2017年07月25日

■オリーブと水仙のぐいのみをアップしました。

涼しかった山上が懐かしい…。(;´Д`)
通常モードで仕事をしています。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


国産漆のうつわ専門店 和×和 にぐいのみをアップしました。
2017_2288.jpg
ふわっとした、可愛らしい形のぐいのみちゃんです☆ 材はケヤキ。
すっきりした黒溜ベースに絵を描いています。


↓手に取るとこんな感じ…。
olive_2229.jpg
あっ、ショップにオリーブの絵付けの器を出すのは、初めてかもです!
以前はよくオリーブを描いていました…。やはりかわいいですね。
また、オリーブの作品も作りたいなあ。


↓水仙ちゃんのほうは、内側にもお花があります♪♪
suisen_2282.jpg

詳しくはページをごらんになってくださいね。(^^)



2017_2574.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

工房のウルシの木に巣を作っているキジバトちゃんです。
お父さんかお母さんかは不明…。
巣材をせっせと運んでいるもようです。(汗


2017年07月23日

■大川山キャンプ場に行きました。

この地上の暑さから逃れるように、標高1000メールの大川山へ上がっていました…。
頂上には、県営と町営のキャンプ場があります。
日中でも気温25度、夜は20度くらいに下がるので、10月くらいの涼しさ!!

2017_2455.jpg
2017_2494.jpg
セミを探して奔走。
ヒグラシの合唱で、もうなんか秋のような気分になります。残念ながらカブト虫はいないそうです。


↓アジサイが満開!!!お客のハチの種類が豊富!
2017_2487.jpg2017_2491.jpg

↓キャンプ場近くの大川神社。山のてっぺんです。
2017_2513.jpg
香川県で一番高い場所にある神社。
御祭神は木花之佐久夜毘売と大山津見命です。
近々、県指定無形民俗文化財大川念仏踊りがあるんだとか…。

2017_2503.jpg
2017_2507.jpg



 かっこいい狛犬さんの写真を撮る娘。

(おとうさんのおふるのガラケー)






↓まんのう天文台
2017_2460.jpg
キャンプ場のすぐ近くにあります。
金土の日没後、天体観測会に参加できるんですよ〜(要予約)
標高1000メートルなので、空気が澄んで街の光にじゃまされない!夢のような施設です☆

今回は、梅雨明け後、新月間近の時期をねらっていきました…。
雲がかかると当然観測できないので、2日続けて予定を入れていました。
うち、一日は大当たり、もう一日は雨雲がかかってぜんぜんダメでした。
日没が遅いので、夜8時からの開始です。


↓念願の土星写真。
2017_2422.jpg
ぼや〜〜〜〜

イオスキスで接眼レンズ越しにカシャーンと撮らせていただきました…。
肉眼ではかなり鮮明に見えましたが、やはり撮影はむつかしい(;´Д`)

好条件だった21日は、惑星の木星・土星のほか、球状星団の数々、憧れのこと座のリング星雲、こぎつね座のあれい星雲、珍しい4重星とかを見せていただいて満足…。

この標高だと、いっさい蚊はいないんだそうで、虫除け対策グッズは不要になりました;;
(しらなかった…)
イノシシ、キツネ、ウサギなどの野生動物も豊富で、時期によっては野鳥のふれあい(!!!)のチャンスもあるんだとか。心惹かれます…。
しかし真冬は氷点下10度まで下がるんだそうです。もう香川県とはおもえない…。

21日は他に泊まりの方がおらず、「こんな山上で私たちだけ?」と怖かったですが、二日目からは山に慣れて楽しくなり…あっというまに下山タイム。

いま、真夏の暑さに我にかえっています。(;´Д`)
明日からはお仕事頑張ろうとおもいます…。

posted by . at 23:00| Comment(0) | 日記

2017年07月20日

■オーダーのめんぱのお弁当箱を製作中です。

暑い…今年は猛暑みたいですね。(;´Д`)

5月に、松本の実家からせっせと持ち帰っていた、カブト虫の幼虫軍団が、次々と成虫になって混乱の極みです。
エネルギーあふれる若カブトたちは、水槽の昆虫マットを蹴散らし、兄弟たちと牽制し合って大暴れ!!
この瞬間も、水槽がバキバキと揺れまくってます。こわい… カブトムシたちは大量の昆虫ゼリーを欲しており、すごい量のゼリーが消えていきます。スイカも瞬殺。

ああ…ほんとうに夏だな。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。



↓もう少しで終わりそう。
2017_2356.jpg
昨年オーダーいただいた、めんぱのお弁当箱の絵付けです。
お名前に「栗」の文字がある方なので、それにちなんだモチーフとなっています。
ちょっと高蒔絵で盛り上げて描いているので、上塗りすると立体感がでますよ!
たのしみだなあ〜〜。(*´∀`*)


↓こちらもオーダー品のお弁当箱です。
2017_2353.jpg

ちょっと凝った仕様のものは、制作に時間がかかっています…(汗
がんばっていますので、待ってて下さいね!!


2017_2375.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

カブト虫群で、一番人気のある子です。
角がまがっているので「トノ」ちゃんという名前です。

posted by . at 23:00| Comment(0) | 弁当箱

2017年07月18日

■豪快な朱溜変わり塗りの大椀アップしました。

三連休が終わって、ホッとしています…。
近場で遊んですませましたが、4才の娘はもう浜辺遊びとかには飽きたらしいです。(;´Д`)
市営プールに行きたかったけど、この熱気!!
しかも、だれか知り合いに会うのは必須で;;(;ー_ー) 行くなら普通の週末にしようかと…。
結局、地元の水族館に行き(←すずしいから)イルカショーを見たり、私の実家に行ったり、ダラダラして過ごしたはずなのに破壊的に疲れました。

これが小学生になったら、長い夏休みが始まっているんですね。
今から怖いです…。

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


国産漆のうつわ専門店 和×和にアップしたお椀です。
oowan_2172.jpg
oowan_2189.jpg
豪快!!おっきいでしょう?
径14cm、容量700mlくらいあります。
10年くらい前の作で、いわゆる合鹿椀に近く、能登産の古い椀から形をうつしたものです。
貫禄たっぷりですよ〜〜。

凝った朱溜変わり塗りで、片身変わり風になっています。

oowan_2201.jpg
材はケヤキで、しっかりした頑丈な作りです。
お餅たっぷりのお雑煮もらくらく入りますよ
oowan_2204.jpg


↓変わり塗りの景色も楽しんで下さい☆
oowan_2217.jpg

くわしくはショップページをごらんくださいね。(^^)ノ



2017_2253.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

ウルシの葉っぱの上のバッタちゃんです☆
緑がまぶしい〜〜。

2017年07月14日

■木工旋盤で木地を挽いています。

あつい…(;´Д`)
明日から恐怖の三連休ですね。(汗
以前なら喜んで仕事をしていたんですが、いまは子供がいるので、何かしなくてはイケマセン。
…が、何するかぜんぜん決めてません(キッパリ)
あんまりお金がかからないところへいこうと思います。


さて、松本は連日、木工場で木地を挽いていますよ。


↓あつい〜〜。西日当たりまくりなんです。(冬場はいいんですが〜)
2017_2228.jpg

2017_2247.jpg
快調に挽いてます♪♪

この日は、クス材を挽いていたらしく、すごい芳香が木工場に充満していましたよ。
(・Д・)


2017_2258.jpg

2017_2242.jpg
2017_2259.jpg
2017_2261.jpg
荒挽き、中荒挽きなどですね。
仕上げに挽くのはもう少し先になります。

そしてこんなのも…。


↓これは…?
2017_2256.jpg
娘のカブトムシのゼリー入れですよー。
ホラ!市販のカブトムシゼリーがぴったり入ります!!!
細い丸太に穴をあけた商品を、ダイソーで見たので、もっと凝ったのをつくってみたらしいです。
(カブトムシさんには、あまり有り難さが分からんでしょうが;;)



2017_2265.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

夕暮れ時、わたしの車に、足跡つけまくってくつろぐうり坊です。


posted by . at 23:00| Comment(0) | 木工旋盤

2017年07月12日

■2017年の漆掻き(5辺目)

梅雨の合間の晴れ間です☆

2017_2222.jpg
葉緑素充満で、イキイキとしたウルシの木…。
人間に例えると、壮年期でしょうか?バリバリと仕事をする時期でもあります。


昨日、7月11日に、松本が漆掻きをしましたので、その様子です。
梅雨はどうしても、間があいてしまいますね…。

※1辺目 2017年6月15日
※2辺目 2017年6月19日
※3辺目 2017年6月23日
※4辺目 2017年7月3日


↓ばっちりと5本の傷が並び、漆掻きの木らしくなりました!
2017_2218.jpg


↓漆掻きをしたあとは、ウルシの木の根本にこんな皮がちらばります☆
2017_2215.jpg
「傷を入れる」と簡単に書いていますが…。
U字型に曲げた刃物で木の幹に食い込ませ、線状に削り取って溝をつくる作業なんですよ。

工房に庭のウルシの木2本相手の小さな作業ですが…
だんだん本格的になってきましたので、そのうち動画をとれたらなーとおもいます。(^^)


2017_1918.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
娘につかまったカミキリムシさんです。(もう逃がしました;;)

夏になり、興味の対象がダンゴムシやテントウムシから、セミや大型甲虫にうつっておるのです。(;´Д`)


posted by . at 23:04| Comment(0) | 2017年漆掻き

2017年07月11日

■チケットプレゼント・URUSHIふしぎ物語−人と漆の12000年史− 

蒸し暑くて、空調無しだと室内が漆室と同レベルの温度湿度になっています。
(;´Д`)
勝手に漆が乾きそうです。涙

さてさて、お知らせです。
本日から、千葉県にある国立歴史民俗博物館さんで、漆の企画展が始まりました。

2017_2213.jpg

URUSHIふしぎ物語−人と漆の12000年史−
7月11日(火)〜9月3日(日)


縄文時代からの歴史を持つ、漆。
その人と漆の12000年(!)にもおよぶ、長い文化の痕跡をたどります。
ウルシの木ってどんな木?からはじまり、漆掻きと漆の技術の発展、暮らしに使われた様子、漆芸を通した文化交流…などなど。重要文化財、国宝もふくめ、660点もの資料が贅沢に並びます。
(漆掻きについて、深く触れているのがミソです←めずらしい!)
博物館さんの意欲を感じる、私たちにとっても大注目のコンテンツとなっています。

講演会等も注目ですよ!!

【講演会】
7月28日 13時〜 「漆掻きの技術と文化」 工藤雄一郎氏
8月12日 13時〜 「世界史の中の漆文化」 日高薫氏

【くらしの植物苑観察会】
7月22日 13時30分〜 「縄文時代のウルシと漆」 工藤雄一郎氏

【関連展示】
楽器と漆 7月11日〜9月3日




ペア3組の方に、招待券をプレゼントいたします。
こちらのお問合せフォームから、招待券希望の旨と、ご住所と氏名をお書きいただいて、お申し込み下さい。
先着順で受け付けます。

お気軽にどうぞ! (*´∀`*)ノ

チケットプレゼント終了しました。ありがとうございます。


2017_2043.jpg
さて、今日のおまけ写真は… ダラ寝のむぎ君です。
きょうもグダっとしています。

posted by . at 23:00| Comment(0) | お知らせ

2017年07月10日

■赤い格子模様のtea bowlをアップしました。

先日は、園のイベントでおまつりでした…。
娘に浴衣を着せようか、悩みましたが、結局ワンピースになりました。(暑いし;;)
梅雨が明けたら、ほんとうに夏本番ですね!

おまつりには松本も来ましたが、娘は両親そっちのけで、お友だちとグループになり四方八方遊びまくって、まったく手に負えません。(;´Д`)
夕方スタートだったんですが、かき氷、たこ焼き、わたあめと、ひととおり屋台メニューを制覇し、ジュースも飲み、帰りは「おなかが痛い」と騒いでいました。
わたしは役員の模擬店でいたんですが、子供たちが心置きなく、夜にお友だちと遊べる行事はほんとうにありがたいなあ〜と思いました。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
国産漆のうつわ専門店 和×和 にお椀をアップしました。(^^)


↓かわいい!!赤いtea bowlです。
teabowl_2081.jpg
teabowl_2096.jpg
複雑なチェック模様が思わず目を引きます☆

teabowl_2094.jpg
径 13cm、高さ8cmの大きめのお椀です。
スッポリと手に収まる感じがやさしく、温かみがありますよ〜。


↓こちら、自然光で撮影。
tea-bowl_2134.jpgtea-bowl_2171.jpg
こちらのほうが色味が近いかもしれません。
(撮影が難しい…;;)
もう10年ほど前の作なので、使っている漆はわかりませんが、時期的に岩手県産漆と思います。
紅色に近い華やかな朱で、全体的にやや紫味が強い色合いです。
上塗りから時間が経っていますので、漆の色がよく透けて、透明感がありますね。

2017_2163.jpg
径が大きくゆったりとした器形で、高台が小さいのですが、重心が下にしっかりくるようにバランスをとって木地を作っていますので、案外安定感があります。

容量は500ccほどあり、たっぷり入るので便利ですよ〜!
和にも洋にもよく合いそうな可愛らしいお椀です♪♪



2017_2205.jpg
さて、今日のおまけ写真は…

漆掻き中のウルシの木にある、キジバトさんの巣…。
中にヒナちゃんがいるようです。