れ気味のようで… モタモタしましたが;;
工房直営ショップで毎月1日に更新している、店長の特選品をアップしました。(,,・∀・)

今回は二つありますので、ご紹介しますね。


↓お月見をイメージしたセット。
tukimi_3187.jpg
30cmのお盆(虎杢入り!)と13cmの高杯、23cmの栗手削り箸の3点セットです♪♪


tukimi_3173.jpg
高杯は、ススキをイメージした銀彩入り。

↓塗り肌に注目です。
tukimi_sara_3210.jpg
オイル感のある、不思議な塗り肌に仕上がりました。
上塗り漆は、2008年岩手県の大森正志さんの盛辺生うるしなんですが…。
いつもはこんなふうに塗り上がらないので、たまたまだと思うんですが、ホントなぜなんでしょう。
同じ漆でも、違う表情が出ることはよくあるから面白いです!


↓お盆は手に取るとこんな感じです。tukimi_bon_3264.jpg
1〜2名程度の給仕、または1人前のお膳にもステキだと思います。
(^^)


↓あっ、お椀もあります。
joumon_3131.jpg
2005年ころまでによく制作していた、縄文黒シリーズの変化球です。
朱溜バージョンですね〜。
ごく最近になって、上塗りをして仕上げました☆

joumon_3153.jpgjoumon_3152.jpg
2017_3109.jpg
ゴツゴツした風合いのお椀ですが…
よく表面をならしているので、手に取ると意外としっとりなじみます。

ほかにもいろいろ写真をとっていますよ〜。
詳しくは、ショップのページを楽しんでくださいますとうれしいです。(*´∀`*)



2017_3291.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

コレナンダ?? 漆掻きしているウルシの木の根本に生えていた植物?です。
松本はサルノコシカケだというのですが〜〜?