2020年06月22日

■草刈りに苦戦!工房のウルシ畑。敵も登場。

近い年代の漆掻きさん仲間とよく話題になるんですが…。

ウルシの植栽、育成、漆掻き。
いずれも 雑草・雑木との戦い の積み重ねと言っても過言ではありません!
(; ・`д・´)キッパリ!
春からは、常に 開墾作業 というべきの手入れの連続です。
お庭をお持ちの皆さんなら、お分かりでしょう。
この梅雨で、雑草さんたちが元気を取り戻し、グングン勢力を増しているハズです。
これが山の畑となると、スケールが大きいです。
生えてくる名のしれない雑草雑木も超強力!すごい生命力のカタマリ!
トゲだらけのイバラ、所狭しと体に絡み付くイガみたいなのとか〜〜〜 
熱中症を気にしながらの作業となります。


↓約1ヶ月前(5月)くらいのウルシ畑。
05.5.21gosikidai-urusinoki4.jpg
若いウルシも伸びて、おだやかな風景です…。先日した草刈りから間もない風景です。


そして、雨の降った先週。松本は数日かけて草刈りに通いました。
残念ながらビフォーの画像はなく、アフター写真のみですが…;;
2020-06-22-1.jpg2020-06-22-2.jpg2020-06-22-3.jpg
(動画だったんですけど、パソコンが古くてアップ出来ませんでした;;涙)

苦労の甲斐あって、とりあえずサッパリしました。
…しかし、また一ヶ月もしたら、もとの木阿弥になっちゃうんですがねー。(;><)

しかも〜〜〜
強敵を発見しました。
kususan.jpg
クスサンの幼虫!!  ※クスサン
この緑色の巨大なウインナーみたいな、ふさふさのクスサンの幼虫。(無毒ですが)
すごい食欲で、あっという間にウルシの木を丸裸にしてしまうのです!
仲間内ではたいへん恐れられている「害虫」です。
いつもはなるべく薬は使わない、工房のウルシ畑ですが…。

あわてて松本が駆虫に走りました。ごめんね、クスサンちゃん。
単独ではユニークなイモムシで、イモムシ好きの娘が喜びそうなんですが…。
飼いたいと言い出すはずだし、けっして見せられません。(;´Д`)

…と言う感じで、先週はかなりウルシ畑の手入れに日数を割きました。
今年も松本が漆掻きをする予定です。どうか天候に恵まれますように…!



さて、今日のおまけ写真は…
2020_6_0676.jpg
夕暮れ時にたたずむうり坊です。
あいかわらず木工場を仕切っており、日中はいつも木クズだらけです。




タグ:ウルシ畑

2020年06月17日

■桐長角皿をアップしました。

今年度は、娘の小学校のPTA初役員を務めることになった、わたし宮崎です…。
(部署はいわゆる広報部)
例のコロナのおかげで、今頃になって、やっとはじめての役員会がありました!
いろいろ行事がバッサリと打ち切られ、先輩役員さんたちは、広報誌のネタ探しに苦労しているようです;;
コロナの功名?? と言ってよいのか…。
バッサリ切った行事の中で、もう来年から廃止するものもありました。(ニヤリ) (* ̄∇ ̄*)
広報誌も年3回 → 2回と減る事が決まりました。
PTAのお仕事もどんどんスリム化… これもやはり世の流れかなあ。
思ったほど、たいへんではなさそうで、ちょっとホッとしています;;


さて、ひさびさですが、ショップに桐材の長角皿を二つアップしました!!


↓桐長角皿(木地溜)。
2020_6_0641.jpg
長さ33cm、幅11.5cm、高さが3.3cmです。
上塗り漆は、2008年産岩手県の大森清太郎さんの盛辺天日精製漆。
半つや消しです。刃物のはつり跡を入れています。
ダイナミックなはつりに見えますが、ごく浅い彫りです。
大森清太郎さんの盛辺天日精製漆で、迫力のある仕上がりになりました。
こちらは裏面もはつりが入っています☆


↓桐長角皿(黒溜)。
2020]6_0639.jpg
長さ33cm、幅12cm、高さが2cmです。こちらは違う刃物ではつりを入れました。
黒溜仕上げで、上塗り漆は2004年産の岩手県の大森俊三さんの盛辺機械精製漆。
マットな渋い塗り肌で、上品な感じです。

どちらも10年ほど前の作になります。
国産桐材をたくさん仕入れることが出来た時に、松本が好んで一時期たくさん作りました。
どちらも重厚感あふれる作ですが…。
桐材なので、なんと重さは木地溜は130g、黒溜は100gくらいと超軽量!
お手入れも収納もラクラクです!


↓色違いですが、ほぼ同サイズの桐長角皿の使用イメージです。
kirikakuzara_siyou.jpg

あれから材料もいろいろ値上がりし、手間のかかるお品ですので;;
もうこの価格での制作は難しいと思います。
…そういえば、桐材じたい仕入れの予定がないかなあ。(;><)

詳しくは、各ページをごらんくださると嬉しく思います。



さて、今日のおまけ写真は…
DSC_0368.jpg
香川県は、スウィートコーンの旬が始まっています!
娘の通学路にもたくさんのトウモロコシ畑が…。
上の穂は、トウモロコシのお花?? 
甘い独特の香りがして、思いっきり畑の空気を吸い込みたくなります。(´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 11:24| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年06月06日

■工房の猫、ミルミルもお星さまになりました。

突然ですが、タイトルのとおりです…。
先月の末になりますが、工房の猫のうちの一匹、ミルミルもむぎ君に続いて、天国に旅立っていきました。


↓2017年ごろのミルミル。
2017_9323.jpg
急だったので、驚きましたが…。
心の中ではずっと前から覚悟していたので、いきなりのお別れにも関わらず、静かにミルミルとさようならをしました。


ミルミル自己紹介(2008年)
ミルミル写真集(2017〜2020年)


↓工房の猫、むぎ君とともに。
2017_8622.jpg


2016年に、長いシッポの先にあったできものが裂けて、断尾手術をしました。
その際の検査で、慢性腎不全ということが分かり…。
一時は、生死のふちをさまよいましたが… やがてこっちの世界に戻ってきてくれました。


手術、腎不全の治療


当時、13才。
自宅での輸液治療で、びっくりするほど元気な毎日を送れるようになりました!
(わたしが、輸液注入担当として、病院でおしえてもらいました…)(;´д`)ゞ



↓たしか先日は、お風呂に入ったばかりでしたね〜。
DSC_0314.jpg
体は太らず、痩せていましたが…。
しかし!!! 食欲はうり坊以上。『太らない秘訣』を聞きたいくらいでしたよ〜;;


2020_DSC_0025.jpg
お気に入りの場所でのお昼寝。

春になり、今年もたくさんのヤモリを連れ帰って見せてくれました…。
(ー_ー;)
この7月で17才(人間だと84歳相当!?)になるはずで、わたしもそのつもりだったのですが。



そういえば、ミルミルは猫のお友だちが多く、
うらやましくも、ボーイフレンドにも事欠きませんでしたね☆


↓最後の彼氏、ブッチャー君。(たしか今年4月の写真)
DJI_20200427_153511_609.jpg
ミルミルがいなくなって、このブッチャー君も遊びに来なくなりましたよ…。


ほんとうにミルミルは思い出いっぱいの猫でした。
工房ができて、まだ間もない2003年から共に暮らしてきました。
その当時は、まだ未開拓だった『国産漆』…。この説明しにくい、しかし貴重なものを、どう世間に向かって、わたしたちは発信していこうか。
日々、松本と悩んで、ほんとうに暗闇の中を、手探りで歩いているような気持ちの毎日でした。
そんな時代から、一緒に寝起きして、時にはなぐさめてもらったり、時には心配させられたり、時には仕事のじゃまをしたり… と、ほんとうに思い出は尽きません。

2012年に、娘が生まれた時は猫たちはどう反応するか、ちょっと心配でしたが…。
イジワルしたりすることもなく、娘が少し大きくなると遊んでくれるようにもなりました。


もういい年だし、持病ありだし…
最後はどんな看取りが待っているんだろう?と覚悟を決めていましたが
あっさりとミルミルは、振り返りもしないで突然いってしまいました。


↓最後に。
2015IMG_0077.jpg
古い写真ですが、お気に入りのうり坊とのショットです!


皆さま。今までミルミルを可愛がってくださいまして、
ほんとうにありがとうございました。(*´∀`*)




posted by 宮崎佐和子 at 17:38| Comment(2) | 工房の猫

2020年05月31日

■めんぱ弁当箱の試作(6)天板・底板の厚み決定&麦漆で接着しました。

香川県では、もう梅雨を思わせるような、やわらかな雨がしとしと降っています…。

さて、松本のめんぱ弁当箱木地の試作ですが、どんどん進んでいますよ〜。
私もいろいろ用事もあるし〜〜〜 もうブログではついていけません。(((( ;゚д゚))))


↓先日は、同じ材(樺材)で、天板・底板作り。
2020_menpa_5.jpg

…最初は、これらの板を上記のように、分厚く作ってしまい;;
12mmくらい?(←わたしがパッと見た感じは、そんなに分厚いようには見えなかったんですが…;;)

ためしに、板を曲げ木地にはめ込んた状態(ほぼめんぱのめんぱの白木地状態)で手に取ってみたら?
松本が、重い、やっぱりもう少しは軽くしないと…と言うのです!
んん?? まあたしかに、意外と重いかなあ…。
めんぱなど曲げ木地の器の良さは、その軽さにもありますもんね。

和うるし工房あい オリジナルの曲げ木地のお弁当箱は、ある程度の凹みに対する強さを期待して制作しているのです。
なので、通常の産地で作られている檜や杉のような、柔らかい針葉樹ではなく、
広葉樹(今回は樺材 かばざい)を、松本は苦労して?(;´Д`) 使っているのでした。


…ということで、厚みを大胆に薄く調整し、ちょうどいいと思われる具合にしました☆


↓と、難題?をクリアして、ぴっちりはめこんだ天板・底板を麦漆で留めました。
2020_5_menpa_5.jpg
麦漆で強力に接着し、高温多湿の漆室でしっかりと硬化させます。

 
…なんだか、お弁当箱がどんどん進んできてうれしい!
気が焦っていても、時期が満ちないと進まない仕事って、よくあるものです。
今回もそのパターンなのかなあ。

このタイミングで、お待たせのご注文品なども、松本に進めてもらっています!


※公式LINE作りました。いずれかでご登録くださいネ。
 ブログチェックをあまりしない方にもおススメ。
 めんぱの制作の様子や工房やショップのお知らせをお届けします。

 IDアカウント @534cqjqt
534cqjqt_2.jpg



さて、今日のおまけ写真は…
カナヘビ
咲き始めた、工房の庭のアジサイちゃんです。
ここには、小さな住人が…
メスのカナヘビちゃんです。(いつもここにいます)

心なしか、お腹が大きいので、近いうちにお母さんになるのかもしれません。
(*´∀`*)



posted by 宮崎佐和子 at 18:27| Comment(0) | めんぱのお弁当箱作り

2020年05月24日

■和×和のお椀(ミズメザクラ材)黒溜、朱溜です。

もう、ごらんになられた方も多いと思いますが…。
ショップ和×和に、バージョンアップした、和×和のお椀をアップしています。(*´∀`*)


↓朱溜。径11.5cm、容量360cc。
wawakuro_0501.jpg
朱溜ちゃんは、松本和明の採った、香川県産の工房の漆を上塗りに使っております。


↓黒溜。同じく径11.5cm、容量360cc。
wawakuro_0479.jpg
黒溜ちゃんの上塗り漆は、故人となられた松本の師匠、浄法寺の大森俊三さんの盛辺漆。
(しかも『13辺目の漆をお願い!』と松本がオタクなオーダーをした漆です。

どちらも、刷毛目による微妙な漆の濃淡、塗り肌が美しい!!
国産漆って、ほんとうに豊かで、それぞれ個性あふれているんだなあと思いました☆


オタク丸出しで?凝りに凝った国産漆100%のお椀ですが…
オンラインショップ限定品なので、価格はかなりがんばっています。
朱溜は、制作工程がやや多く、上塗りも難しいので、もう黒溜と同じにできなくなりましたが;;
しっとりと潤んだような、愛する地元の漆を使った、みずみずしい赤い色合いは私のお気に入りです〜〜。


wawasyu_0533.jpg
wawakuro_0493.jpg

お椀のフォルム、容量は以前の和×和のお椀(大きいほうの飯椀タイプ)とほぼ変わりません。
しかし、もう木地がトチ材ではなく、より緻密で硬いミズメザクラ材になりましたので、重量が2〜3割増しになってます。笑
持った感触もカッチリした、丈夫そうな手応えがありますよ〜。
ミズメザクラは、硬く高い弾力性があり、梓弓(神事などに使用される弓)を作るときによく使用されていました。
(そういえば、『梓弓』は万葉集にもよく出てきますね)
ただ、丈夫な材とはいえども、一生懸命に作ったお椀なので、やはり大事に使ってほしいなーと思います。(^^)


そして、まだ慣れていませんが…(というか、よく分かってない部分も多い〜〜〜)。
和×和の公式LINE なんとかボチボチやっています。
(主にめんぱ弁当箱、ショップのお知らせ)
  IDアカウント  @534cqjqt

しかも、松本のめんぱ試作が、意外と急ピッチで進んでいますので、進行に付いていけず、焦っています。(;´Д`)
この順調さも、これもあの憎っくきコロナのおかげも少しありますが…。
めんぱのお弁当箱、試作と言えども、意外といい感じになってきてるので、また見ていただきたいと思います。


さて、今日のおまけ写真は…
2020_5_0461.jpg
我が家の金魚、『めのう』ちゃんと『ルビー』ちゃんです。
(いま、七才の娘が鉱物にはまって、この命名に…)
なかよくくっついて眠るんですよ。
平凡な流金の金魚ですが、カワイイですね。(*´∀`*)


posted by 宮崎佐和子 at 23:19| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年05月21日

■銀座松屋さん作品展、中止のお知らせ。

タイトルの通りですが…。
5月27日から予定に入っていた、銀座松屋本店 での作品展は今年は中止となりました。(;´Д`)
営業再開が6月1日からですが、会期がまたがっているのでやはり開催は難しく、このような判断となりました;;
お待ちしていたお客様には、たいへん申し訳ありません。
ショップの方で、がんばらせていただきます!(*´∀`*)


まだまだ油断出来ない情勢ですので、皆さま十分注意してお過ごし下さいね。



posted by 宮崎佐和子 at 22:29| Comment(0) | お知らせ

2020年05月20日

■和×和のお椀、23日(土)より販売します。

2011年にオープンした、工房の直営ショップ 和×和。
当時は、国産漆は今ほど話題になることもなく、日陰?の存在でした。
そんな『世間に知られていない国産漆の素晴らしさを知っていただこう!!』という、松本と私の願いで、ショップのみの代表作として「和×和のお椀」を準備しました。

2017_8945-thumbnail2-thumbnail2.jpg
“ 漆ビギナーさんのための、国産漆100%のお椀 ”
…というテーマで、登場。無地のシンプルな作り。

「多くの方に、純粋な国産漆のお椀を手に取ってほしい」
そんな、わたしたちの願いが込められていました。

しかし近年の材料(特に木地代)の高騰で、お椀ビギナーさんが手が出せそうな?『一客1万円内』という設定が難しくなり、また工房の仕事も増えてコンスタントに制作することができなくなり…。
残念ながら、2017年2月に、制作終了することとなりました。(;´Д`)

※和×和のお椀の制作終了のお知らせ



しかし!! その『和×和のお椀』が、バージョンアップして、
23日(土)よりショップに登場します。(≧▽≦)ノ




↓黒溜、朱溜の2種類です。
2020_5_0454.jpg
径は11.5cm、容量約360cc(←またきちんと測ります)

以前の「和×和のお椀」と違うのは、ワンサイズであることと、上塗り漆がときどき変わること、そして…。

材の違いです。
前回は、お椀木地として定番だったトチ材を使っていました。
トチは、加工しやすく、温かみのある材でお椀木地として好まれますが…。
材としては柔らかめで、数ある樹種の中でそんなに丈夫な材とは言えませんでした。

そこで、今回はミズメザクラ材を使っています。
ミズメザクラは重硬な材で、比重もやや重く木地も緻密で、かなり丈夫な材なんです。

しかしながら…。
この新しい『和×和のお椀』も、在庫の木地(それなりにありますが)のみで出す予定です〜。
当分は持つと思いますが。(ゴメンナサイ;;)
また、登場記念として、公式LINE 登録してくださった方にはちょっとした特典を付ける予定です☆
楽しみにしていてくださいね!!(*´∀`*)



さて、今日のおまけ写真は…
2020_5_0457.jpg
夕暮れ前の工房の周囲の田んぼです。
水が入り、田植えに皆さんせっせと励んでらっしゃいます。
ときどき野生のカモが田んぼに飛んできて、エサを探す様子は、見ていて楽しいものです☆


posted by 宮崎佐和子 at 22:57| Comment(0) | 国産漆のうつわ専門店 和×和

2020年05月19日

■めんぱ弁当箱の試作(5)底板の作成&麦漆でめんばがくっつきました。

めんぱのお弁当箱の試作の続きです。(*´∀`*)
ちょっと読者さんにはややこしいかもしれませんが…。
先行して作っている試作木地と、うまくいけば本番に出そうと思っている木地を同時進行で進めているんですよ〜。


↓後から制作した木地。
2020_5_4_1.jpg
こちらは、新しく仕入れた樺材の薄板を使っています☆
型にはめて乾燥して成形したのち、形がくずれないように陰干ししてより水分を抜いています。


↓つまり、このボツ木地さんたちの兄弟ですね…;;
2020_5_0428.jpg



↓まだ、厚みとかは試験中ですが…。松本は天板、底板も作っていますよ〜。
1589860591394.jpg
(薄板と同じ樺材です)

そして、下の動画は試作先行作ちゃんです。
先日、麦漆で強力に接着をしました。※めんぱ弁当箱の試作(3)麦漆で接着。

↓かなり強くくっついています!!


天然素材の接着剤、麦漆…。(小麦粉&漆の混合のみ)
ホントにすごいですね〜〜。(((( ;゚д゚))))
そうとう丈夫なめんぱのお弁当箱が出来そうで、わたしは期待いっぱいです!!



さて、今日のおまけ写真は…
2020_5_0427.jpg
昨年、発芽させたドングリさんです。
冬に落葉しましたが、また立派に葉を茂らせました☆
いつか大木になるのかなあ…と思うと、不思議ですね。(≧▽≦)


※公式LINE作りました。いずれかでご登録くださいネ。
 ブログチェックをあまりしない方にもおススメ。
 めんぱの制作の様子や工房やショップのお知らせをお届けします。

 IDアカウント @534cqjqt
534cqjqt_2.jpg

posted by 宮崎佐和子 at 13:55| Comment(2) | めんぱのお弁当箱作り